理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

苦痛

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2019/03/18(月) 15:46:31.80 ID:CAP_USER
麻酔があるおかげで私たちは無意識の中で痛みを感じることなく外科手術を受けることができます。しかし、手術を受けた人の中には、手術中に目が覚めてしまい、「耐えがたい苦痛の中でどうすることもできない」という体験をした人もいることが判明しました。

This is what it’s like waking up during surgery | Mosaic
https://mosaicscience.com/story/anaesthesia-anesthesia-awake-awareness-surgery-operation-or-paralysed/

カナダのマニトバ州に住む55歳のドナ・ペンナー氏は、手術の最終に意識を取り戻した患者の一人。ペンナー氏は「45歳の時に地元の運送会社の会計部門で働いているときに、ひどい生理痛に襲われてかかりつけ医に相談したら、原因を見つけるために外科手術をすることになりました。ごく簡単な手術のはずでしたが、私は外科医が腹部を切った時に意識が覚めたのです。でも、麻酔が効いていたので誰かにそれを伝えることができませんでした。私が凍り付いたみたいに手術台に寝ている間もずっと手術は続けられたので、私は死を覚悟しなければなりませんでした」と語っています。

手術から10年が経った現在でもペンナー氏は毎晩悪夢にうなされ続けていて、仕事も辞めざるを得なかったとのこと。ベンナー氏の例は極端ですが、最新の調査で全体の約5%の人が手術を受けている最中に目を覚ましている可能性があることが分かってきています。しかし、手術中に意識を取り戻しても、麻酔の影響で大半の人は何が起こったかを後から思い出すことができません。ロンドンのセントジョージ病院に勤めるピーター・オドール医師は、「全身麻酔が頻繁に使われていることを考えると問題は重大です。今でも世界のどこかで手術中に目を覚ましている人がいるかもしれません」と述べています。

長い歴史において麻酔が効くメカニズムは多くが謎に包まれていました。ヒポクラテスの時代から、医師たちは治療中の患者の苦痛を和らげる方法を探し求めてきました。医師らはアルコールやアヘン、さらにはドクニンジンから採取した毒液などを使っていましたが、これらは鎮静剤としては多少の効果はあるものの、ほとんどの患者は拷問のような苦痛からは逃れられませんでした。

1840年代に入ると、科学者が鎮静作用を持つガスを発見しました。ボストンで歯科医を営んでいたウィリアム・モートン氏はジエチルエーテルに注目し、1846年にマサチューセッツ総合病院で公開デモを実施しました。そのデモでは、「話すことはできるものの、理路整然とした思考はできず、痛みをほとんど感じない」という患者の様子が示されたとのこと。このデモのニュースは瞬く間に医学界に広がり、麻酔時代の幕開けとなりました。さらに、クロロホルムなどのより効果的な麻酔薬が発見され、手術中の苦痛は過去の遺物だと言われるようにまでなりました。

今日の麻酔科医は幅広い種類の鎮痛剤や意識を低下させる薬の中から、手術や患者の容体に最適なものを選んで使用しています。麻酔の多くはいわゆる局所麻酔で、意識を失わせることなく体の一部から感覚を除去するために使われています。局所麻酔には脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔があり、どちらも脊椎に作用するもので、一般的な用途は膀胱や股関節などの手術や出産です。場合によっては鎮静剤を与えられることもあります。これは、患者をリラックスさせ、眠気を催しますが、完全に意識を喪失するわけではありません。これとは対照的に全身麻酔は意識を失わせることを目的としており、麻酔が効いている最中の患者は昏睡状態に陥っていて、その間の記憶もありません。

ウィスコンシン大学マディソン校の麻酔科医であるロバート・サンダース医師によると、麻酔薬がなぜ私たちの意識を弱めるのかは、正確にはわかっていないそうです。人の脳内では神経伝達物質と呼ばれるさまざまな脳内化学物質がニューロンの活動、特に、異なる脳領域間の広範囲のコミュニケーションを活性化させたり抑制したりします。麻酔薬はこの神経化学物質の働きを阻害していると考えられているとのこと。 
例えば「プロポフォール」と呼ばれる全身麻酔薬では抑制作用を持つ神経伝達物質である「GABA」の効果を増幅する作用があります。サンダース医師が実施した脳波測定を用いた実験によると、プロポフォールを投与された被験者は、外部からの刺激に対して反応し、脳全体を活性化させる働きが抑制されていたとのこと。このため、サンダース医師は麻酔が脳内の情報伝達を妨げている可能性が非常に高いと結論づけました。

医療の現場ではさらに事情が複雑です。例えば、麻酔科医は一時的な昏睡を誘発する麻酔薬と、さらにそれを維持する別の麻酔薬を使う必要があるかもしれません。また、患者の年齢や体重、服用しているほかの薬など多くの要素を考慮し、手術のために必要な筋弛緩剤を麻酔深度とは独立して調節できる、神経筋遮断薬や筋弛緩剤が使われることもあります。神経筋遮断薬を使用してのどにある気道を確保することで、患者に酸素や薬剤を与えるためのチューブを挿入しやすくできます。

続きはソースで
ダウンロード (2)


引用元: 【麻酔】20人に1人は手術中に目覚めている可能性アリ、忘れているだけで耐えがたい痛みを感じるケースも

【麻酔】20人に1人は手術中に目覚めている可能性アリ、忘れているだけで耐えがたい痛みを感じるケースもの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/11/07(火) 16:52:19.64 ID:CAP_USER9
 動物愛護団体「地球生物会議」(東京)は7日、日本の大学が動物実験をする際、事前に作成する計画書について、記述量や動物に苦痛を与えないようにする配慮が米国の大学に比べて劣っているとの調査結果を発表した。

 調査したのは東大、京大など七つの旧帝国大学と、いずれも米国のハーバード大、ジョンズ・ホプキンズ大、デューク大。

続きはソースで

【共同通信】

配信2017年11月7日 / 16:41
ロイター
https://jp.reuters.com/article/idJP2017110701001494
ダウンロード


引用元: 【地球生物会議】動物実験で日本の大学 「動物に苦痛を与えないようにする配慮が劣っている」

【地球生物会議】動物実験で日本の大学 「動物に苦痛を与えないようにする配慮が劣っている」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/12(火) 23:43:43.14 ID:???.net
身体疾患の治療をしている人は心理的苦痛が大きい傾向
引用元:東北大学 プレスリリース 2015年5月 8日 10:00
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/05/press150508-01.html

000


東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門の中谷 直樹(なかや なおき)准教授は、同部門の中村 智洋(なかむら ともひろ)助教及び土屋 菜歩(つちや なほ)助教、 辻 一郎(つじ いちろう)部門長、寳澤 篤(ほうざわ あつし)教授、災害科学国際研究所災害精神医学分野の富田 博秋(とみた ひろあき)教授と共同で、七ヶ浜健康増進プロジェクトを通して、身体に疾患を持って治療をしている人は心理的苦痛も高くなっていることを明らかにしました。
 
本研究結果は、2015年5月1日の災害医学公衆衛生学雑誌 Disaster Medicine and Public Health Preparedness誌(電子版)に掲載されました。

【研究内容】
身体に疾患を持つ者は高い心理的苦痛を有することが報告されています。本研究では、東日本大震災で甚大な被害を受けた沿岸地域において循環器疾患、がん、高脂血症、肝臓病、腎臓病、糖尿病などの疾患の治療の有無と心理的苦痛の関連を検討しました。解析対象は、宮城県七ヶ浜町に居住する 40 歳以上の住民で、調査は 2012 年 10 月から 12 月に、研究チームが対象地域を訪問し、自己記入式の調査票を配布及び回収することで行われ、3,032 人を解析対象としました。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

詳細(プレスリリース本文)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press150508_01web.pdf

▽関連リンク
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
身体疾患の治療をしている人は心理的苦痛が大きい傾向~東日本大震災後の七ヶ浜健康増進プロジェクトから~【プレスリリース】
http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/10230

引用元: 【公衆衛生】身体疾患の治療をしている人 心理的苦痛が大きい傾向/東北大

身体疾患の治療をしている人 心理的苦痛が大きい傾向/東北大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/16(木) 22:00:54.00 ID:???.net
鎮痛剤のアセトアミノフェン、喜びも抑える 米研究
引用元:CNN.co.jp 2015.04.16 Thu posted at 16:43 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35063286.html

a


(CNN) 米オハイオ州立大学の研究チームは16日までに、市販の多くの鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンに、痛みだけでなく喜びの感情を抑える効果があることがわかったと発表した。

サイコロジカル・サイエンス誌(電子版)に掲載された論文によると、アセトアミノフェンに心理的な苦痛を和らげる効果があることは以前から知られていたが、今回の研究で、喜びの感情を弱めるなど、感情の幅を狭める効果があることがわかったという。

論文の筆頭著者であるオハイオ州立大学の大学院生、ジェフリー・ダーソー氏は「アセトアミノフェンには単なる鎮痛効果だけでなく、あらゆる感情を和らげる効果がある」と言う。

今回の研究では、大学生82人を対象に実施。
被験者の半分にはアセトアミノフェン1000ミリグラムを、残り半分には同じ見た目の偽薬を投与した。

その後、猫と遊ぶ子供の写真や栄養失調の子供の写真など様々な写真40枚を提示。
それぞれの写真について楽しいと感じるか否かを、その感情の大きさの程度も含めて回答させた。

その結果、アセトアミノフェンを投与された人は、投与されていない人に比べ、すべての写真について抱いた感情の度合いが非常に弱いことが確認された。
(引用ここまで 全文は引用元参照)

▽関連リンク
THE OHIO STATE UNIVERSITY
Your pain reliever may also be diminishing your joy
Acetaminophen reduces both pain and pleasure, study finds
By: Jeff Grabmeier
Published on April 13, 2015
http://news.osu.edu/news/2015/04/13/emotion-reliever/

引用元: 【薬理】鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェン 痛みだけでなく喜びの感情を抑える効果/米オハイオ州立大学

鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェン 痛みだけでなく喜びの感情を抑える効果/米オハイオ州立大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2014/03/28(金)02:03:40 ID:TtUu3zVvc

チーズを見たら恐怖のどん底へ。チーズ恐怖症。

イギリス・ケント州で学生をしているメリッサ・ノースさん(22)は、デパートやスーパーの食品売り場に来ると、窮地に陥ってしまう。売り場に置いてあるチーズが、怖くてたまらないのだ。

「チーズが大嫌い」「チーズを見ただけで気持ち悪くなる、泣きたくなる」という人は、結構いるかもしれない。
だがメリッサさんの場合は、チーズ嫌いを遥かに超えた、チーズ恐怖症だ。

海外では日本以上にチーズ製品を目にする機会は多く、誰もが毎日目にしているといっても過言ではない。
だから尚更、メリッサさんにとっては苦痛だ。彼女は、チーズを見ると涙がこみ上げてくる。特に、ブリーチーズ(柔らかい白いチーズ)は最悪だ。

「私にとって、スーパーマーケットの食品売り場を通るのは、本当に苦痛です。チーズを見たら、病的なパニック症状が出て、もう最悪です。」

メリッサさんのチーズ恐怖症は、小さい頃に友達の両親がチーズを塗ったトーストをくれたのをきっかけに発症した。
10代の頃には、クラスメイトに恐怖症のことをからかわれて、症状はさらに悪化した。

「皆、私の顔にクリームチーズを投げつけて喜んでいたんです。私はパニックを起こして泣きながら、床に倒れこみました。」
それでもチーズが嫌いなのではなく、怖くてしかたがないという症状は周りからは理解してもらえず、未だに家族や友人たちは、彼女の症状を面白がって、からかう。

「チーズが怖いなんて、変なことだと分かっています。でも私は、本当に深刻に恐怖症なんです。
チーズは見た目が最悪です。それを食べるなんて、考えただけで具合が悪くなります。」

http://www.terrafor.net/news_shsDu4RSEA.html123
---
The sight of cheese drives me crackers - woman goes emmental when confronted with a slice
http://i2.mirror.co.uk/incoming/article3284094.ece/ALTERNATES/s615/%C2%A3%C2%A3%C2%A3-Melissa-North-3284094.jpg
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/sight-cheese-drives-crackers---3286096



チーズを見ただけでパニックに陥る「チーズ恐怖症」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: シャア!シャア!シャア!@チリ人φ ★ 2013/07/06(土) 17:14:29.14 ID:???

つらい記憶が繰り返し突然よみがえる心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状の一つ「フラッシュバック」を減らすのに脳卒中の後遺症を改善する既存薬が役立つ可能性が高いとして、千葉大の研究チームが効果を確かめる臨床研究を8月にも始めることが、6日分かった。同大の審査委員会が6月中旬、臨床研究に大筋で合意した。

東日本大震災のような災害や、虐待、事故が原因で発症するPTSDでは、投薬で抑うつ症状などは改善する場合が多いものの、フラッシュバックには十分な効果がない。チームの橋本謙二教授(神経科学)は「薬の効果を証明した上で、世界初の正式なフラッシュバック治療薬として普及させられるよう製薬企業に働き掛けたい」と話す。

薬は脳出血や脳梗塞後のめまいを防ぐセロクラール(一般名イフェンプロジル酒石酸塩)。国内では30年以上前から飲み薬として使われており、重大な副作用は報告されていない。

この薬の脳の興奮を抑える作用がフラッシュバックを改善する可能性があるとして、米子医療生活協同組合「米子診療所」(鳥取)や千葉大がここ数年、性的虐待や暴力を受けるなどしてPTSDを発症した女性患者6人へ試験投与。40代女性は1日に2、3回だった発生頻度が8週間後までに週1~4回に減るなど、6人とも症状が大幅に改善したという。

新しく実施する臨床研究では、PTSDと診断された13~18歳の男女計40人を2グループに分けて一方に
セロクラール、もう一方に偽薬を投与する。グループ間のフラッシュバックの頻度や不安症状などの改善度を比較し、薬の効果を厳密に確かめる。早ければ8月にも研究を開始し、3年以内に結果をまとめる。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201307060145.html
ba8e3493.jpg



【医療】フラッシュバックに脳卒中の薬効果か 千葉大、臨床研究への続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ