理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

色覚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/10/24(水) 22:08:29.78 ID:CAP_USER
(CNN) 馬は人間と異なる色覚を持ち、オレンジ色が緑色に見えている――英国の大学がこのほど、そうした研究結果を明らかにした。馬の安全確保という観点から、競馬場の設備の塗装などを再考する動きにつながる可能性もある。

競馬の一種である障害競走では、コースに設置される横木並びにそれらを飛び越えるための踏切板がオレンジ色に塗られている。騎手が視認しやすくするための配色だ。

しかし英エクセター大学のマーティン・スティーブンス教授が主導した今回の研究によると、馬はオレンジ色を緑色と認識していることが分かった。これは上記の設備が、馬の目には周囲の芝の緑に溶け込んで見えていることを意味する。

同大学の研究者らは、障害物の色を白や黄色に変えて実験を行った。これらの色の変更で馬の視認能力が必ずしも高まったわけではないが、跳躍の仕方には変化が見られたという。

続きはソースで

■オレンジ色の踏切板も、馬の視界では芝と同じ緑色に
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/10/24/783d4eff46528d01edaba1c8e3f28cb5/t/768/432/d/cheltenham-horse-human-exeter-super-169.jpg

CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35127478.html
ダウンロード


引用元: 【動物】馬の色覚で新研究、オレンジを緑と認識 英大学[10/24]

馬の色覚で新研究、オレンジを緑と認識 英大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/02/01(木) 15:58:41.88 ID:CAP_USER
南太平洋に浮かぶミクロネシア諸島のピンゲラップ島は、別名「The Island of the Colorblind(色を識別しない人たちの島)」と呼ばれる。
これは英国の神経学者オリバー・サックスが1996年、人間の脳に関する自著で使った呼び名で、この島に先天的に色の見えない住民が比較的多いことに由来する。

 同島がこうした遺伝的背景をもつようになったきっかけは、一説によると、1775年の猛烈な台風によって人口が一時的に激減したことにあるという。
この台風を生き延びた島の統治者が、1色覚(色を識別しない視覚)となる希少な遺伝子を有しており、やがてその遺伝子が後の世代に受け継がれていくこととなった。

 今も島民の10%ほどが1色覚の遺伝子を持っていると考えられており、その割合は、一般に3万人に1人とされる発現率に比べて極めて高い。

ベルギー人写真家のサンヌ・デ・ヴィルデ氏は、ピンゲラップ島と色覚多様性の概念に発想を得て、遺伝をテーマとした一連の作品を製作している。
2015年に島を訪れた際、彼女は色を判別しない人々の目に映る世界を表現するシリーズ写真を撮影した。


 一部の作品は白黒写真だ。しかし彼らの中には、赤や青などをかすかに知覚できる、1色覚とは異なるタイプの人もいた。そこで彼女は赤外線で撮影できる装備やレンズを用いて、特定の色を変化させたり、弱めたりして撮影を行った。
さらにその後、色を判別しにくい人たちに、できあがった写真に水彩絵具で着色するよう依頼し、彼らには世界がどのように見えているのかを表現してもらった。

続きはソースで

画像一覧
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/07.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/02.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/03.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/04.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/05.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/
ダウンロード (1)


引用元: 【遺伝/民族学】色の見えない人々が住む太平洋の島[02/01]

色の見えない人々が住む太平洋の島の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/15(金) 07:37:59.71 ID:CAP_USER9
千葉県の松戸市教育委員会は市立小中学校全65校の黒板で使用するチョークについて、来年度から色弱の子供も色を識別しやすい「色覚チョーク」に一本化する方針を決めた。

色弱者の立場から様々な製品を対象に検証を行っているNPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構」(東京都千代田区)は「色覚チョークを全面的に導入するのは全国的にも珍しい」としている。

 同NPOによると、色弱は色を感知する細胞に原因があり、赤、緑、茶といった色が同じような色に見えたり、淡いピンクがグレーや白に見えたりする。先天性の色弱者の比率は男性が約5%、女性が約0・2%とされ、色弱の子供は学校で黒板のチョークが見えづらく悩んでいるケースも多い。

 これを解消するために開発されたのが、色弱者にも識別しやすい色覚チョークだ。特殊な素材を使うことで一般のチョークより色がクリアに見えるのが特徴で、市教委は試行的に今年度、学校が文房具などを共同購入する際の用品リストに、一般のチョークだけでなく色覚チョークも加えた。

続きはソースで

2017年12月15日 07時29分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171214-OYT1T50039.html
ダウンロード


引用元: 【色弱】識別しやすい「色覚チョーク」を…千葉・松戸市教委一本化

【色弱】識別しやすい「色覚チョーク」を…千葉・松戸市教委一本化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/06(水) 20:01:03.40 ID:CAP_USER
編集委員・瀬川茂子2017年9月6日19時11分
 遺伝の法則の「優性」「劣性」は使いません――。誤解や偏見につながりかねなかったり、分かりにくかったりする用語を、日本遺伝学会が改訂した。用語集としてまとめ、今月中旬、一般向けに発行する。

 メンデルの遺伝学の訳語として使われてきた「優性」「劣性」は、遺伝子の特徴の現れやすさを示すにすぎないが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすい。
「劣性遺伝病」と診断された人はマイナスイメージを抱き、不安になりがちだ。

続きはソースで

(編集委員・瀬川茂子)
http://www.asahi.com/articles/ASK963JY5K96PLZU001.html
ダウンロード (1)


引用元: 【用語】 遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂[09/06] [無断転載禁止]©2ch.net

【用語】 遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/06/24(土) 00:33:31.40 ID:CAP_USER
霊長類の色覚が、顔色を見分けるのに適していることを証明
―適応進化の過程の解明に期待―

九州大学大学院芸術工学研究院の平松千尋助教、カルガリー大学人類考古学部Amanda Melin助教、ニューヨーク大学人類学部James Higham助教らの共同研究グループは、霊長類の3色型色覚が、顔色変化の検出に有効であることを初めて実験的に証明しました。

ヒトを含む多くの霊長類は、L、M、Sの3つの錐体視細胞により光の波長弁別を行う3色型色覚で世界を見ています。3色型色覚は、赤い果実や若葉を緑の葉の背景から見つけることに適しているため、祖先型である2色型色覚から進化したと考えられています。しかし、果実を見つけること以外でも3色型色覚が有効な場面が考えられ、霊長類の行動や生態学的意義と照らし合わせ、幅広く調べていく必要があります。3色型色覚が有効な場面の候補として、顔色変化などの社会的シグナルの検出が挙げられていました。
 
共同研究グループは、霊長類の3色型色覚が、顔色変化の検出に適しているかを実験的に調べました。繁殖期に顔が赤くなるアカゲザルの写真を用い、様々な色覚の見え方を模擬して、ヒト参加者にメスの繁殖期と非繁殖期の顔を見分けてもらいました。その結果、霊長類が持っているL錐体とM錐体の波長感度が長波長域に偏った3色型の色覚は、3種類の錐体の波長感度が均等に分布した3色型や、2種類の錐体により色弁別を行う2色型よりも顔色の変化をよく検出できることが分かりました。この結果は、社会的シグナルの検出が3色型色覚の適応的意義の一つであることを裏付けるものです。ヒトが顔色から感情を読みとり、健康状態を察知できるのも、霊長類が持つこのような色覚特性のおかげであると考えられます。今後、霊長類進化のどの段階において、顔色変化が社会的シグナルとして使われはじめたかなど、霊長類の色覚の適応進化の過程に迫ることが期待されます。
 
本論文は、学術誌「英国王立協会紀要」オンライン版で2017年6月14日(水)午前0時(英国夏時間)に公開されました。

続きはソースで

▽引用元:九州大学 NEWS 公開日:2017.06.14
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/135
ダウンロード (3)


引用元: 【生物】霊長類の色覚が、顔色を見分けるのに適していることを証明 適応進化の過程の解明に期待/九州大など©2ch.net

霊長類の色覚が、顔色を見分けるのに適していることを証明 適応進化の過程の解明に期待/九州大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/03(日) 12:35:41.12 ID:CAP_USER9
生まれつき色の識別が困難な兄弟、ジミーさんとジェイスさん。彼らの両親はふたりに、とあるサングラスをプレゼントしました。

特殊なレンズにより色覚が補正されるというサングラス「EnChroma」をかけ、生まれてはじめて「色」を見たふたりの反応は……。
その瞬間を収めた動画を、YouTubeからご紹介します。

【世界が塗り替えられた瞬間】
緑、赤、オレンジ、紫の風船。明るいピンク地に、黄色の花があしらわれたタオル。
ジミーさんとジェイスさんは、こういった色とりどりのアイテムを見ても、色の区別をつけることが難しい、色弱者の兄弟です。

そんな彼らに両親がプレゼントしたのは、アメリカEnChroma社のサングラス。光の三原色である「赤・緑・青」の波長を、特殊なレンズを通して識別しやすくすることで、色覚を補正する製品です。

おそるおそるサングラスをかけるジミーさん。見たことのない「色」に満ちた世界を目にした途端、ハッと口元を押さえました。
家族から「何が見える?」と問われますが、言葉になりません。無言のままサングラスを外し、ジェイスさんに渡します。

交代でサングラスをかけたジェイスさん。父親が手に持ったカラフルな風船を見ると、絞りだすように「とても鮮やかだ」とつぶやき、
ジミーさんと固いハグ。まるでその心情を、静かな嗚咽とともに分かち合っているようでした。

続きはソースで

images

Colorblind brothers overwhelmed by seeing color for the first time
https://youtu.be/m1X0QTTtPmc



他の動画
https://youtu.be/o6QuYiY1EJg


https://youtu.be/uaan97J-smc


https://youtu.be/-rMjUsG--zo


https://youtu.be/HvupIS6TiAY


https://youtu.be/-b00y6GJx-U


https://youtu.be/CPRawDlwgAM


https://youtu.be/Xt-tQrLdjCM


https://youtu.be/e_jhJmN731A


https://youtu.be/KgspFTNDkOs


https://youtu.be/BU0IOWsmwCc


https://youtu.be/V_vZQAaai9c



http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160628/Pouch_364899.html

引用元: 【医療】色弱者の兄弟、生まれてはじめて色あざやかな世界をその瞳に映し涙がこぼれる 色覚異常補正サングラスが話題に [無断転載禁止]©2ch.net

色弱者の兄弟、生まれてはじめて色あざやかな世界をその瞳に映し涙がこぼれる 色覚異常補正サングラスが話題にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ