理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

自立神経

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/09(木) 18:49:18.46 ID:CAP_USER
中高年の過度な早寝早起きは要注意

 年齢とともに早寝早起きになることはよく知られている。中高年に「若いときよりも早寝早起きになったか」と聞けば7割以上の人は「イエス」と答える。特に60歳以上のいわゆるリタイア世代になるとその割合はさらに増加する。

 高齢者の早寝早起き、それ自体が悪いわけではない。しかし、過度の早寝早起きになると問題だ。

 夜9時過ぎには眠気が強まり、頭がぼんやりして、知らぬ間にソファーで寝込んでしまう。いったん寝ついても2、3時間もすれば目を覚ましてしまう。まだ暗いうちに何度も目が覚める、二度寝ができないなど睡眠満足感が低下することが多い。

 あまりにも早い時間帯から寝落ちすると一般的に睡眠の質は低下する。ホルモンや自律神経など眠りを支える心身の機能がしっかりと準備が調っていないためだ。いくつかの研究によれば、健康な70代の体内時計は、若者と比較しても高々1時間程度しか進んでいないため、夜10時前は多くの高齢者にとって寝るには早すぎる時間帯なのだ。

 ところが、睡眠習慣調査を行うと分かるのだが、体内時計の加齢変化以上に早寝早起きをしている中高年がとても多い。この傾向は特にリタイア後に顕著になる。

 ナゼ、年とともに必要以上に早寝早起きになってしまうのか、そこには大きく4つのステップがある。各ステップには中高年で多い中途覚醒や早朝覚醒を改善する生活上のヒントも隠されている。

【第1ステップ:早朝覚醒】-早起きだけなら正常な変化だが…

 年齢とともに進行する「早寝」と「早起き」だが、実はこの両者が同時に起こることは少ない。多くの人ではちょっとした早朝覚醒から始まる。

 早朝覚醒が起こる原因はさまざまだが、最大の原因は加齢とともに必要睡眠量が減少することにある。また、睡眠の中でも特に深い睡眠が減るため、ちょっとした刺激、例えば物音や寒さ、尿意などで目が覚めてしまう(年齢とともに必要睡眠量が減る理由については「ゾウの睡眠、ネズミの睡眠」で詳しく解説したのでご一読いただきたい)。

 つまり、中高年では眠りを維持する力が低下するようになり、早朝覚醒が起こりやすくなる。白髪や老眼と同じように、ある程度の早起きは正常な加齢変化と言える。ただし、当初は「年相応」に思われても、その「ちょっとした」早起きがさらに強度の早起きを招く悪循環の第2ステップにつながる。

全文はリンク先にて

ダウンロード (3)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00010002-nknatiogeo-sctch

中高年では早寝早起きが自然光や家庭照明の浴び方を変えて体内時計の朝型化を加速させ、さらなる早寝早起きをもたらす悪循環に陥る。(イラスト:三島由美子)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160609-00010002-nknatiogeo-000-1-view.jpg

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/060800010/01.jpg?__scale=w:800,h:600&_sh=0e002e0690

引用元: 【人体】ナゼ、人は年をとると「必要以上」に早寝早起きになるのか©2ch.net

ナゼ、人は年をとると「必要以上」に早寝早起きになるのかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/04(月) 23:37:01.02 ID:CAP_USER*.net
■身体の免疫力を下げるNGライフスタイル

出勤して、あまり動くことなくコンビニで買った甘いチョコレートやを食べ、コーヒーを飲みながら必死で働く勤務中。

ランチにパスタを食べ、眠い目をこすりながらも、本日何杯目かのコーヒーを片手に迎えた退社時間。

仕事の後は趣味や飲み会、気づけば夜寝る時間も遅くなり、朝はバタバタと出社…。

そんなこんなで月曜日から金曜日までを必死に過ごし、やっと訪れた週末はごろごろと昼間まで寝たりしながらバランスを取って、また月曜日が始まる。

私達の毎日はとっても忙しくて、仕事の時間と自分の時間でなんとかバランスを取りながら生活を過ごしている方も多いかと思います。

けれど、こんな生活スタイルって、まるでパソコンを湿気たくさんの部屋に置きながら使っているかのような、使用法を間違った状態。

いつ壊れてもおかしくない状態なのです。

■免疫力を上げる為にしたいこと(1)自律神経を整える

私達の身体を正しく機能させてあげるために、まず大切にしたいのは自律神経のバランスを整えてあげること。

・朝は太陽に浴びること

・一日を始める朝は、軽いストレッチをしてあげること

・勤務中は、ストレスをためすぎないように適度な休息を取ったり、軽いストレッチをすること

・睡眠に向かう夜は、なるべく静かに過ごして、身体をお休みモードにしてあげること

などの心がけが必要です。

続きはソースで

images (1)

CyberAgent/美BEAUTE 2016年04月04日 09時56分
http://news.ameba.jp/20160404-246/

引用元: 【健康】ヨガインストラクターが教える!身体の免疫力を上げる2つのこと

ヨガインストラクターが教える!身体の免疫力を上げる2つのことの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/09(月) 13:40:40.26 ID:???*.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151109-00010002-yomidr-hlth
11月9日(月)12時10分配信

「胃の不調を治すには、規則正しい生活が大事」。医学博士・管理栄養士の本多京子さんは強調する。

images (2)


消化などの胃の機能は、自分の意思とは関係なく自律神経でコントロールされている。自律神経は活動的な交感神経と、リラックスしている時などに働く副交感神経があり、両者がバランスを取り合っている。
この神経のバランスが崩れて、交感神経が優位になると、消化力が低下し胃もたれが起きる。反対に、副交感神経が優位になると、胃酸の分泌が過剰になり、胃の不快な症状が出てくる。
朝食抜き、運動不足、睡眠不足など、生活習慣の乱れが、自律神経の働きを乱し、胃の不調の原因になる。
最近は摂取カロリーが減っているのに、そのうちの脂肪の割合は多めという人が少なくない。胃での消化時間は、炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質の順に長くなる。脂っこい食品をとれば、胃もたれしやすくなる。

「天ぷらやフライなど揚げ物ではなく、加工食品などに含まれる“見えない油脂”の摂取が多くなっている傾向があります。口どけの良いパンなどにも、脂肪が入っています」
食事の最初に、スープやみそ汁などを少し飲むのがいい。「うまみ成分で唾液が出て、消化作業が始まる合図になります」と本多さん。食後すぐ立ち上がり、仕事を始める人もいるが、「ゆっくりお茶を飲んだり、家庭なら果物を食べたりして、消化を助けることが必要です」。生活にゆとりを持つことも、大切だ。 

引用元: 【健康】胃の不調、“見えない油脂”に注意…口どけ良いパンにも

胃の不調、“見えない油脂”に注意…口どけ良いパンにもの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ