理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

血管

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/14(日) 00:01:07.12 ID:???.net
血管使いヒト軟骨の効率的再生に成功
掲載日:2014年9月10日

ヒトの耳介の裏側よりほんのわずか採取した軟骨前駆細胞と、胎児のへその緒からとった血管内皮細胞を一緒に培養して、ヒト軟骨を効率よく再生する手法を、横浜市立大大学大学院医学研究科の武部貴則准教授と谷口英樹教授、神奈川県立こども医療センター形成外科の小林眞司部長らが開発した。
従来全く着目されていなかったアイデアで軟骨の再生医療に新しい可能性を開いた。
9月9日付の米科学誌The Journal of Clinical Investigationオンライン版に発表した。

研究グループはまず、成体では血管や神経のない単純な組織の軟骨も、発生や再生の初期段階では血管が一時的に存在することを見いだした。
この発見をヒントに、軟骨前駆細胞は血管の存在によって、増殖や分化が促進されると推定した。
実際に、ヒト軟骨前駆細胞と、へその緒から分離した血管内皮細胞を混ぜて培養する方法を試みて、2日間で血管様構造を有する直径3ミリの立体組織を自律的に誘導するのに成功した。
これで、革新的な三次元共培養法を確立した。
< 引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください >
__________

▽記事引用元
http://scienceportal.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/09/20140910_01.html
Science Portal(http://scienceportal.jp/)掲載日:2014年9月10日

▽関連リンク
横浜市立大学
臓器再生医学 武部貴則准教授らの研究グループが、 軟骨再生の意外なメカニズムを発見! ~再生医療応用へ光~
http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/res/takebe_20140910.html

The Journal of Clinical Investigation
Transient vascularization of transplanted human adult?derived progenitors promotes self-organizing cartilage
http://www.jci.org/articles/view/76443

引用元: 【再生】血管使いヒト軟骨の効率的再生に成功/横浜市立大など

血管使いヒト軟骨の効率的再生に成功/横浜市立大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/22(水) 23:20:48.30 ID:???.net
京大、iPSから心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製


人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、心筋や血管など数種類の細胞でできた複雑な心臓組織シートを作ることに京都大の山下潤教授のチームが成功し、22日付の英科学誌電子版に発表した。

チームによると、iPS細胞を、血管の細胞を含む実物に近い構造の心臓組織に一体的に変化させ、シートにしたのは世界初。心臓病患者に移植する再生医療につなげたいとしており、心筋梗塞のラットで機能の回復を確認した。

チームは、血管の成長に関わるタンパク質「VEGF」に着目。
これまでと違い段階的に投与。
するとiPS細胞が心筋細胞のほか、血管内皮と血管壁の細胞に同時に変化した。

2014/10/22 18:20 【共同通信】
___________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102201001500.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/10/22 18:20配信記事

▽関連リンク
Scientific Reports 4, Article number: 6716 doi:10.1038/srep06716
Received 18 March 2014 Accepted 03 October 2014 Published 22 October 2014
Human iPS cell-engineered cardiac tissue sheets with cardiomyocytes and vascular cells for cardiac regeneration
http://www.nature.com/srep/2014/141022/srep06716/full/srep06716.html

引用元: 【再生医療】iPS細胞から心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製/京都大

iPS細胞から心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製/京都大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/21(木) 13:24:26.93 ID:???0.net
東北大、超音波に血管新生作用と発表-狭心症の新たな治療法として期待
【マイナビニュース】[2014/08/21]

東北大学は8月21日、ある特殊な条件の超音波に血管新生作用があることを発見し、この研究成果をもとに
狭心症患者を対象とした超音波治療の治験を開始したと発表した。

今回の研究成果は東北大学大学院医学系研究科循環器内科分野の下川宏明教授(東北大学病院臨床研究推進センターセンター長)、同大学院工学研究科の金井浩教授、同長谷川英之准教授らと日立アロカメディカルの研究グループによるもので、米科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

狭心症は心臓の筋肉に血液を送る冠動脈の異常によって引き起こされる心臓疾患。標準的な治療方法は生活習慣の改善を基本とし、薬物治療、カテーテル治療、冠動脈バイパス手術の3つがある。しかし、日本では人口の高齢化や食生活の変化にともない、これらの治療法では十分な効果が得られない重症例が増加しており、新たな治療法の開発が期待されている。

下川教授らは約15年前から血管新生を誘導する低出力体外衝撃波治療の開発・臨床応用を進めており、2010年に厚生労働省から先進医療として承認を得ていた。しかし、衝撃波は空気の層では膨張するため、空気で満たされた肺に当たらないように注意して操作する必要があるなどの問題があった。

そこで同研究グループは、40年以上前からエコー検査で使用され、安全性が確立されている超音波にも血管新生作用がないか調べたという。

実験ではまず、超音波をヒト由来の培養血管内皮細胞に様々な照射条件で当て、血管新生に最適な照射条件を特定。さらに、この照射条件の超音波を、虚血性心疾患モデル動物(ブタ)に照射したところ、毛細血管数が増加して、心筋の血流や収縮力が改善することが確認されたとのこと。また、この超音波治療の効果は前述の低出力衝撃波治療とほぼ同程度だった。

同研究チームは2013年度より重度の狭心症患者を対象に全国8カ所で治験を実施しており、患者への負担が少ないことや他の虚血性疾患への応用が期待されることなど、同治療法の有効性を示すことを目指している。

ソース: http://news.mynavi.jp/news/2014/08/21/113/
画像: http://news.mynavi.jp/news/2014/08/21/113/images/001l.jpg

関連ソース:
東北大、超音波で毛細血管形成 狭心症治療目指す | 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082001001643.html
狭心症に超音波 治験開始 | 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20140820-OYTNT50347.html

引用元: 【医療】東北大、超音波に血管新生作用と発表...狭心症の新たな治療法として期待 [14/08/21]

【マジ!?】超音波に血管新生作用と発表...狭心症の新たな治療法として期待の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 22:01:39.07 ID:???0.net

虫歯治療の落とし穴!「神経を抜く」と5年後に歯を失う恐れも
http://www.news-postseven.com/archives/20140531_259092.html

仕事に趣味に子育てにと毎日忙しくしているうちに、虫歯の治療を後回しにしていませんか?
 神経を取らなければいけないほど虫歯を悪化させてしまうと、大げさな言い方をすれば、その歯は“終わり”になるみたいです。
そこで今回は、富山県小矢部市で歯科クリニックを開業している歯周病専門医、渡辺智良先生に、歯の神経を抜くリスクをうかがってきました。

■神経を抜くと、のちに歯を失う確率が高くなる
“歯の神経を抜く”という言葉は、歯に詳しくない一般の人でもよく耳にするはずです。
ただ、渡辺先生によると、“歯の神経を抜く=歯の血管を抜く”作業でもあるそうで、血管を抜くと歯には血流が無くなり、虫歯菌を◯す白血球や栄養素の供給も止まってしまうそうなのです。
歯の根の先に膿が出たり、虫歯が再発したり、歯が真っ二つに割れてしまったりするなどトラブルも続出するようで、結局神経を抜いた歯の“生存率”は5年から30年に縮まってしまうそうなのです。
20歳で神経を取れば、最悪の場合25歳で自分の歯を失ってしまう計算になるということです。

続きはソースで

引用元: 【医療】虫歯治療の落とし穴!「神経を抜く」と5年後に歯を失う恐れも


【悲報】歯の神経を抜くと歯を失うリスクが高まる!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 06:47:54.04 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)

乳幼児に血管の炎症を引き起こす「川崎病」は、日本の場合、中国北東部から気流に乗って運ばれてくる菌類が原因の可能性があるとの報告を、米国やスペインの研究機関、自治医大(栃木県)などの国際チームが19日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO71466890Z10C14A5CR8000/


引用元: 【社会】川崎病、中国から原因菌か…国際チームが気流を解析


川崎病、中国から原因菌か…国際チームが気流を解析の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 21:12:14.60 ID:???.net

肺高血圧に血管広げる治療有効 国立循環器病センターが発表

国立循環器病研究センター(大阪府)は1日、息が苦しくなったり胸が痛くなったりする肺の難病「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」に、風船状の器具を入れて肺の血管を広げる治療が有効との研究結果を発表した。
手術ができず治療法がない患者が対象。

▲引用ここまで-------------------------

▽記事引用元 47NEWS 2014/05/01 19:22 【共同通信】配信記事
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050101001659.html

▽関連リンク
国立循環器病センター
手術適応外の慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術に右心室機能改善効果
http://www.ncvc.go.jp/pr/release/006442.html


引用元: 【医療】肺の難病「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」に血管広げる治療有効/国立循環器病センター


肺の難病「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」に血管広げる治療有効/国立循環器病センターの続きを読む

このページのトップヘ