理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

膵炎

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/11(日) 00:31:07.49 ID:CAP_USER
オートファジー止まると急性膵炎に 秋田大など発表
2017/6/6 19:30

重症化すると死ぬこともある急性膵炎(すいえん)は、膵臓の細胞内のたんぱく質をリサイクルする「オートファジー」(自食作用)という機能が止まることによって起こるとの研究結果を秋田大や自治医科大などのチームが6日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
 
急性膵炎は国内で年間約6万人が発症、増加傾向にある。原因はアルコールなどが中心だが、不明なものも多く、根本的な治療法はない。成果は治療法開発の手掛かりになると期待される。
 
チームの秋田大消化器内科の高橋健一医師らは、発症初期の膵臓で、消化液である「膵液」を分泌する細胞内に、小さな袋が数多く現れることに着目。
 
マウスを使った実験で、この袋は自食作用の前半にできる「オートファゴソーム」と呼ばれるもので、「Rab7」という遺伝子の機能不全のため、自食作用が次の段階に進めなくなっていることを突き止めた。

続きはソースで

▽引用元:日本経済新聞 2017/6/6 19:30
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H9I_W7A600C1CR8000/

▽関連
Disruption of Small GTPase Rab7 Exacerbates the Severity of Acute Pancreatitis in Experimental Mouse Models
Scientific Reports?7, Article?number:?2817 (2017)
doi:10.1038/s41598-017-02988-3
http://www.nature.com/articles/s41598-017-02988-3
ダウンロード


引用元: 【医学/分子生物学】オートファジーが止まると急性膵炎に 治療法開発の手掛かりになると期待/秋田大など©2ch.net

オートファジーが止まると急性膵炎に 治療法開発の手掛かりになると期待/秋田大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/26(水) 05:02:39.96 ID:CAP_USER9
 アルコール依存症などを飲酒量を減らして治療する「減酒外来」を国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)が今月設置した。
 従来の治療法は飲酒をやめる断酒だが、先進的な試みとして飲酒量を減らすことを主な目標とする。軽症者を含め多くの人に治療を始めてもらいたい考えだ。

 アルコール依存症は大量のお酒を連日飲むことで発症しやすい。肝硬変や膵炎すいえんになる恐れがある。ただ治療の断酒は少量の酒も飲めないことへの抵抗感から、推計患者100万人余のうち治療を受ける人は数%にとどまる。

 減酒外来では、飲酒量のほか、家庭内暴力など生活上の課題を医師が把握。患者の希望を聞いた上で、飲む量を減らす、飲まない休肝日を設けるといった目標を立てる。

続きはソースで

http://yomiuri.co.jp/science/20170425-OYT1T50058.html?from=ytop_ylist
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】アルコール依存症、断酒から「減酒」へ新外来 [無断転載禁止]©2ch.net

アルコール依存症、断酒から「減酒」へ新外来の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/15(日) 10:25:50.92 ID:???.net
膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニズムを解明
転移や浸潤が起きる仕組みも明らかに
引用元:Medエッジ 2015年2月13日 3:30 PM配信記事
http://www.mededge.jp/a/canc/8682

no title


膵臓の細胞の中の、何がどのような作用をして、膵臓がんができるのか、また、がんの転移、浸潤が起こるのかについて、このたびまた1つ新しい仕組みが発見された。

■「KRAS」だけではすぐにがんにならない

米国ミシガン大学を中心とした研究グループが、分子細胞生物学の専門誌ジーンズ・アンド・ディベロップメント誌で2015年1月15日に報告したものだ。

膵臓がんの大半は「膵管腺がん(PDA) 」という種類のものだ。
膵管腺がんでは「KRAS」という、細胞増殖のアクセルとして働く遺伝子が異常(突然変異)になっているため、がん細胞が増殖し続ける。

それならば、生まれつきKRASに突然変異があるネズミは、生まれてすぐに膵臓がんになるのだろうか?答えはノーだ。
既に存在するこのネズミは、少し育つと膵炎を起こし、その後、がんになるのだ。

■「KRAS」+「ATDC」

今回研究グループは、KRAS遺伝子に突然変異を持つネズミに、さらに「ATDC」という遺伝子を導入してみた。
すると、膵臓の「上皮」とよばれる部分にがんが早くからでき始め、他の場所への「転移」や、じわじわと広がっていく「浸潤」が促進された。

ATDC遺伝子は、「毛細血管拡張性運動失調症」という病気に関連している、DNAに傷がついたときの修復遺伝子だ。
(引用ここまで 全文は引用元参照)

引用元: 【医学】膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニズムを解明 転移や浸潤が起きる仕組みも明らかに/米ミシガン大学など

膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニズムを解明 転移や浸潤が起きる仕組みも明らかに/米ミシガン大学などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エタ沈φ ★ 2013/08/22(木) 21:02:27.23 ID:???

大阪大病院は21日、慢性膵炎(すいえん)の患者から膵臓(すいぞう)を摘出し、インスリンを分泌する膵島(すいとう)だけを分離して体内に戻す自家膵島移植に国内で初めて成功した、と発表した。患者は口で食事ができなくなるほど症状が悪化していたが、数年ぶりに口で食事ができるまで回復したといい、生活の質(QOL)を上げる技術として注目される。

担当した伊藤寿記(としのり)教授(消化器外科)によると、患者は30代女性。5歳で膵炎と診断され、10年ほど前に慢性の中でも激しい炎症を繰り返す遺伝性と判明した。

膵炎の患者は食事をすると、自分で分泌した膵液によって膵臓が消化されてしまい、激しい痛みが生じる。
遺伝性はこの症状を繰り返し、食事ができなくなることがある。今回の患者も数年前から食事ができず、静脈に栄養液を直接注入していた。

患者はこれまでに膵臓の大部分を摘出しており、他人からの膵臓移植を待っていたが、伊藤教授は拒絶反応を懸念し、本人から残りの膵臓全てを摘出し、膵島だけを分離して体内に戻す方法を採用した。
7月3日に手術を実施し、肝臓の門脈(血管)に移植した膵島は正常に機能しているという。

国内で10万人あたり約40人いる慢性膵炎患者のうち遺伝性患者はまれだという。これまでの遺伝性の治療法は膵臓を全て摘出するため、その後はインスリンの注射が不可欠だったが、この手法だと、注射が不要になる場合がある。ただ、今回は分離した膵島がわずかなため、注射は今後も必要だという。

患者は近く退院する予定。21日に記者会見し、「食べても痛みがなくなり、とてもうれしい」と笑顔で話した。

毎日新聞 2013年08月21日 11時12分(最終更新 08月21日 12時07分)
http://mainichi.jp/select/news/20130821k0000e040212000c.html
673a2d7f.jpg



【医療】自家膵島移植、国内初の成功/阪大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ