理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/07/27(木) 10:02:11.10 ID:CAP_USER
2017.7.27 09:24
青い菊(野田尚信氏提供)
http://www.sankei.com/life/news/170727/lif1707270009-n1.html?view=pc

 切り花としてよく利用される菊に、色素を作る遺伝子を組み込み、青い花を咲かせることに成功したと、農業・食品産業技術総合研究機構とサントリーのチームが26日付の米科学誌サイエンスアドバンシズに発表した。

 これまで紫の菊は作られていたが真っ青は難しかった。

続きはソースで

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.
ダウンロード


引用元: 【植物】「青い菊」咲いた サントリーなど開発[07/27] [無断転載禁止]©2ch.net

「青い菊」咲いた サントリーなど開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/19(火) 12:42:56.43 ID:CAP_USER.net
史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きました (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00010002-sorae_jp-sctch

ダウンロード


無重力状態における科学実験はNASAの重要なミッションの一つ。そして今回、ISS(国際宇宙ステーション)のクルーたちが宇宙初となる花の開花に成功しました!
 
今回花を咲かせたのは「ヒャクニチソウ」というキク科の観葉植物。同植物はかなり環境変化に高いことで知られています。
原産地はメキシコで、葉の単細胞の分離が簡単なため実験生物として利用されることも多いそうです。
 
この実験がどうして重要なのかというと、宇宙で植物を育てることができれば食料の自給自足に大きな役目を果たしうるからです。
現在NASAは火星への有人探査ミッションを計画していますが、そこでも食料の確保は大きな課題の1つ。
しかし有機物を栄養として植物を育てることができれば、食料の再生産という可能性も開けます。
 
なお、ISSではこれまでもレタスなどの植物の栽培が行なわれてきました。昨年ISSに滞在していた油井宇宙飛行士はそのレタスを試食し、「うまい」との感想を残しています。
今回開花したヒャクニチソウも一応食べられるみたいですが…たぶんこっちは「宇宙に一つだけの花」として、食べられることなくISSクルーの目を楽しませてくれることでしょう。

引用元: 【宇宙開発】史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きました

史上初! 宇宙船に一つだけの花が咲きましたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/12/30(水) 21:38:57.33 ID:CAP_USER.net
オオキンケイギクに抗がん作用 岐阜大・纐纈教授発見 (岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00001260-gifuweb-l21

ダウンロード


 岐阜大工学部の纐纈守教授(54)=天然物化学=の研究グループが、例年5~7月に鮮やかな黄色に咲き誇るオオキンケイギクの花に抗がん作用のある有用物質が含まれていることを突き止めた。県内全域に生育域を拡大している特定外来生物で、纐纈教授は「有効利用により駆除に弾みが付けば」と話している。
 研究は2年前に着手。岐阜市や近郊でオオキンケイギクを採取し、花をアルコールに漬けて含有成分を抽出した。さまざまな成分を分離・精製したところフラボノイド系の化合物6種類を確認した。

 フラボノイドは黄色い色素として存在する天然の有機化合物で、薬理作用や健康増進効果が報告されている。オオキンケイギクの含有量は刺し身などを飾る食用のキクの約5~6倍、観賞用キクと比べても倍以上あった。
 実験では培養したヒトの白血病細胞に各化合物を投与し観察。うち「4―メトキシランセオレチン」を与えた細胞は2日後には約20%に急減した。市販抗がん薬と同等の強い効果で、DNA鎖を切断し細胞死に導いたと考えられるという。

 4―メトキシランセオレチンは他ではほとんど報告例のない化合物で、纐纈教授は「オオキンケイギクは希少なフラボノイドの供給源。安全性を確認し、効果を高めて薬にする可能性を見いだしたい。花以外の部位からも役立つ成分を探したい」と語った。
 纐纈教授によると、オオキンケイギクから抗がん作用を見いだした研究は、他に例がないという。研究は岐阜大が推進する地域貢献につながる研究プロジェクトに採択されており、学内の成果報告会で発表した。

【オオキンケイギク】 北米原産のキク科の多年草。日本には1880年代に観賞や緑化用で持ち込まれた。一度定着すると在来の野草を駆逐し、景観を一変させるとして外来生物法で栽培や運搬、販売が原則禁じられ、違反すると罰則もある。日本生態学会が生態系などへの影響が特に大きい生物100種を指定した「日本の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれている。

引用元: 【医学】オオキンケイギクに抗がん作用 岐阜大・纐纈教授発見

オオキンケイギクに抗がん作用 岐阜大・纐纈教授発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ジャストフェイスロック(三重県) 2013/08/28(水) 10:01:27.73 ID:Zy28OIV/0 BE:14499656-PLT(12001) ポイント特典

世界遺産の二条城(京都市中京区)で、唐門(重要文化財)にある、天皇家を表す菊の金具下から徳川家の葵の紋が見つかった。唐門は約1年半かかった修理を終え、元離宮二条城事務所は28日、一般公開した。

 徳川家の城だった二条城は1867年の大政奉還により、朝廷の管理下に入り、84年に天皇家の別荘「二条離宮」となった際に金具が付けられたとみられる。

 二条城では、葵紋が削り取られる一方、残されている所もあるといい、同事務所は「なぜこの部分は上から金具をかぶせたのか分からないが、江戸から明治への激動の歴史を刻む唐門をぜひ見てほしい」と話している。

 修理に伴い、唐門の屋根の軒下に12カ所ある菊の紋を調べたところ分かった。葵紋の直径は9センチで、中央部に金具を差し込む小さな穴が開けられ、ほぼ同じ大きさの菊の金具がかぶせられていた。
[ 2013年8月28日 09:18 ]

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/08/28/kiji/K20130828006500460.html
24344e2b.jpg

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/08/28/jpeg/G20130828006500450_view.jpg



二条城唐門、「葵」紋の上に「菊」の金具の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ