理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

腐敗

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ツームストンパイルドライバー(dion軍) 2013/08/31(土) 03:12:04.88 ID:6QwDYu/C0 BE:170768055-PLT(12000) ポイント特典
b7c2bc4f.jpg
 

http://happism.cyzowoman.com/images/999600_658117284200159_449053336_n.jpg

スペイン南東のヴィラリコスの海岸に、奇妙な生物が打ち上げられ、話題となっている。
発見者の女性によれば、先週の木曜、海岸を歩いていると、砂浜に横たわる見たこともない生き物の頭部らしきものを発見。

 その後、駆けつけた海岸管理員と一緒に砂を掘り起こすと、胴体も発見された。発見時点で死骸は損傷が激しく、腐敗がかなり進行していたという。管理員も「こんなものは今まで見たことがない」と語っている。  

 生物は体長4m前後で細長く、全身が鱗のようなもので覆われているが、白い色がもともとの色なのか、腐敗した結果なのかは不明。また頭部と思しき場所には、2つの尖った角のようなものが見えることから、まるで龍のような姿にも見える。

 その後、ネットに写真がアップされると、さっそくネッシーのような怪物説や巨大化したタツノオトシゴやリュウグウノツカイ説まで、正体を巡って議論が紛糾した。  

 同地の海洋生物保護員は「だいぶ腐敗が進行しているので、正体を見極めるのは困難な状況」としたうえで、「正体を知るには骨格の検査が必要です。
より正確に調べるには遺伝子を調べる必要もありますが、そこまでして調べるには相当な資金が必要になるので、そのお金を払う人はいないでしょうね」と、話している。

 ただし、もし既知の生物であるとした場合、2つの角らしき物体は、実際には頭部の骨が腐敗によって突き出たものである可能性が高いという。  

 このような海岸に打ち上げられた未確認生物の遺骸は、古くから「ブロブ」などと呼ばれ、世界中に報告例がある。
最近では、ニューヨークの海岸にチュパカブラらしき不思議な生物の遺骸が漂着したり、中国浙江省の沿岸部で台風が去ったあと、今回と同じ龍のような生き物が漂着したケースもある。

また、古くは日本の漁船、「瑞洋丸」が太平洋上でまさにネッシーのような姿をした生物が魚網にかかり、写真も撮影されたが、いまだその正体は分かっていない。
宇宙よりも未知とも言われる世界の深海には、まだまだ人間の知らない未知の生物が、潜んでいるのかもしれない。

http://happism.cyzowoman.com/2013/08/post_2956.html



【画像あり】 体長4㍍の謎のUMAがスペインの海辺に打ち上げられる ただし財政難で詳しい調査せずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: グロリア(家) 2013/07/28(日) 17:51:52.25 ID:fjypGlcQP BE:3883885496-PLT(12000) ポイント特典

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/148883
市原市の東京湾沿いの企業岸壁に27日、体長20メートル前後あるクジラとみられる死骸が漂着しているのが見つかった。何らかの原因で迷い込んだとみられる。

見つかったのは同市八幡海岸通の「不二サッシ千葉工場」岸壁。同日午後2時50分ごろ、異臭に気づいた作業員が見つけ守衛室に連絡した。

種類などは不明。あおむけで岸壁の橋脚に頭から突っ込む形で挟まれており、既に死んでいた。体長は20メートル前後とみられる。
いつ漂着したか、原因なども分からない。腐敗が進んでいるのか体が大きく膨らんでいる。

岸壁に漂着したクジラとみられる死骸。人間と比べてもその大きさが分かる=27日午後4時40分ごろ、市原市八幡海岸通の不二サッシ千葉工場
http://www.chibanippo.co.jp/c/sites/default/files/IP130727TAN000125000.jpg?1374932935
 
2a0ef13c.jpg
3


関連記事


【画像有】巨大クジラの死骸漂着 市原・八幡の岸壁・1の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ