理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

航空自衛隊

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/07/23(木) 12:54:07.24 ID:???*.net
 【バイコヌール宇宙基地(カザフスタン)千葉紀和】実家のレタス農家の仕事を手伝いながら星をながめた少年が、「中年の星」として宇宙に飛び立った。23日、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立った油井亀美也(ゆい・きみや)さん(45)。
航空自衛隊のエースパイロットを辞して追いかけた夢が現実になった。

ダウンロード (2)


 油井さんは滞在先のホテルを出発する際、報道陣に笑顔で親指を立て「頑張ります」と意気込みを披露。見送る家族に手でハートマークを作り、別れを惜しんだ。バイコヌール宇宙基地で米露の2飛行士とロシアの白い宇宙服に着替え、宇宙船に乗り込んだ。

 現地では、ISSをイメージして作った青色の法被を着た油井さんの家族が見守った。
発射から約9分後、成功の一報が流れると歓声と拍手が起こった。

 油井さんの父、※司(すけじ)さん(78)は、4年前に亡くなった妻、八重子さん(享年74)の遺影を持ち、打ち上げを見届けた。取材に「『20年後に火星に行く』と言っていた少年が本当に宇宙に行ってしまった。スーパーマンになっちゃったと感激しました」と笑顔で話した。(※は言へんに甫)

 2人の姉の下に生まれた油井さん。「亀のように、一歩一歩目標を定めて頑張ってほしい」と、※司さんが願いを込めて名をつけた。その名の通り、平らではない道のりを着実に歩んできた。

 故郷・長野県川上村の星空に魅せられ、少年時代は毎晩のように望遠鏡をのぞいた。
宇宙飛行士を夢見て、小学校の卒業文集に「火星に行く」と書いた。

 だが、家計を心配し、自ら学費のかからない防衛大に進学。航空自衛隊に入隊後は厳しい訓練を経て、F15戦闘機の編隊長や高い技術が求められるテストパイロットを歴任し、将来を嘱望された。

 一度は諦めかけた夢。だが、戦闘機乗りが宇宙を目指す米映画「ライトスタッフ」を見て一念発起した。妻・恭代さん(46)の後押しもあり、2009年に国内で10年ぶりに実施された
選抜試験を突破した。

 「年を取ると可能性が少なくなるというイメージは事実ではない。自分で限界を設けないで」との思いから、自ら「中年の星に」と話す。出発前の記者会見で「自信もあるし、やる気に満ちている」と言い切った油井さん。その輝きはさらに増していく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000018-mai-soci

引用元: 【宇宙】油井さん父親「『20年後に火星に行く』と言っていた少年が本当に宇宙に行ってしまった。スーパーマンになっちゃった」

【朗報】油井さん父親「『20年後に火星に行く』と言っていた少年が本当に宇宙に行ってしまった。スーパーマンになっちゃった」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/01/02(金) 11:09:11.49 ID:???0.net
日本の宇宙開発 ことしも新たな挑戦続く
1月2日 10時58分

ことし、日本の宇宙開発は油井亀美也飛行士が日本人として10人目の宇宙飛行に臨むほか、去年12月に打ち上げられた「はやぶさ2」は、これまでの軌道を変えて小惑星への旅を始めるなど新たな挑戦が続きます。

ことし5月に宇宙へと旅立つ油井亀美也さんは航空自衛隊のパイロットから6年前に宇宙飛行士に選ばれました。
宇宙へ行く日本人は1990年の秋山豊寛さん以来10人目となり、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で国際宇宙ステーションへ向かい、およそ半年間にわたって、さまざまな科学実験などを行う予定です。
また、去年12月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は搭載している機器に異常はなく、太陽を周回する軌道を順調に飛行しています。

ことし12月ごろには地球の重力を使って加速し、いよいよ目的の小惑星に向かう軌道に入ります。
その小惑星、「1999JU3」には、あと3年半ほどで到着する予定で水や有機物を含んでいるとみられる小惑星の調査を開始します。
このほか、主力ロケットのH2Aではことし、情報収集衛星の打ち上げなどが予定されています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150102/k10014393951000.html

引用元: 【社会】日本の宇宙開発 ことしも新たな挑戦続く

日本の宇宙開発 ことしも新たな挑戦続くの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/08/12(火) 12:49:19.43 ID:???0.net
国産ステルス:1月初飛行、4年で実用化判断…三菱重方針
【毎日新聞】 2014/08/12 07:30(最終更新 08/12 10:01)

三菱重工業は、防衛省の委託を受けて研究開発を進めているステルス戦闘機の試作機を、来年1月に初飛行させる方針を固めた。国内企業による初のステルス戦闘機開発で、防衛省は性能やコストを確認した上で、実用化するかどうか2018年度までに最終判断する方針だ。【朝日弘行】

ステルス機は中国やロシアが既に試作機を飛行させるなど開発を進めている。日本も09年に、世界最高のステルス性を備えた米国のF22の導入を目指したが、情報流出を警戒する米国の禁輸措置で断念した。このため、防衛力の強化には独自技術の蓄積が必要と判断。国内企業の戦闘機生産も、日米で共同開発した戦闘機F2全94機の生産が11年に完了してから途絶えており、国内防衛産業の生産基盤や技術の維持、向上を図る狙いもある。

政府は00年度以降、ステルス技術の研究に着手。09年度からは、総事業費392億円をかけて試作機の開発を進めていた。試作機のステルス関連技術はすべて三菱重工業など国内企業が開発。敵のレーダーから届いた電波を真っすぐに反射して探知されないよう、機体や外板接合面の形状を設計した。



航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス機F35(米ロッキード・マーチン社製)はレーダー上で直径
10センチほどの物体として認識されるとされ、試作機もこれと同水準の性能を目指している。IHIや
富士重工業なども、エンジンや主翼などの主要部材を受け持つ。

続きはソースで

ソース: http://mainichi.jp/select/news/20140812k0000m020141000c.html
画像: http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20140812k0000m040018000p_size5.jpg
 (三菱重工業が研究開発を進めている国産ステルス戦闘機の試作機=防衛省提供)

引用元: 【軍事】国産ステルス戦闘機、来年1月初飛行...4年で実用化判断 - 三菱重方針 [14/08/12]

国産ステルス戦闘機 来年1月初飛行 4年で実用化?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆10.9/2taLY 2014/04/18(金)01:10:27 ID:k897WeNlf

航空自衛隊はF-2戦闘機の次世代戦闘機のプロトタイプ、最先端技術のデモンストレーター X (ATD X戦闘機)の2014年中の初飛行を国の計画としている、という事を日本の防衛大臣小野寺五典は明らかにしました。
「2 月に私はATD X が構築されている三菱重工業 (MHI) 小牧南工場場所に訪問した」
と小野寺防衛大臣は4 月 10 日の外交および防衛委員会の参議院で語った。
「そこで私は初飛行は今年行われるという説明を受けた」
ATD X、心神とも呼ばれ防衛省とプロジェクトの主要な業者の三菱重工業による技術的な研究と開発研究所 (本部) によって開発されています。
強化された機動性システムとステスル性を重視した戦闘機に設計されており。
防衛省は第 6 世代戦闘機の包括的な i3概念とカウンター ステルス機能という高度な技術とシステム統合研究に心神を作りました。
「元々三菱重工計画では最初の試験の飛行の後5月のゴールデンウィーク後直ぐにメディアの前で発表する予定でした」と 4 月 15 日にIHS本部で公式に語った。
「そして其の計画は今数ヶ月遅れています」
小野寺防衛大臣は技術の成果と費用対効果のパラメータに基づき、将来のステルス戦闘機FX-18を国内または国際共同開発にするか判断するとした。
しかし、F3であるADT xの開発も米国からの反対にあう可能性があります。
事実過去に独自戦闘機を開発する東京の試みを止められています。
1980 年代日本航空業界の成長がアメリカ合衆国の懸念から FSX 支援戦闘機プログラムはワシントンが東京に圧力をかけ止め、最終的にロッキード マーチン社のF-16C ベースにしF 2 の共同開発に最終的に導きました。

中国とロシアは成都 J 20、スホーイ PAK FA t-50 の第五世代の航空機をそれぞれ展開し、日本の高速ステルス戦闘機の開発は国の航空防衛に不可欠となっていると当局者は言った。
「28 レーダー サイトは、長い距離から第 3 と第 4 世代戦闘機を検出するのに効果的だが、第 5 世代戦闘機を発見する方法は無いと私たちは知っています」と中将英之吉岡が2011 年 11 月本部でIHSの空気システム開発のディレクターに語った。
2.7億円をかけて戦闘機のレーダー研究し、熱制御システムを検出することのできるFY14 で、ステルス航空機に追跡、応答します。
http://www.janes.com/article/36713/japan-s-indigenous-stealth-jet-prototype-to-fly-this-year



国産ステルス心神今年初飛行へ・・・の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ストマッククロー(大阪府) 2014/02/04(火) 11:01:16.10 ID:TKl5j14N0 BE:206066742-PLT(12231) ポイント特典

日本の戦闘機、初のレーザー誘導爆弾投下訓練


日本の航空自衛隊が12日からグアムで行われる日米豪合同訓練期間中にF-2戦闘機を活用して初めてレーザー誘導爆弾投下訓練を実施すると東京新聞が3日報道した。

これは日本政府が北朝鮮を想定した「敵の基地攻撃能力の保有」を積極的に検討している中で行われるもので、2003年のイラク戦争で米軍が使ったものと同じレーザー統合直接攻撃弾(JDAM)が使われる見通しだ。

日米豪間の合同訓練は1999年グアムで始まり、日本の航空自衛隊は2005年から実弾投下訓練を行い、2012年から衛星位置確認システム(GPS)を活用した精密誘導装置が装着された爆弾を使った。レーザー誘導爆弾投下は今回が初めてだ。

日本はこれまで、ひたすら防御のためにだけ防衛力を行使するという専守防衛原則により、巡航ミサイルなど敵基地先制攻撃用の武器保有を自らダブー視してきた。70年代は米国から導入したF-4戦闘機で「戦闘機の航続距離が長ければ周辺国に威嚇になりうる」として空中給油装置を取り外すことまでした。

5

http://japanese.joins.com/article/324/181324.html?servcode=A00&sectcode=A00



<#`Д´>F-2戦闘機が史上初のレーザー誘導弾を導入したニダ!! ← いつの話だよ・・・の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ