1: 2017/05/26(金) 15:56:47.86 ID:CAP_USER9
岡山大は、ちぎれた臓器など、生きた組織をくっつける新たな接着剤を開発した。
体に優しく、接着力も強く、すぐくっつき、剥がすのも容易。
利点の多い新素材に、研究チームは医用以外にも広く使える「夢の生体接着剤」へつなげたいと期待している。

組織接着剤は、主に手術時に切断面の止血や縫い合わせた傷の補修などに使う。
現在、血に含まれるたんぱく質を利用したフィブリン系接着剤が市販されているが、接着力があまり強くないという弱点がある。

岡山大歯学部の松本卓也教授(生体材料学)らは、骨や歯の主成分で、医用品や歯磨き剤、健康食品などに使われている「ハイドロキシアパタイト(HAp)」に着目した。
HApはたんぱく質などを吸着する性質を持つ。

続きはソースで

写真:「夢の接着剤」でくっつけたマウスの腎臓=岡山大提供
http://i.imgur.com/SoeTSjs.gif
http://i.imgur.com/ea1rIIB.gif
http://i.imgur.com/CiAVnPH.gif
http://i.imgur.com/f5DkJgB.gif

http://www.asahi.com/articles/ASK5J2HK7K5JPPZB001.html?iref=comtop_list_sci_n03
ダウンロード


引用元: 【医療】ちぎれた臓器ピタッ 「夢の生体接着剤」 岡山大が開発 [無断転載禁止]©2ch.net

ちぎれた臓器ピタッ 「夢の生体接着剤」 岡山大が開発の続きを読む