理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

英雄

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2018/03/29(木) 09:21:51.52 ID:CAP_USER
1900年前に亡くなった三国志の英雄「曹操」の遺体が確認された、世界中のメディアが報じた。
しかし、発表元とされた中国の考古学研究所が3月25日、「曹操の遺体は2009年の発掘で見つかりましたが、これがなんで新発見なんですか?」と当惑した様子で声明を出していたことが分かった。

■中国メディアの「スクープ」が世界中に拡散

きっかけは中国・成都に拠点を置くメディアグループ「紅星新聞」の3月25日の報道だった。

河南省・安陽市で2009年に発見された「曹操の墓」とされる遺跡で見つかった男性の遺体について、河南省文物考古研究院が「曹操であることを基本的に確認した」と報じた。

これを引用する形で、台湾や香港のメディアが「曹操の遺体確認」と積極的に報道した。
さらにマレーシアの大手紙「The Star」や、イギリスのタブロイド紙「EXPRESS」など世界各国のメディアが「曹操の遺体確認」と報じて話題になり、世界中に拡散した。

ところが、いろいろ調べてみると、意外なことが分かった。
紅星新聞が発表元として報じていた河南省文物考古研究院の公式サイトをいくら調べても、それらしい発表がないのだ。2月24日の調査報告書にも「曹操の遺体を確認した」とは書かれていない。

それどころか、同研究院は公式ウェイボー(中国版のTwitter)で25日、以下のように訴えていた。

続きはソースで

ハフポスト
https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/28/cao-cao_a_23397290/
ダウンロード


引用元: 【考古学】「曹操の遺体確認」世界中で拡散 ⇒ 発表元とされた研究所が当惑「新発見なんですか?」[03/28]

「曹操の遺体確認」世界中で拡散 ⇒ 発表元とされた研究所が当惑「新発見なんですか?」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/19(木) 23:52:54.57 ID:???.net
韓国論文捏造事件の黄禹錫氏、山東省威海市に実験室を設立 動物のクローンを研究
引用元:新華ニュース 2015年02月16日 15時51分配信記事
http://www.xinhuaxia.jp/social/61583

5


韓国の論文捏造事件の主役で、幹細胞研究科学者である黄禹錫(ファン・ウソク)氏は中国・江蘇省無錫市のある科学技術型企業、雲南省のある研究機関及びアメリカのある大学と共同で動物の胚クローン技術を研究し、山東省威海市に実験室を新設することを決めた。韓国メディアが伝えた。

10年前、韓国のソウル大学の教授であった黄禹錫氏は著名な科学誌に論文を掲載し、「世界で率先して卵子でヒトクローン胚から胚性幹細胞(ES細胞)をつくった」と主張した。
これで彼は韓国の「第一号最高科学者」に選定され、韓国の国民的英雄になった。
だが、その後、黄禹錫氏は論文捏造の容疑で一度は表舞台を去った。

無錫博雅干細胞集団の許暁椿董事長によると、中韓双方の協力は黄禹錫氏が中国経済の飛躍的発展及び中国のこれからの世界的な影響力を楽観視しているのが主因となった。
双方の協力は霊長類のクローンだけに限り、ヒトクローン技術の研究に参与しないという。(翻訳 劉英)
(引用ここまで)

引用元: 【研究】韓国論文捏造事件の黄禹錫氏 中国山東省に実験室を設立 動物のクローンを研究

韓国論文捏造事件の黄禹錫氏 中国山東省に実験室を設立 動物のクローンを研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ベガスφ ★ 2013/11/12(火) 23:26:21.11 ID:???

"曹操子孫をDNAで確認 中国上海の大学"

中国上海市の復旦大は12日までに、「三国志の英雄」として知られる曹操(155~220年)の子孫をDNA検査で確認したと発表した。同日付の中国各紙が報じた。

復旦大の調査グループは家系図や史書などから曹家の子孫とみられる人たちを抽出。
父から息子に伝わるY染色体のDNAの特徴を調べたところ、少数の人にしかないタイプを6家族が持っており、共通の祖先について1800~2千年前までさかのぼれることが分かったという。

さらに、安徽省で発見された曹操の親族の墓から出土した歯のDNAを調べたところ、同じタイプであることが判明。
これらのことから調査グループは「曹一族のDNA型を確認した」と結論付けた。

復旦大は、2009年に河南省で見つかった曹操の陵墓に疑問が寄せられていることに対し、出土した男性の遺骨のDNA鑑定を行う計画があると報じられていたが、今回はこのことに関する情報は明らかになっていない。

4ae87f98.jpg

2013.11.12 22:15
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131112/chn13111222160008-n1.htm



【遺伝子】曹操の子孫をDNAで確認の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ