理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

血漿

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/10/02(火) 13:46:25.98 ID:CAP_USER
人間は古来から若返りや不老不死に強く執着しており、そのための方法の一つとして「若者の血を飲む」といったものも存在し、実際に「若い血を体内に取り入れると自然治癒力が向上する」といった研究結果も発表されています。そんな「若者の血を使った若返りビジネス」を展開する人物が、ニューヨークに「若返りクリニック」を開設すると話題になっています。

The 'blood boy' clinic is coming to NYC so rich people can live forever

https://mashable.com/article/blood-boy-clinic-nyc-parabiosis/#yl_ux8laxmqE

Controversial Blood Transfusion Startup to Open its First Clinic

https://edgylabs.com/controversial-blood-transfusion-startup-is-opening-its-first-clinic

若返りビジネスに目を付けたのは、スタンフォード大学医学部で医学を学んでいたジェシー・カーマジン氏。「若いマウスの血液をもらった高齢のマウスが健康を取り戻した」という実験結果を知ったカーマジン氏は、ギリシア神話に登場する不死を手に入れられる神々の食物を意味する「アムブロシアー」から名前を取った、「Ambrosia」というスタートアップを設立しました。

カーマジン氏はマウスの実験結果から、「人間の場合であっても、若者の健康な血を高齢者に輸血することで若返り効果が得られるのではないか」と考えているとのこと。Ambrosiaでは、16歳から25歳までの若年層から血液を採取し、35歳以上の被験者に2日をかけて1.5リットルもの血漿(けっしょう)成分を輸血するとしています。

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2018/09/28/blood-boy-clinic-coming-newyork/00_m.jpg

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180928-blood-boy-clinic-coming-newyork/
ダウンロード


引用元: 【話題】「若者の血」を輸血して若返るためのクリニックがニューヨークに開設予定[09/02]

「若者の血」を輸血して若返るためのクリニックがニューヨークに開設予定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/06/24(日) 14:25:37.76 ID:CAP_USER
 日本人の転移を有する大腸癌(mCRC)患者において、BEAMing技術で血漿中の循環腫瘍DNA(ctDNA)を調べRAS遺伝子変異の有無を評価する「OncoBEAM RAS CRC kit」を用いたところ、組織を用いた検査結果と高い一致率を示すことが多施設前向き臨床評価研究の結果示された。

続きはソースで

http://medical.nikkeibp.co.jp/all/thumb_l/556661_l.png

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201806/556661.html
ダウンロード (2)


引用元: 【医学】日本人大腸癌のctDNAでのRAS遺伝子変異検査は組織検体と高い一致率、肺転移のみの患者は一致率が低い

日本人大腸癌のctDNAでのRAS遺伝子変異検査は組織検体と高い一致率、肺転移のみの患者は一致率が低いの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/09/13(土) 10:39:32.25 ID:???0.net
AFP=時事】世界保健機関(World Health Organization、WHO)は12日、
西アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱の死者が2400人を超えたと発表した。

 スイス・ジュネーブ(Geneva)で記者会見したWHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は、大きな被害が出ているギニア、リベリア、シエラレオネの3か国では「死者数が対応能力を上回る勢いで増加している」と指摘し、エボラウイルスの広がりに対して国際社会は対応の強化と迅速化が求められていると述べた。

 WHOによると、12日現在でエボラウイルスの感染者は4784人、うち2400人以上が死亡した。
この数字にナイジェリアでの発症21 人、死亡8人が含まれているかどうかは記者会見では明らかにされなかった。

 セネガル国内でもギニア人学生1人がエボラ熱にかかったことが確認されたが、この人物はすでに回復している。
セネガルでそれ以外の発症者が出ていないことを歓迎しつつもWHOは、今後もセネガルがエボラ流行の「高リスク」国であることに変わりはないとして注意を呼びかけた。

■回復した人の血漿輸血で抗体増加

 エボラ出血熱の治療法は確立されていないが、WHOは患者の抗体を増やす上でエボラ出血熱から回復した人の血液の患者への輸血が有益な可能性があるとの見解を明らかにした。
病院関係者は12日、リベリアでエボラウイルスに感染し、現在は米ネブラスカ(Nebraska)州で治療を受けている米国人医師のリック・サクラ(Rick Sacra)氏(51)は、ある実験薬を投与されるとともに、エボラ出血熱から回復した別の米国人医師ケント・ブラントリー(Kent Brantly)氏の血漿(けっしょう)を輸血されていることを明らかにした。深刻な状態だったサクラ氏の容体は回復してきているという。

■キューバが最大の医療団を派遣

 一方、キューバのロベルト・モラレス・オヘダ(Roberto Morales Ojeda)保健相はジュネーブでの記者会見で、エボラ熱で500人を超える死者が出ているシエラレオネに医師62人、看護師103人を派遣すると発表した。キューバの医療チームは西アフリカに6か月間留まるという。

 参加者全員が「これまでに各種の惨事の対処に参加した経験があり」、全員が派遣に志願したという。キューバには世界的に評価が高い医療従事者を世界各地の被災地などに派遣する伝統があり、今回のエボラ流行で外国から派遣される医療チームとしては最大になる。

 実験的な治療を通じていずれはエボラ出血熱の治療法が確立されるのではないかとの希望が出ているが、WHOのチャン事務局長は、「今われわれが一番必要としているのは(現場の)要員なのです」と強調して、キューバ政府の発表を歓迎した。

 WHOは、西アフリカ全体でのエボラ禍の拡大を阻止するには、さらに外国人保健衛生専門家500人と現地の医師と看護師1000人が必要だと推定している。


http://news.livedoor.com/article/detail/9249673/
エボラ熱死者2400人突破、キューバは最大の医療団を派遣

引用元: 【医療】エボラ出血熱から回復した人の血液輸血で患者の容体が回復傾向に

【スゴイ!】エボラから回復した人の血液輸血で患者の容体が回復傾向にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ