理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

衛生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/15(金) 21:17:12.68 ID:CAP_USER.net
衛星「ひとみ」誤作動で機体回転 2物体は大気圏突入へ
共同通信47NEWS 2016/4/15 19:28
http://this.kiji.is/93654251706368002

軌道上でトラブルが起きたエックス線天文衛星「ひとみ」について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、試験観測中の3月26日に機体の姿勢を変更した後、実際には機体が回転していないにもかかわらず回転していると姿勢制御系装置が判断して、機体を回転させる誤作動を起こしたことが原因と発表した。

続きはソースで

ダウンロード

▽関連
JAXA
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の状況について(4月15日更新)
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/7243.html
http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/detail/7380.html
http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/files/20160415_hitomi.pdf


引用元: 【宇宙開発】エックス線天文衛星「ひとみ」誤作動で機体回転 2物体は大気圏突入へ/JAXA[04/15]

エックス線天文衛星「ひとみ」誤作動で機体回転 2物体は大気圏突入へ/JAXAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/08(金) 22:18:04.77 ID:CAP_USER.net
蚊の駆除、廃タイヤで産卵器を製作 従来型の7倍の効果 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000011-jij_afp-int


【AFP=時事】廃タイヤで安価な蚊の産卵器を作る方法を開発したとの研究結果が7日、発表された。ジカウイルスを媒介する蚊の卵を大量に処分することが可能だという。

チリで初、性交渉によるジカウイルス感染者が発生

「オビジャンタ(ovillanta)」と呼ばれるこの産卵器は、切ったタイヤとネッタイシマカ(学名:Aedes aegypti)をおびき寄せる溶液で構成される。ネッタイシマカはチクングニア熱、デング熱、ジカ熱などを媒介する。

 このタイヤ産卵器に入れた木片や紙片に雌の蚊が卵を産み付ける。週に1度木片や紙片を取り出して産み付けられた卵を焼却したりエタノールを使ったりして処分する。

 オビジャンタは、虫除け網や空調設備がほとんどない場所で暮らす人々がジカウイルスを拡散する種類の蚊との接触を減らす一助となる可能性があると、保健衛生専門家らは期待している。ジカウイルスはブラジルでの出生異常の急増との関連が指摘されている。

 カナダ・オンタリオ(Ontario)州のローレンシャン大学(Laurentian University)のジェラルド・ユリバリ(Gerardo Ulibarri)氏は「廃タイヤを使ったのは3つの理由がある。1つ目はネッタイシマカの産卵場所の最大29%をタイヤが占めているから。2つ目は廃タイヤは物資が少ない地域でも一般的に安価で手に入るから。そして3つ目は廃タイヤに新たな用途ができれば地域環境の浄化につながるからだ」と説明した。


■効果は従来型の約7倍

 研究チームは、中米グアテマラのサヤシチェ(Sayaxche)で10か月間にわたり、オビジャンタの試験を実施した。

 研究チームは論文で「7か所で84のオビジャンタを使用し、1か月当たり1万8100個超のネッタイシマカの卵を収集・処分した」と述べた。これは「同じ地区で(1リットルのバケツで作られる)標準的なわな84台を使用して収集できる卵の数は1か月当たり約2700個なので、その7倍近い数」だった。

 また、オビジャンタは他の方法に比べてはるかに安価で、成虫の蚊を◯虫剤で駆除する費用の2割程度のコストしかかからないと、研究チームは指摘している。

 ユリバリ氏は、メキシコ国立公衆衛生研究所(National Institute of Public Health of Mexico)のアンヘル・ベタンソス(Angel Betanzos)氏とミレーヤ・ベタンソス(Mireya Betanzos)氏、およびグアテマラの保健省と共同で今回の研究を行った。今回のプロジェクトは、カナダ政府から資金供与を受けた。

 蚊をおびき寄せるために使われる溶液はローレンシャン大が開発した。研究チームはオビジャンタの製作過程を解説した動画(bit.ly/1S3YFjH)も公開した。【翻訳編集】 AFPBB News

ダウンロード
 

引用元: 【防疫学】蚊の駆除、廃タイヤで産卵器を製作 従来型の7倍の効果

蚊の駆除、廃タイヤで産卵器を製作 従来型の7倍の効果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/01(金) 22:25:10.75 ID:CAP_USER*.net
中国上海市の衛生当局は1日、同市の男性(59)が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことが確認されたと発表した。現在、治療を受けている。

続きはソースで

ダウンロード (1)


(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160101/wor1601010031-n1.html

引用元: 【鳥インフル】上海で感染確認 人への感染リスク高まる

【鳥インフル】上海で感染確認 人への感染リスク高まるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/06(金) 12:12:50.51 ID:???*.net
人間の排せつ物で発電、途上国の衛生改善も 国連

【11月5日 AFP】人間の排せつ物を腐敗させて生産されるガスは、主要なエネルギー源になる可能性があり、発展途上国の数百万世帯に電力を供給できるだけでなく、衛生状態の改善にもつながるとする国連(UN)の報告書が3日、発表された。

 成分の約60%がメタンのバイオガスは、人間の排せつ物を細菌に分解させることで生産できる。国連大学の水・環境・保健研究所(Institute for Water, Environment andHealth)によると、その価値は、非再生エネルギーの天然ガス95億ドル(約1兆1500億円)分に相当するとみられるという。

 報告書によると、排せつ物の処理で発生する残留物から、世界で年間200万トンの「固形」燃料を生産できるため、木炭の使用量や伐採される樹木の数を減らすことができるなど、地球温暖化を抑制する助けにもなるという。

 トイレを使用できず、野外で用を足すことを余儀なくされている人は現在、世界で10億人近くに上り、うち約6割はインド国民が占めている。

続きはソースで

images

(c)AFP

AFPBB NEWS 2015年11月06日 12:00
http://www.afpbb.com/articles/-/3065496

引用元: 【資源】人間の排せつ物で発電、途上国の衛生改善も 国連報告書[11/06]

人間の排せつ物で発電、途上国の衛生改善も 国連報告書の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/05(水) 23:44:37.12 ID:???*.net
子どもの好き嫌い、うつや神経症と関連か 米研究

【8月5日 AFP】子どもの食べ物の好き嫌いは、単なる一時的なものではなく、うつ病や不安神経症などの潜在的懸念に関する警告の合図である可能性があるとの研究結果が3日、発表された。

米デューク大学医学部などの研究チームが米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に発表した論文によると、2~6歳の子どもの2割強に偏食がみられるという。このうちの約18%は中度の偏食、残る2%強は極度の偏食に分類された。

食べ物に対して中度または極度の好き嫌いを示すこれらの子どものグループでは、臨床的うつ病や不安神経症などの精神衛生問題の発生率が高いことを研究チームは発見した。

論文によると、偏食は栄養不良や家庭争議の原因となる可能性があるため、親や医療スタッフが、潜在する感情的問題のリスクを注視することが重要になると思われるという。

続きはソースで

images (5)


(c)AFP

AFPBB News 2015年08月05日 11:47 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3056495

引用元: 【科学】子どもの好き嫌い、うつや神経症と関連か―米研究

子どもの好き嫌い、うつや神経症と関連か―米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/30(木) 09:14:37.58 ID:???*.net
2015年7月30日

ダウンロード (1)


【ニューヨーク共同】国連経済社会局は29日、世界人口が現在(2015年)の73億人から50年に97億人に増え、2100年には112億人に達するとの予測を発表した。
22年までにインドが中国を抜き1位となり、日本は現在の11位(1億2700万人)から徐々に順位を下げ、2100年には8300万人で30位になるとした。

人口が急増するアフリカ、アジア、中南米で子どもや若者の人口比率が高まり、労働人口も増えるため「より明るい未来」を築けるだろうと指摘。
今後、最貧国での保健衛生、教育や労働環境整備が重要だとした。

http://www.daily.co.jp/society/main/2015/07/30/0008256740.shtml

引用元: 【国際】世界人口、今世紀中に100億人突破 国連「労働人口が増えるので明るい未来が築けるだろう」

世界人口、今世紀中に100億人突破 国連「労働人口が増えるので明るい未来が築けるだろう」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ