理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

腰痛

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/08(水) 12:21:36.46 ID:CAP_USER
徳島大学は7日、運動神経が侵される難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬の治験を始めたと発表した。
すでに神経痛や腰痛の薬として使われている「メコバラミン」で治療効果を確かめる。3年半ほどでの承認申請を目指すという。

 ALSは運動神経が徐々に減ることで体を動かすことができなくなり、筋肉が衰える病気。2種類の治療薬が承認されているが、長期的に延命できるかはっきりしていない。

 梶龍兒(かじりゅうじ)徳島大教授らが医師主導で治験を行い、19の施設が参加する。 

続きはソースで

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKC75DNLKC7ULBJ00F.html
ダウンロード (3)


引用元: 【医学】ALS治療に腰痛薬が有効? 徳島大が治験始める

ALS治療に腰痛薬が有効? 徳島大が治験始めるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/11/13(金) 12:35:28.64 ID:???.net
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=400550&lindID=5
サプリメントの成分に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見-腰痛予防薬としての効果に期待-:[慶應義塾]
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000017pg5.html
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000017pg5-att/151112_1.pdf


 慶應義塾大学医学部整形外科学教室の松本守雄教授、中村雅也教授、藤田順之助教らの研究グループは、サプリメントの成分でもある抗酸化剤(注1)N-アセチル システイン(N-Acetylcysteine:NAC)に、腰痛の原因の1つである椎間板変性を抑制する効果があることを動物実験で明らかにしました。

 椎間板変性とは椎間板(注2)が傷むことを言い、国内推定患者数が3800万人ともいわれる変形性腰椎症では、ほぼ必ず椎間板変性を伴っています。また、椎間板変性は日本人を悩ます腰痛症の原因の1つにも挙げられますが、現在のところ、椎間板変性を抑制する有効な治療薬は見つけられていません。

 今回本研究グループは、椎間板変性に酸化ストレス(注3)が関与していることを明らかにし、さらに、椎間板変性モデルラットを作成し、それらに抗酸化剤NACを経口投与することで椎間板変性の進行が抑制されることを見出しました。

 本研究成果によって、サプリメントでも使用される、副作用の少ないNACが将来的に腰痛予防薬として用いられる可能性があります。

 本研究成果は、2015年11月5日(米国東部時間)に英国科学雑誌「Arthritis Research & Therapy」オンライン版で公開されました。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【医学】サプリメントの成分「N-アセチル システイン」に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見 慶大

サプリメントの成分「N-アセチル システイン」に腰痛の原因となる椎間板変性を抑制する効果を発見 慶大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/31(水) 02:58:30.08 ID:???.net
2014年12月29日 10:30 AM
水泳は体をゆがませる!?背骨の異常、腰痛が2倍近くに、小児科国際誌で研究発表
「脊椎の変形を治す」の常識と矛盾した結果

水泳は動きが左右対称で体のゆがみを取ってくれるような印象もあるかもしれないが、逆なのかもしれない。

このたび水泳によって体がゆがむという報告が出てきたためだ。

・競泳に取り組むか否かで比較

イタリアの研究グループが、小児科分野の国際誌であるジャーナル・オブ・ピディアトリクス誌2015年1月号で報告しているものだ。

研究グループは、競泳が思春期の体にどのような影響があるかを調べている。

脊椎の形と腰痛への影響を比較するために、競泳に取り組む学生と競泳をしていない学生を対象として、質問表で情報を収集した。
競泳選手は112人で女性62人。
競泳をしていないのは217人で、女性106人。
年齢は平均で12.5歳だった。

・思春期の競泳選手でリスクあり

結果として、水泳をしていると体が非対称になるリスクは1.86倍に増えると分かった。
(引用ここまで 全文・文献情報は引用元でご覧ください)

▽記事引用元
http://www.mededge.jp/a/pedi/6211
Medエッジ(http://www.mededge.jp/)2014年12月29日 10:30 AM配信記事

引用元: 【医学】水泳は体をゆがませる!?背骨の異常、腰痛が2倍近くに、小児科国際誌で研究発表

水泳は体をゆがませる!?背骨の異常、腰痛が2倍近くにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/21(木) 20:23:09.94 ID:???0.net
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140820-00040164-gendaibiz-soci
▼9割の腰痛の原因は「ヘルニア」でも「脊柱管狭窄」でもなかった!
 長い間の腰の痛みがついに耐え切れなくなり、整形外科に行き、レントゲンやMRIなどを撮られたあと、
「椎間板ヘルニア」あるいは「脊柱管狭窄症」と診断される。
その後、医者の勧めるままに、電気治療やブロック注射を受けに通院して、もらったクスリを飲んでもなかなか痛みが消えない・・・。

 こんな悩みを抱えている方、両親はじめ家族が腰痛に苦しめられている人も多いのではないだろうか。

 「腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている人は実に多いのです。
私が実際に患者さんを治療した実感では、9割以上の腰痛の原因は別のところにあります。本当の原因を直した結果、腰痛がウソのように簡単によくなった方はたくさんいらっしゃいます」

 こう話すのは、「かただ整形外科」(神奈川県小田原市)の片田重彦院長だ。 1946年生まれ、慶応大学医学部を卒業後、同医学部の整形外科助手、国立小児病院整形外科医長などを経て、93年に「かただ整形外科」を開業、現在も腰痛に悩む患者と朝から暗くなるまで向き合っている。

 「他の病院ではいつまでたっても治らなかった腰痛が、片田先生に腰のあたりを5分間ほど指で治療してもらったら、あっという間にラクになった。片田先生は神の手の持ち主だ」

 こんな評判が口コミで広がって、神奈川県はもちろん、首都圏から腰痛に悩む人が次々訪れ、最近予約制を導入せざるをえなくなった。

 整形外科医の間でも有名な「腰痛の名医」の一人である。

 「いや、神の手とか名人芸の世界ではありません。腰痛の原因となっている仙腸関節の不具合を、
私の指で押して正常に戻すのですが、力と方向、時間など根拠ある科学理論に基づいて治療しているのです」

続きはソースで

引用元: 【健康】「神の手を持つ」腰痛の名医が断言! 椎間板ヘルニアの9割は「誤診」です

名医が断言! 椎間板ヘルニアの9割は「誤診」!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 2014/07/06(日) 14:15:36.36 ID:???0.net

「安静」はウソ? 「運動」が正しい? 腰痛治療の新常識
http://news.livedoor.com/article/detail/9014055/
 厚生労働省はこれまでの腰痛の常識を覆す調査結果を発表しています。
日本で約2800万人が腰痛に苦しんでいるのですが、その8割が原因不明であると報告したのです。
また、日本整形外科学会などの関係学会は、これまで痛みの緩和のためには「まず安静に」と指導していましたが、新しい治療ガイドラインでは、腰痛発症から72時間未満であっても「運動」を推奨するよう変更されました。

 さらに多くの腰痛の原因は「心理的・社会的ストレス」だとし、日常生活の改善こそが腰痛予防につながると結論づけています。

 「痛いときには安静に」。痛み治療の根幹として、長らく信じられてきた安静神話。しかし今、この安静神話が崩壊しようとしています。

 新しいガイドラインが安静ではなく、運動を勧めるようになったきっかけは、安静によって次の痛みを引き起こすのではないかと考えられるようになったことです。ベッドの上で寝たきりになった人の筋肉はやせ細り、関節の動きが悪くなっていきます。
安静にしていると、体を動かすために必要な筋力が低下し、骨が弱り、骨折や関節の変形が進みます。
腰痛が起こって4日以上安静にしていた場合では、その後の機能障害が増え、1年後もその障害を引きずる可能性を示した報告もあります。

 確かに、腰痛の発症直後で、炎症が強く残るタイミングでの安静は重要でしょう。しかし、長引く痛みのたびに安静を繰り返すことはまったく意味がありません。安静はかえって痛みを増悪させる要因であると考えられるようになっています。

 これまで腰痛や肩こりなどの痛み治療といえば、痛み止めを飲んで治すことが常識でした。
しかし、ストレスが痛みの原因であるならば、いくら痛み止めを飲み続けても、よい治療結果が出るとは限りません。
長期間、痛みがうまくコントロールできない場合には、痛み止めに依存する治療方針を見直す時代が来ています。
 「痛いなら、痛み止めを飲む」。この常識が変わろうとしています。
 日本で痛み止めというと、ロキソプロフェン(ロキソニン)やエテンザミド、ジクロフェナク(ボルタレン)、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)をさすことが多いようです。

続きはソースで
~~引用ここまで~~



引用元: 【健康】「痛い時に安静」は迷信、腰痛治療の新常識


【迷信?】腰が痛い時は運動しろ!?の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ