理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

臨床

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/27(火) 05:35:48.53 ID:CAP_USER9
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HDA_W7A620C1CR8000/

2017/6/26 20:12

 国立がん研究センターなどは26日、血液検査で膵臓(すいぞう)がんを早い段階で発見する技術の効果を確かめる臨床研究を7月から鹿児島県で始めると発表した。血液中の特定のたんぱく質の濃度変化を調べる。膵臓がんは自覚症状がほとんどなく、多くの患者が手術ができない状態で見つかる。早期発見できれば、生存率の大幅な向上が期待できる。

 膵臓がんによる死亡者数は肺、大腸、胃に次いで4番目に多い。最も進行した段階の「4期」で見つかった場合の5年後生存率は1%台だ。

 臨床研究は日本対がん協会(東京・千代田)や鹿児島県民総合保健センター、鹿児島大学などと協力する。健康診断を受ける50歳以上の男女が対象で、来年3月までに受診する人から5千~1万人分の血液を採取する。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【医療】国立がんセンター、膵臓がんを血液で早期発見 臨床研究開始 [6/26] 膵臓がんによる死亡者数は肺、大腸、胃に次いで4番目 [無断転載禁止]©2ch.net

国立がんセンター、膵臓がんを血液で早期発見 臨床研究開始 [6/26] 膵臓がんによる死亡者数は肺、大腸、胃に次いで4番目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/26(月) 21:09:51.88 ID:CAP_USER9
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26IL1_W7A620C1TJ1000/

2017/6/26 20:48

 大日本住友製薬は26日、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の販売計画が大幅に遅れると発表した。胃がんでの最終段階の臨床試験(治験)が事実上失敗し、当初2018年度としていた当局への販売申請は最短でも20年度までずれ込む。ナパブカシンは年間売上高が1千億円を超える超大型薬「ブロックバスター」に成長する可能性があるとみられていた。

 ナパブカシンは、がんの親玉である「がん幹細胞」をピンポイントで攻撃する世界初の新薬候補として注目を集めていた。またナパブカシンは比較的低コストで治療効果が期待できるとされ、開発費の抑制にもつながるため製薬各社や市場関係者が注視していた。

 大日本住友は主力の抗精神病薬の特許切れを19年度に控えており、ナパブカシンで収益の穴を埋める考えだった。

 今回の発表を受け株価は急落。26日の終値は前日比104円(6%)安の1598円まで下落した。

 大日本住友は胃がん患者を対象に日米で進めてきた最終段階の治験データの途中解析で、患者の生存期間の比較で既存薬などと比べ優れた延命効果が出る可能性が低いという勧告を治験の中立的な評価組織から受けた。このため18年度を予定していた申請をあきらめ、大腸がんなど別の治験で承認申請を目指す方針に切り替えたという。

 同社は16年度に連結売上高の2割に相当する約800億円を研究開発費として投じた。17年度は850億円を予定している。多田正世社長は5月の決算説明会で、精神神経領域とがん領域の研究開発を加速させる方針を強調していた。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【医薬】大日本住友、がん新薬の治験失敗 計画遅れ2年超 [6/26記事] 「がん幹細胞」をピンポイントで攻撃する世界初の新薬候補 [無断転載禁止]©2ch.net

大日本住友、がん新薬の治験失敗 計画遅れ2年超 [6/26記事] 「がん幹細胞」をピンポイントで攻撃する世界初の新薬候補の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/18(日) 07:54:14.41 ID:CAP_USER9
厚労省が処方容認へ 3品目、難病に配慮
毎日新聞:2017年6月18日 07時30分
http://mainichi.jp/articles/20170618/k00/00m/040/111000c

 妊娠中の女性には処方しないとされている医薬品が順次、使えるようになる見通しとなった。
妊娠中の一部の禁忌薬について、厚生労働省が初めて処方を公式に認める方針を固めた。
薬事・食品衛生審議会での検討を経て、薬の添付文書を改訂するよう製薬会社に通知する。
第1弾として免疫抑制剤3品目の添付文書が改訂される見通しで、その後も対象は拡大する予定。

 妊婦は安全性の観点から薬の開発段階で臨床試験(治験)が困難なため、発売当初は動物実験の結果を根拠に禁忌を決めており、各社で差がない。
多くの薬が製薬会社の判断で「禁忌」とされ、医師は妊娠を希望する患者に、薬の使用を中止するか、妊娠を避けるよう指導するのが一般的。

 改訂が見込まれる3薬剤は「タクロリムス」「シクロスポリン」「アザチオプリン」。
臓器移植後の拒絶反応抑制のために処方されるほか、膠原(こうげん)病の治療薬としても使われる。
処方されている15~44歳の女性は推計約3万人。
改訂されれば禁忌の項から妊婦が外される。

続きはソースで
images


引用元: 【医薬】妊娠中の一部の禁忌薬、厚労省が処方容認へ 第一弾3品目、難病に配慮©2ch.net

妊娠中の一部の禁忌薬、厚労省が処方容認へ 第一弾3品目、難病に配慮の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/21(水) 17:17:36.72 ID:CAP_USER9
新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを注入 - 共同通信 47NEWS
https://this.kiji.is/250160885735063553?c=39546741839462401
2017/6/21 16:29
 体外受精の際に、精子と一緒に母親本人の細胞内にあるミトコンドリアを卵子に注入する新たな手法で、4人の女性から5人の健康な子どもが生まれたと大阪市の不妊治療クリニックが21日発表した。

 海外では200例を超す実施例があるが国内で子どもが生まれたのは初めて。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【医療】新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを注入 [無断転載禁止]©2ch.net

新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを注入の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/10(土) 22:21:51.27 ID:CAP_USER
ミトコンドリア病
治療薬候補の効果確認 東北大など
毎日新聞 2017年6月10日 21時55分(最終更新 6月10日 21時55分)

 進行性の筋力低下などが起こる国の指定難病「ミトコンドリア病」に関し、東北大と岡山理科大などの研究グループは、治療薬になる可能性のある物質と作用の仕組みを確認できたと発表した。現在サルを使って実験しており、安全性が確認できれば患者に投与する臨床試験(治験)に入る。欧州のオンライン臨床医学専門誌に論文が掲載された。

 ミトコンドリア病は細胞内の器官「ミトコンドリア」の働きが落ちる病気。エネルギー源のATPという物質が作られにくくなるのが原因で、臓器の障害や筋力低下、発育の遅れなどさまざまな症状が表れる。2015年度で約1500人が難病の認定を受けているが、患者はより多いとのデータもある。

続きはソースで

【野田武】

https://mainichi.jp/articles/20170611/k00/00m/040/047000c
ダウンロード (1)


引用元: 【難病】[ミトコンドリア病] 治療薬候補の効果確認 東北大など[06/10] [無断転載禁止]©2ch.net

【難病】[ミトコンドリア病] 治療薬候補の効果確認 東北大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/07(水) 15:31:16.94 ID:CAP_USER9
医療用ES細胞、初の作製へ=京大チームの計画承認-厚労省
時事通信:2017/06/07-15:02
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060700770&g=soc

 厚生労働省専門委員会は7日、再生医療用の胚性幹細胞(ES細胞)を作製する京都大研究チームの計画を承認した。
研究チームは国内初となる医療用ES細胞の作製を始める。
年度内にも、臨床応用を目指す研究機関に配布する予定だ。

 ES細胞は人工多能性幹細胞(iPS細胞)と同様に体のさまざまな組織になる力を持ち、海外では臨床試験(治験)で使われている。
今回の承認で、国内でも再生医療の選択肢が増えることになる。

続きはソースで
ダウンロード (1)


引用元: 【医学】医療用ES細胞、初の作製へ 京大チームの計画を厚労省が承認 増える再生医療の選択肢©2ch.net

医療用ES細胞、初の作製へ 京大チームの計画を厚労省が承認 増える再生医療の選択肢の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ