理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

臓器

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/14(土) 22:21:27.67 ID:CAP_USER
ES細胞から機能的で動きも伴う立体臓器(「ミニ腸」)を創り出すことに成功

臓器創成の飛躍的成果により腸の難病治療、そして創薬開発を加速

国立成育医療研究センター(五十嵐隆理事長)は、試験管内でヒトES細胞から、蠕動*1様運動、吸収や分泌能などのヒト腸管の機能を有する立体腸管の創成に世界で初めて成功しました。
これは、国立成育医療研究センター(松原洋一研究所長)再生医療センター阿久津英憲生殖医療研究部長、梅澤明弘センター長のグループと臓器移植センター笠原群生センター長を中心とした研究グループの成果で、大日本印刷株式会社、東北大学の研究者らの協力のもとに進められました。

プレスリリースのポイント
・ヒト臓器の中でも複雑な構造、機能を有している腸管をヒトESおよびiPS細胞から試験管内で創り出すことに成功した(ミニ腸)。ミニ腸は生体腸管のように蠕動様運動をし、吸収能や分泌能を備えている。
・ミニ腸は試験管内で長期に維持することが可能であり、薬品の試験も繰り返し行うことが出来ることから、創薬開発では極めて革新的なバイオツールになり得る。
・先天性の小腸の病気や潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される原因不明の慢性炎症性腸疾患などに対する画期的な治療法開発の手段として期待される。

続きはソースで

▽引用元:国立成育医療研究センター 2017/1/12 研究成果
https://www.ncchd.go.jp/press/2017/es-organoid.html

動画:ES細胞から創られた『ミニ腸』の蠕動様運動
https://www.youtube.com/watch?v=IL2t6ZxKQ-E

ダウンロード (1)


引用元: 【再生医療】ES細胞から機能的で動きも伴う立体臓器(「ミニ腸」)を創り出すことに成功/国立成育医療研究センター©2ch.net

ES細胞から機能的で動きも伴う立体臓器(「ミニ腸」)を創り出すことに成功/国立成育医療研究センターの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/04(水) 15:33:04.04 ID:CAP_USER9
科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。
これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。
これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。

今回「新しい臓器」として分類されたのは、「腸間膜」というもの。
腸間膜は腹腔の背中側の壁にくっついていない部分の臓器を、後腹壁につなぎ止めている膜のことで、構造的には二重層となっています。
私たちの腸は腸間膜があるために正しい位置に保持されるわけです。

写真:http://i.gzn.jp/img/2017/01/04/brand-new-human-organ/001.jpg

何百年もの間、腸間膜は消化器系の臓器とは分離された構造だと考えられ、その役割が軽視されてきました。

続きはソースで

http://gigazine.net/news/20170104-brand-new-human-organ/
images


引用元: 【科学】人体から“新たな臓器”見つかる [無断転載禁止]©2ch.net

人体から“新たな臓器”見つかるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/23(金) 16:56:16.37 ID:CAP_USER
文科省、動物で人臓器作製妥当 移植用に素案

動物の体内で人の臓器を作る研究の倫理的課題を検討している文部科学省の専門委員会は20日、移植用の臓器を作る研究を認めるよう将来、規制を緩和することは「社会的妥当性が認められる可能性が高い」とする見解の素案を示した。
専門委は来月にも見解をまとめる見通し。
 
続きはソースで

▽引用元:共同通信 2016/12/20 19:03
https://this.kiji.is/183882658251964422
ダウンロード (3)


引用元: 【生命倫理】動物の体内で人の臓器作製妥当 移植用に素案/文部科学省の専門委員会 ©2ch.net

【生命倫理】動物の体内で人の臓器作製妥当 移植用に素案/文部科学省の専門委員会の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/23(金) 16:01:27.40 ID:CAP_USER
線維症の原因細胞発見=新薬開発に期待-阪大

臓器が硬くなり、機能が低下する難病「線維症」を引き起こす原因となる細胞を発見したと、大阪大免疫学フロンティア研究センターの審良静男教授らが発表した。
論文は22日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 
研究チームの佐藤荘助教は「線維症は有効な治療薬がほとんどなかったが、効果的な薬が開発される可能性がある」と話している。

続きはソースで

▽引用元:時事ドットコム 2016/12/22-01:24
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122200017&g=soc

▽関連
大阪大学
難病“線維症”の発症原理の一端を解明
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161222_1

Nature (2016) doi:10.1038/nature20611
Received 23 February 2016 Accepted 07 November 2016 Published online 21 December 2016
Identification of an atypical monocyte and committed progenitor involved in fibrosis
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature20611.html

ダウンロード (1)


引用元: 【医学】難病「線維症」の原因となる細胞「SatM」を発見 新薬開発に期待/大阪大 ©2ch.net

難病「線維症」の原因となる細胞「SatM」を発見 新薬開発に期待/大阪大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/17(土) 21:03:06.59 ID:CAP_USER9
老化を遅らせて若さを保ったり、さらには若さを「取り戻す」ことに対して人類はかなりの執念を燃やしています。過去の研究では若い血を取り入れると自然治癒力が上がることなどが確認されていましたが、実はその説明には誤りがあり、血液そのものには若返り効果がないことが確認されました。

No, teenage blood won't make you young and beautiful | Popular Science
http://www.popsci.com/nothing-special-about-young-peoples-blood-aging-parabiosis
近年の数々の研究により、若い血液は老化を防ぐ「万能薬」であるという考えが広まりを見せつつありますが、これに待ったをかける研究結果がカリフォルニア大学バークレー校の研究チームによって発表されました。
この研究からは、若い個体の血液そのものにアンチエイジング効果が認められないばかりか、年老いた個体の血液には生き物の老化を進める物質が含まれていることも明らかにされています。

この研究では2通りの実験が行われ、血液が個体に与える影響が確認されています。1つは「若いマウスの血液を年老いたマウスに入れる」というもので、文字どおり「若返りが可能か」と言うことが確認されたのですが、結果は「効果なし」であることが判明。

その逆の「年老いたマウスの血液を若いマウスに入れる」という実験を行ったところ、若いマウスの臓器やその他の器官に問題が生じたことがわかりました。
ここから、老化を引き起こすのは古い血液に含まれる何らかの物質であり、若い血液から「老化防止物質」が失われることではないことが浮き彫りになってきました。

研究に携わったイリーナ・コンボイ教授は「この結果からは、若い血液そのものが薬のような効果を持っているわけではないことがわかります」と語っています。
2005年、コンボイ教授らの研究チームは、2匹の年齢の違うマウスを「並体結合」と呼ばれる手法で血管をつなぎ、双方の血液が自由に行き来できる環境を作ることで血液が健康に与える実態を調査しました。

その結果、年老いた個体の臓器に明らかな修復が見られたことから、血液を交換することで血行に対するよい影響があるものと考えられました。

続きはソースで

A single heterochronic blood exchange reveals rapid inhibition of multiple tissues by old blood : Nature Communications
http://www.nature.com/articles/ncomms13363

http://gigazine.net/news/20161217-young-blood-no-anti-aging/
ダウンロード


引用元: 【老化】若い血液に「若返り効果」はなく、年老いた血液には「老化促進物質が含まれている」ことが判明 [無断転載禁止]©2ch.net

若い血液に「若返り効果」はなく、年老いた血液には「老化促進物質が含まれている」ことが判明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/26(土) 09:26:11.53 ID:CAP_USER9
◆人体の「無駄な器官」、実は有用でした―海外メディア

世間の人々はこれまで、「脾臓はあまり大切な臓器ではない」、「扁桃体と虫垂は全く役に立たない。
これらは先祖返り現象であり、退化した器官にすぎない」といった認識を持っていた。
現代医学はこれらの問題について、どのように評価しているのだろうか?

○虫垂―抗がん作用

ロシア紙「コムソモリスカヤ・プラウダ(電子版)」の今月19日付報道によると、米ニューヨークの腫瘍科専門家が、消化系癌を患っている数百人の患者を検査したところ、彼らの84%が虫垂を切除していたことが判明した。
ある考え方では、虫垂は単なる退化した器官、あるいは「炎症を記録する器官」ではなく、人体における免疫システムの重要な構成要素であり、人体の恒常性機能を高めることで、調和した体内循環システムの維持をサポートする役割を備えるとしている。

○扁桃体―抗菌作用

最新の研究によると、扁桃体の役割は外部からの感染攻撃から人体を守ることだという。
扁桃体は、空気とともに体内に入ってくる有害微生物の7割を遮断することができる。
また、扁桃体から分泌される物質は造血細胞の合成に一役買っている。

○脾臓?血液のアンチエイジング

脾臓は造血、老化・衰弱していく血液細胞を一掃し、免疫反応を高める役割を備えている。
また、脾臓は唯一の血液ろ過器でもある。
最新の医学では、脾臓のろ過機能を利用した敗血症の治療方法を模索しており、ブタの脾臓で患者の血液をろ過する試みが進められている。

○胸腺―免疫力の保護・向上

胸腺が重要な免疫システム器官の一つであることが分かったのは、つい最近のことだ。
胸腺に移動した骨髄幹細胞は、リンパ球の一種であるT細胞になり、細菌やウィルスを退治してくれる。

続きはソースで

images


RecordChina/人民網日本語版 2016年11月26日(土) 8時30分
http://www.recordchina.co.jp/a156035.html

引用元: 【医学】人体の“無駄な器官”、実は有用でした…虫垂・扁桃体・脾臓・胸腺・尾骨 [無断転載禁止]©2ch.net

人体の“無駄な器官”、実は有用でした…虫垂・扁桃体・脾臓・胸腺・尾骨の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ