理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

膠芽腫

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/14(土) 02:08:44.04 ID:CAP_USER9
米デューク大学の研究チームが遺伝子操作したネズミチフス菌を使い、根治困難な悪性脳腫瘍の膠芽腫(こうがしゅ)を治療する方法を開発したと発表しました。
ネズミチフス菌とは名前のとおり、サルモネラ属のなかでも主にネズミを宿主とするチフス菌の一種。

脳腫瘍の中でも膠芽腫は「最悪の悪性腫瘍」とも呼ばれます。非常に進行が早いのが特徴で、数週間で病状が大きく悪化することもあります。
腫瘍といえばまず考えられるのが外科的に取り除く治療方法ですが、膠芽腫には浸潤性があり、正常な細胞との境目を見極めるのが困難。
手術で完全に取り除くことはほぼ不可能とされます。

研究チームの説明によれば治療後の5年生存率は10%未満しかなく、発見後の平均余命は15ヶ月とも言われます。
さらに、脳に送られる血液は血液脳関門とよばれる体内のフィルター機構によって異物や薬品を通さない仕組みになっており、これが脳腫瘍の抗がん剤や放射線治療を困難なものとしています。

治療法の研究にあたり、研究者らは膠芽腫を叩くためネズミチフス菌に遺伝子操作を施して無害化。
さらにPurineと呼ばれる酵素が常に欠乏した状態にしました。Purineは膠芽腫に多く含まれるため、この操作によってネズミチフス菌は脳腫瘍へと誘導され、そこで増殖するようになります。

続きはソースで

http://japanese.engadget.com/2017/01/13/2/
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】最悪の脳腫瘍を遺伝子操作の“食中毒菌”で叩く方法を開発…実験では生存率が2倍に [無断転載禁止]©2ch.net

最悪の脳腫瘍を遺伝子操作の“食中毒菌”で叩く方法を開発…実験では生存率が2倍にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/19(金) 04:38:08.35 ID:???0.net
◆脳腫瘍にウイルス療法=遺伝子組み換え使い治験―東大医科研

東京大医科学研究所付属病院は18日、脳腫瘍の治療後に再発した患者を対象に、ウイルス療法による治験を開始すると発表した。

遺伝子組み換え技術を用い、がん細胞を破壊するウイルスを使うといい、国内初のがん治療ウイルス薬としての承認を目指す。

同病院によると、治験対象となるのは脳腫瘍のうち約10%を占める
「膠芽腫(こうがしゅ)」と呼ばれる病気。
再発した場合の有効な治療法が確立されていない。

再発後の生存期間は3~9カ月とされるが、
これまでの臨床研究で患者10人中4人がウイルス投与後に1年以上生存したという。

同病院は「治験によって有効性が確認できれば、製薬企業の参画を得て、医薬品の製造販売に道が開ける」としており、ホームページで18日から被験者の募集を開始した。 

時事通信 2014年12月18日(木)21時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00000173-jij-soci

引用元: 【医学】脳腫瘍にウイルス療法…遺伝子組み換え技術で、がん細胞を破壊するウイルス使い治験=東大医科研[12/19]

脳腫瘍にウイルス療法…遺伝子組み換え技術で、がん細胞を破壊するウイルス使い治験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/09/28(土) 01:34:46.11 ID:???

微小カプセルで脳腫瘍治療 東大チーム、マウスで実験

 
抗がん剤を入れた小さな高分子のカプセルを注射し、膠芽腫という悪性脳腫瘍の増殖を抑えるマウス実験に成功したと、東京大の片岡一則教授、三浦裕助教らのチームが25日発表した。

脳の血管を構成する細胞はきつく結合していて血中の物質を簡単には外に出さない。
薬を血中に投与しても、血管の外にある腫瘍にまでは届きにくく、大きな治療効果が期待できなかった。

チームは今回、腫瘍と、それを取り巻く血管細胞の表面だけにある特定の分子にくっつく直径30ナノメートル(ナノは10億分の1)ほどのカプセルを作製。
人の膠芽腫を頭に移植したマウスの静脈に投与した。

2013/09/25 19:27 【共同通信】

a01f0ea3.jpg

▽記事引用元 47NEWS 2013/09/25 19:27
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092501001798.html

▽関連リンク
ACS Nano, Article ASAP
DOI: 10.1021/nn402662d
Publication Date (Web): September 12, 2013
Copyright c 2013 American Chemical Society
Cyclic RGD-Linked Polymeric Micelles for Targeted Delivery of Platinum Anticancer Drugs to
Glioblastoma through the Blood?Brain Tumor Barrier
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/nn402662d



【医学】小さな高分子のカプセルを注射し膠芽腫という悪性脳腫瘍治療 マウスで実験/東大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ