理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

自信

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/23(火) 18:23:36.39 ID:???0.net
「ダニング・クルーガー効果」をご存じですか。これは、原文筆者お気に入りの、ビジネスにまつわる心理学理論であり、非常に示唆に富んでいます。簡単に言えば、「能力のない人ほど自信にあふれ、本物の実力を持つ人ほど自らの能力に疑いを抱いて悩む」というものです。「ダニング・クルーガー効果」という名前は初耳でも、思い当たる節があるのではないでしょうか。

この理論を提唱したのは2人の心理学者で、その名の通り、デビッド・ダニング氏とジャスティン・クルーガー氏です。
しかし、こうした心理的バイアスに、もっと以前に気がついていた人がいました。イギリスの哲学者バートランド・ラッセルです。ラッセルは、ダニング氏とクルーガー氏よりもずっと前に、的確にこう言い表していました。「世界が抱える問題は、愚か者が自信に満ちあふれていて、賢い者が疑念を抱えていることだ」

ダニング・クルーガー効果に関しては、困った点が1つあります。この理論のおかげで、職場で同僚やその態度にイラッとする理由がとてもよく理解できるのですが、悲しいかな、自分もまた、この理論にあてはまるかもしれないのです。心理学者たちの言うことが正しければ、私たちはみな、自らの能力を正確に把握できていないというわけですから。

では、それを正すにはどうしたらいいのでしょうか。こうした認知バイアスから抜け出して自分の長所と短所をはっきりと自覚し、短所を改め、長所を伸ばすことは可能なのでしょうか。ダニング氏によれば、その答えは「イエス」です。

続きはソースで

http://www.lifehacker.jp/2014/12/141222avoid_overconfidence.html

引用元: 【心理】能力のない人ほど自信にあふれ、本物の実力を持つ人ほど自らの能力に疑いを抱いて悩む…ダニング・クルーガー効果

能力のない人ほど自信にあふれ、本物の実力を持つ人ほど自らの能力に疑いを抱いて悩む…ダニング・クルーガー効果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/27(金) 10:54:16.99 ID:???0

なんだが健気だ。東大卒タレントの八田亜矢子(29)がクリスマスイブに結婚した。
相手は、3歳年下の東大医学部時代の同級生。現在は京都にある公立大医学部の1年生だという。

7

何でまた1年生から? と不思議になるが、2人は「健康科学科」卒だから。
医学部といっても看護学や保健学が中心で、医師を養成する学科じゃない。
八田の結婚相手は外科医を目指し、今春に入学し直したそうだ。

いずれは立派な医者になるにしても、今は無収入の学生。生活費も学費も来年5月の挙式費用もすべて八田が払って夫を支えていくというから、まさに“糟糠(そうこう)の妻”なのだが、ちょっと心配になる。

八田のレギュラーが深夜番組1本だからじゃない。
「凄母」(東洋経済新報社)などの著書があるジャーナリストの佐藤留美氏が言う。

「東大出身者に割と共通しているのが、自分の決断に絶対の自信を持っているということ。
正しい決断をしてきたから超難関を突破できたわけで、それも当然でしょう。そして決断が速い。
大胆に即決して周囲をアッと言わせることもありますが、ただ、結婚となると話は別ですからね」

確かに、八田と同じ東大医学部健康科学・看護学科卒のキャスター膳場貴子(38)にも“バツ”が2つある。
東大卒ではフジテレビの佐々木恭子アナ(41)も離婚歴があるし、片山さつき参院議員(54)だってそう。
「NHKの小野文恵アナ(45)にも、式まで挙げた事実婚を解消した過去があります」(芸能ライター)

膳場アナは2年、佐々木アナは1年足らずでさっさと別れている。

「そもそも東大の女子学生は、同級生が“普通の男性”とは違います。それに勉強ひと筋できているので、男性に対する理想が高い。
その分、幻滅するのも早いんです。経済的に自立していれば、離婚に踏み切るのも早いんでしょうね」(佐藤留美氏=前出)

八田の決断が「吉」と出ることを祈らずにはおれない。
http://gendai.net/articles/view/geino/146888
http://gendai.net/img/article/000/146/888/7c8f704fbd6868636a0683db8ac05b5a.jpg



東大卒女性は離婚が早いの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: グロリア(WiMAX) 2013/11/01(金) 01:23:47.68 ID:02y2Rlcy0 BE:118971465-PLT(12121) ポイント特典

南海トラフ地震、大阪府の死者は最大13万人--津波での死者は大阪市西区が最多

大阪府は30日、マグニチュード(M)9.1規模の南海トラフ地震が発生した場合の被害想定を発表した。それによると、大阪府内の死者は最大13万3,891人となり、内閣府が想定した9,800人の13倍以上に上った。しかし、地震発生後すぐに全員が避難を始めれば死者は8,806人まで減らすことができるという。

被害想定は、同日開催された府の「南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会」(部会長:河田恵昭関西大教授)で提示された。冬の午後6時と夏の正午の2ケースを想定し、それぞれ地震発生5~10分以内に全員が避難を始める場合と30%が津波到達まで避難しない場合を検討した。人的被害については、地震発生後2時間弱で津波が到達し、津波の浸水深が1メートル以上の地域では100%死亡すると仮定した。

被害が最大となる冬の午後6時に地震が発生した場合は、津波による死者は13万2,967人(うち、堤防の沈下などによる死者は1万8,976人)、建物の倒壊による死者は735人、火災による死者は176人などとなり、合わせて13万3,891人が死亡すると予測。津波による死者が内閣府の想定を大幅に上回った要因は、防潮堤の沈下などにより、浸水面積が国の約3.6倍に広がったことによる。

http://news.mynavi.jp/news/2013/10/31/015/
8cf29479.jpg



南海トラフ地震、大阪府の死者は最大13万人--津波での死者は大阪市西区が最多の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ