理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

血栓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/07/29(金) 12:25:17.54 ID:CAP_USER
【プレスリリース】世界初!長時間のテレビ視聴が肺塞栓症死亡リスクの増加と関連することを解明 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/48752
https://research-er.jp/img/article/20160727/20160727154938.png


本研究成果のポイント

•1日に5時間以上テレビを視聴する人は、肺の血管に血栓がつまる肺塞栓症で死亡する確率が高いことを解明
•これまで、長時間のテレビ視聴と肺塞栓症で死亡することの因果関係とリスクを定量的に評価した研究はなかった
•長時間のテレビ視聴時には、1時間に1回程度立ち上がったりフットマッサージすることで、肺塞栓症を予防し肺塞栓症死亡リスクを低下させることが期待できる


リリース概要

大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座(公衆衛生学)の磯博康教授らの研究グループは、長時間のテレビ視聴が肺塞栓症の死亡リスクの上昇と関連することを世界で初めて明らかにしました。

これまで長時間のテレビ視聴後に肺塞栓症を発症した例はいくつか報告されていますが、社会の集団の中でこの関連を定量的に調査した研究はありませんでした。

今回、磯博康教授らの研究グループは、JACC研究(Japan Collaborative Cohort Study)>>1 の対象者のうちおよそ8万6千人を20年間追跡調査したデータを解析することでこの関連を示しました(図)。このことから、長時間のテレビ視聴時に1時間に1回程度立ち上がったりフットマッサージするように注意喚起することで、肺塞栓症の予防に繋がり、肺塞栓症死亡の低下が期待されます。

本研究成果は、米国心臓病学会の学術雑誌「Circulation」に、7月27日(水)に公開されました。

続きはソースで

ダウンロード (4)
 

引用元: 【統計】世界初!長時間のテレビ視聴が肺塞栓症死亡リスクの増加と関連することを解明 [無断転載禁止]©2ch.net

世界初!長時間のテレビ視聴が肺塞栓症死亡リスクの増加と関連することを解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/04/19(火) 19:45:01.15 ID:CAP_USER*.net
http://this.kiji.is/95098704685221365?c=39546741839462401
2016/4/19 19:08

 熊本、大分両県で相次ぐ地震で、厚生労働省は19日、エコノミークラス症候群の予防のため「足の指でグーをつくる」「足首を回す」といった運動や、水分補給をするよう被災者に呼び掛けた。注意をまとめたチラシを避難所に配布し、ホームページにQ&Aなどの情報を掲載した。

 予防のための運動として(1)足の指でグーをつくる(2)足の指を開く(3)つま先を地面に付け、かかとを上下に動かす(4)つま先を引き上げる(5)ひざを両手で抱え、力を抜いて足首を回す(6)ふくらはぎを軽くもむ―を紹介している。

続きはソースで

images

引用元: 【健康】「足の指でグー」運動で予防を エコノミー症候群で厚労省

「足の指でグー」運動で予防を エコノミー症候群で厚労省の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/12/24(木) 21:55:04.67 ID:CAP_USER.net
浜松ホトニクスが血栓をレーザー光で溶解する技術を開発 (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00010002-newswitch-sctch

images (1)


来春治験、5年後実用化目指す

 浜松ホトニクスは、脳梗塞などの原因となる血栓をレーザー光で溶解する技術「レーザー血栓溶解治療システム」を開発した。従来の薬剤などを使う方法と比べ、出血などの副作用リスクが低い。浜松医科大学などと共同で早ければ来春にも治験を開始し、5年後の実用化を目指す。

 レーザーによる血栓溶解技術が実用化されれば世界初という。同システムは光ファイバーが入ったカテーテルを患者の大腿(だいたい)部の血管から挿入。体内を経由して目的の血栓まで移動し、レーザー光を照射する。

引用元: 【医療技術】浜松ホトニクスが血栓をレーザー光で溶解する技術を開発 来春治験、5年後実用化目指す

浜松ホトニクスが血栓をレーザー光で溶解する技術を開発 来春治験、5年後実用化目指すの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/16(木) 17:57:08.78 ID:???.net
小腸障害に胃潰瘍薬が有効=臨床応用に期待―大阪市立大など (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000008-jij-sctch

00 (2)


 血栓症の予防薬アスピリンを服用すると起きる小腸の潰瘍やただれなどの治療には、市販の胃潰瘍治療薬レバミピドが有効だと、大阪市立大の渡辺俊雄准教授らの研究グループが発表した。
論文は16日付の米科学誌プロスワンに掲載された。

 渡辺准教授は「薬剤による小腸障害の治療法はなかったが、レバミピドは安全性が確立されており、早期の臨床応用が期待できる」と話している。
 渡辺准教授によると、アスピリンは心筋梗塞や脳梗塞患者の血栓予防薬として国内で毎年450万人前後が服用している。半数以上でただれや潰瘍、出血などが起きるが治療法はなく、服用を
止めれば血栓症のリスクが高まることが問題となっていた。

 研究グループは、アスピリンを服用し小腸の潰瘍などが3カ所以上ある患者43人を2グループに分け、一方にレバミピドを、もう一方に偽物の薬を投与。8週間後、偽薬を投与したグループの完治は
7.7%だったが、レバミピドのグループは32%で、完治しない患者も治療効果が認められたという。 


関連URL
薬剤性小腸傷害に胃潰瘍治療薬が有効 ~臨床への早期応用へ期待~ — 大阪市立大学
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/1l3gah

引用元: 【医学/統計】小腸障害に胃潰瘍薬「レバミピド」が有効=臨床応用に期待―大阪市立大など

小腸障害に胃潰瘍薬「レバミピド」が有効=臨床応用に期待―大阪市立大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/04/04(土) 01:41:04.16 ID:???.net
掲載日:2015年4月3日
http://www.zaikei.co.jp/article/20150403/243636.html

no title


 新潟大学の研究者グループは、脳梗塞治療で最も有効とされる血栓溶解療法の弱点である合併症(脳出血・脳浮腫)を引き起こすタンパク質を特定し、弱点を克服する新たな治療法を世界に先駆けて開発した。今後、これまで短かった脳梗塞の治療可能時間が大幅に延長される可能性があるという。
研究成果はBrain 誌(Brain:A Jornal of Neurology, 5YEAR IMPACT FACTOR 10.846)に掲載される。

 脳の血管が詰まることで発症する脳梗塞は、近年増加し、後遺症に苦しむ患者も多く、治療にかかる医療費は増加の一途をたどっている。そうした中、脳梗塞治療において最も有効な治療法に「組織プラスミノゲン・アクチベーター(tPA)」を用いた血栓溶解療法がある。

 しかしこの治療法は、治療可能時間が4.5時間以内と極めて短く、脳梗塞患者の5%未満しかその治療の恩恵を受けられていない。その理由は、発症後に時間が経過すると、脳の神経細胞だけでなく、血管にも障害が起こり、脳出血や脳浮腫(脳のむくみ)を生じやすくなるためだ。

続きはソースで

(町田光)

<画像>
プログラニュリンを活用することの効果を示すイメージ図(新潟大の発表資料より)
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015040303011740big.jpg

<参照>
脳梗塞に対する画期的治療薬を発見!(PDF)
http://www.niigata-u.ac.jp/research/study/270402.pdf

Multiple therapeutic effects of progranulin on experimental acute ischaemic stroke | Brain
http://brain.oxfordjournals.org/content/early/2015/04/01/brain.awv079

引用元: 【医学】新潟大、脳梗塞に対する画期的な治療薬を発見

新潟大、脳梗塞に対する画期的な治療薬を発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/19(木) 08:42:58.29 ID:???i

 避妊や月経痛の治療に使われるピルを飲み、血の固まりができる血栓症の副作用で2004年~13年の間に11人が死亡していたことを厚生労働省が明らかにした。

 特に今年、2人が死亡したことを受けて日本産科婦人科学会は注意を呼びかけた。

 日本家族計画協会専務理事の北村邦夫医師(産婦人科)は「ピルを服用しており、血栓症の兆候となる頭や胸、腹、ふくらはぎの痛みなどが起きたら主治医に相談してほしい」と話している。

7

(2013年12月18日 読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89932



【医療】ピル副作用で血栓症、04年から11人死亡の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ