理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

行政

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/05/30(火) 22:21:58.13 ID:CAP_USER9
処方箋ない薬販売 苦慮 保健所「違法ではないけど…」
2017/5/30 20:59日本経済新聞 電子版

 通常、医師の診察を受けて処方箋をもらわないと購入できない医療用医薬品を処方箋なしでも販売する薬局が登場している。
法令上、やむを得ない場合の販売は違法ではないが・・・

続きはソースで

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H6O_Q7A530C1CC1000/?dg=1&nf=1
ダウンロード (2)


引用元: 医師の処方箋が必要な薬を無しでも販売する薬局が登場…やむを得ない場合の販売は違法でなく行政も対応に苦慮 [無断転載禁止]©2ch.net

医師の処方箋が必要な薬を無しでも販売する薬局が登場…やむを得ない場合の販売は違法でなく行政も対応に苦慮の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/02(月) 16:23:25.73 ID:CAP_USER
時事通信 1/2(月) 15:48配信
 人工知能(AI)を駆使して、閣僚らの国会答弁の下書きを作成することができるのか、経済産業省がこんな実験を近く始める。

 過去5年分の国会会議録をAIに学習させ、政策課題や論点をまとめさせることを想定。行政機関でのAI普及につなげる考えだ。

 経産省はAIやモノのインターネット(IoT)技術を活用する「第4次産業革命」の旗振り役でもあり、自ら率先してAIを活用。
作業効率向上に取り組む。国会答弁づくりは、前日の深夜や当日の未明までかかることも少なくない。
経産省の取り組みが長時間労働の是正に役立つか、霞が関かいわいで注目を集めている。

 経産省は2月までに実験用のシステムを構築。例えば「省エネルギー政策を推進すべきか」という質問を入力すると、AIが過去に行われた関連質疑から政策のポイント、課題、論点などを整理して提示する仕組みを想定。
この下書き資料を基に、職員が国会答弁や政策資料を作成できるかどうか検証する。

 3月末まで実験を重ねた後、実際に導入するための課題などを検討する。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000025-jij-pol
最終更新: 1/2(月) 15:54
ダウンロード


引用元: 【AI】国会答弁、AIが下書き=経産省が実験へ[01/02] [無断転載禁止]©2ch.net

国会答弁、AIが下書き=経産省が実験への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/08(金) 04:42:51.13 ID:CAP_USER9
 ようやく水素水ブームに行政が待ったをかけるようになり、少しは沈静化の兆しを見せ始めています。
 この手のビジネスは、急激に盛り上がっては急に鳴りを潜めるというパターンが多いものです。低周波ダイエット器具などは最たる例で、実際にブームに乗ってしまった方もいらっしゃるでしょう。
しかし今回の水素ブームは、あまりに性急な展開だったので、事の次第をきちんと把握できていない人も多いかと思います。
 そこで今回は、水素水を導入として、ついでに化学の基礎の復習もしたいと思います。今回のブームだけでなく、ほかのインチキ商売に惑わされなくなるためにも、再確認をしていきましょう。
水素水って何?

 水素水は、水素が溶けていると“自称する”水や、水を電気分解することで水素と水素ラジカルを含んだ弱いアルカリ性の水などが売られています。「水道水から水素水をつくる」と謳っている商品の大半は後者の電気分解水です。
 この電気分解による水素水がまったくの“ニセ科学”なのかと問われると、そうでもありません。真面目に研究されている部分もあり、一部の情報には信憑性が高いものも含まれています。
ただ多くは、まだ試験管レベルのもので、人間に対して「アトピーが治った」「アンチエイジング効果が確認できた」といった研究発表はないようです。
一部では動物実験で優位な効果も出ており、それを悪質業者が誇大して広告に利用しているという感があります。
 つまり、まだ研究途上であって、「有意に大きな効果があるかもしれない研究テーマ」という段階です。
そんな研究が完全に覆い隠されるくらいにインチキ商品があふれかえっており、市場に出回っている商品の大半はなんの効果も期待できない状況ですが、安易に水素水のすべてを否定することはできません。
 水素自体がなんの根拠もなく、ゲルマニウムのように「まったく無意味」と一刀両断できればスッキリするのですが、実際にきちんと研究している人もいるという点が悪質業者をはびこらせる原因になっているといえます。
 そのため、「良い効果が出る可能性があって、特に体に悪くないのであれば飲んでおいても損はしない」と判断し、ブームに乗ってなんとなく買ってしまう人がいるのも仕方ないかもしれません。
 しかし、町にあふれる水素関連商品は、うっかりすると死亡事故まで起こしかねない危険なものまで販売されており、見過ごすにはあまりに危険な存在なのです。

 しかも、零細のいかにもあやしい業者が細々と販売しているならまだしも、名だたる大企業が大手を振って水素水ビジネスに参入して、さも健康に良いかのように吹聴し、それを真に受けて喜んで買い求める人が多数いる現状を見ると、科学立国どころか理科の初等教育からの完全なる失敗を国全体で現すような醜態であると残念に感じます。

続きはソースで

images

(文=へるどくたークラレ/サイエンスライター)

引用元: 水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延…死の危険も 水素は水にほとんど溶けず [無断転載禁止]©2ch.net

水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延…死の危険も 水素は水にほとんど溶けずの続きを読む

このページのトップヘ