理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

著作権

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/27(水) 14:17:01.17 ID:CAP_USER*.net
知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は人工知能(AI)が制作した創作物を著作権保護の対象とするべきか検討作業に着手する。27日に開く「次世代知財システム検討委員会(中村伊知哉委員長=慶応義塾大学教授)」でAI研究者や法律家、出版社などの有識者が議論する。
2015年度内に方向性をまとめ、16年度に策定する知的財産推進計画に反映する。

論点はAIが人間と同レベルの品質で創作した場合、その創作物を制度上どう扱うか。 

続きはソースで

images (4)

http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00372439

引用元: 【AI】人工知能による創作物の著作権どうする? 政府・知財戦略本部で検討

人工知能による創作物の著作権どうする? 政府・知財戦略本部で検討の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/03(月) 23:56:45.59 ID:???.net
NASA(アメリカ航空宇宙局)が10月17日、公式SoundCloudページを開設。
アポロ計画に関連する音声データなどを公開した。

今回公開された音源のなかには、スペースシャトル打ち上げの際の音や、初めて人類を月面に到達させたアポロ11号のアームストロング船長が月に降り立ったときの言葉「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である(That's one small step for man, one giant leap for mankind.)」、人工衛星が捉えた惑星間のプラズマ音などが含まれる。

なおこれらの音声はSoundCloudページからmp3データがダウンロード可能。
NASAの音声ファイルはパブリックドメインのため、DTMに取り組んでいるアマチュアのミュージシャンやDJも無料で作品に使用できるただし、広告を含む商業目的で使用の場合、「NASAが推奨する商品である」などと記載することはできない。
詳細は下記NASAのSoundCloudページまで。
https://soundcloud.com/nasa

以下ソース
http://www.webdice.jp/topics/detail/4453/

引用元: 【技術】NASA月面着陸の歴史的音声著作権フリー公開 - TOPICS - webDICE

NASA月面着陸の歴史的音声著作権フリー公開の続きを読む

このページのトップヘ