理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

自宅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/09(日) 20:32:39.15 ID:???.net
【11月9日 AFP】アルゼンチン中北部サン・ロレンソ(San Lorenzo)の男性が自宅の庭で井戸を掘っていたところ、1万年以上前に生息していたゾウの仲間の大型哺乳類マストドンのものとみられる化石を発見した。

化石を見つけた男性は地元メディアに「庭を掘っていたら何かとても硬いものがあった。
泥を取り除いたところ大きな骨が出てきた」と語った。
同地の歴史博物館の関係者は、「マストドンの骨と牙だと思われるが、まだ詳しく調べる必要がある」
と述べている。

ブエノスアイレスを中心に広がる大平原パンパス(Pampas)に位置するサン・ロレンソではこれまでにもマストドンの化石が発見されている。
(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3031250

引用元: 【古生物】自宅の庭からマストドン?アルゼンチンで化石発見

自宅の庭からマストドン?アルゼンチンで化石発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/05/14(水) 16:53:01.36 ID:???0.net

青森県は14日、八戸市内の夫婦が、自宅でチョウセンアサガオとみられる有毒植物を誤って食べ、食中毒になったと発表した。2人は意識障害や幻覚などを訴え入院したが、快方に向かっている。

県保健衛生課によると、2人は12日の夕食に自宅の庭に生えていた植物を、ゴボウと間違えて天ぷらにして食べた。

続きはソースで

http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051401001341.html


引用元: 【青森】チョウセンアサガオで食中毒、ゴボウと間違え


【青森】チョウセンアサガオで食中毒、ゴボウと間違えの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/05/08(木) 23:09:59.91 ID:???0.net

自宅近くでとった有毒のスイセンをニラと間違って食べた村山地方の4人が、吐き気など食中毒の症状を訴え、病院で手当てを受けました。
保健所は、山野草は知っているものだけを採取し少しでも怪しいものは決して口にしないよう注意を呼びかけています。

県によりますと、7日、村山地方に住む子どもと成人男性のあわせて4人が自宅近くに植えていたスイセンをニラと間違ってギョーザの具材として調理して食べたところ、吐き気や腹痛など食中毒の症状を訴え病院で手当てを受けました。

4人はすでに退院し、快方に向かっているということです。
有毒のスイセンはニラと似ていますが県によりますと、スイセンは葉がねじれていることやにおいがしないことがニラと見分けるポイントだということです。
有毒植物を食べたことによる食中毒は県内ではことし初めてで県は、山野草は知っているものだけを採取し、少しでも怪しいものは決して口にしないよう注意を呼びかけています。

05月08日 22時33分

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6024306131.html


引用元: 【山形】スイセンを食べ食中毒に ニラと間違えギョーザに入れる


【山形】スイセンを食べ食中毒に ニラと間違えギョーザに入れるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: TOY_BOx@みそしるφ ★ 2013/10/25(金) 02:20:52.06 ID:???

国の天然記念物で絶滅が危ぶまれているツシマヤマネコを、長崎県対馬市の男性がおよそ15年にわたって自宅で飼育していたことが分かり、環境省は、男性に厳重注意する一方で、これほど長期間飼育された例は非常に珍しいとして、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。

環境省によりますと今月18日、長崎県対馬市に住む男性から対馬野生生物保護センターに「飼育しているツシマヤマネコの具合が悪くなったので治療してほしい」という連絡がありました。
センターの職員が男性の自宅を訪ねると衰弱しているツシマヤマネコがいて、センターに搬送して治療しましたが、およそ9時間後に死にました。

死んだのは15歳から16歳とみられるメスのツシマヤマネコで、死因は老衰の可能性が高いということです。
環境省の聞き取りに対して男性は「15年ほど前に対馬市の路上でけがをした子どものツシマヤマネコを見つけ、動物病院で治療したあと自宅で飼育していた」と話しているということです。

環境省によりますと、男性の行為は希少な野生動物の捕獲を禁止した法律に抵触しますが、このケースは悪質性が低いとして厳重注意にとどめたということです。
一方で、15年以上という長期間にわたり、ツシマヤマネコが飼育された例はこれまでに2例しかないことから、環境省は、むしろ飼育の参考になるとして、今後、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。

3

▽記事引用元 : 10月24日 19時57分 NHKニュース (リンク先に動画あります)
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131024/k10015531141000.html
対馬野生動物保護センター ツシマヤマネコとは
 http://kyushu.env.go.jp/twcc/yamaneko/  


【生物】国の天然記念物ツシマヤマネコ 15年間自宅で違法飼育 国が厳重注意の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ