理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

解熱

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/09(月) 00:41:07.68 ID:CAP_USER
アスピリン再評価の流れが(写真は米国で販売されているアスピリン)
http://s.news.nifty.com/cms_image/snews/item/agingstyle-1090/thumb-agingstyle-1090-item.jpg

大腸がんや心疾患を予防するために、50代以上は解熱鎮痛剤の「アスピリン」を毎日服用すべき――そんな驚きの勧告を、米国予防医学専門委員会(USPSTF)が2016年4月12日発表した。

USPSTFは、米国の医療研究やサービスの品質評価を実施し、政府として「A」から「D」までの推奨グレードを作成する独立委員会。がん検診の有効性や、難病治療法の評価など、米国で提供される医療の方向性に大きな影響力を持つ。

今回、勧告の根拠となったのは、「心筋梗塞や脳卒中を発症していない状態で、低用量アスピリン(1日81~100ミリグラム)を継続して服用すると、その後の発症リスクが心筋梗塞で17%、脳卒中で14%低下する」、「10年以上の継続使用により、大腸癌のリスクが40%低下する」という、二つの最新研究結果。

この研究結果から、50~59歳の男女が10年間以上、大腸がんと心血管疾患予防薬として低用量アスピリンを毎日服用することが、「推奨グレードB(高い効果が期待できる)」であるとされている。

続きはソースで

ダウンロード


http://s.news.nifty.com/topics/detail/160508091894_1.htm

引用元: 【医療】大腸がん予防にアスピリンも [無断転載禁止]©2ch.net

大腸がん予防にアスピリンもの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/11/30(月) 06:40:49.95 ID:CAP_USER*.net
2015年11月30日 06時22分
 解熱鎮痛薬として知られる「アスピリン」の大腸がん予防効果を確かめる7000人規模の臨床試験を、国立がん研究センター(東京都)や大阪府立成人病センターなどのチームが始めた。

 数百人規模の研究ではすでに確認されている効果をさらに詳しく調べて予防法の確立を目指す。研究チームによると、別の病気の治療に使う薬でがんを予防する試みは初めて。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元:http://www.yomiuri.co.jp/science/20151129-OYT1T50116.html

引用元: 【医療】大腸がん、アスピリンで予防…検証へ臨床試験[読売新聞]

大腸がん、アスピリンで予防…検証へ臨床試験の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/04(木) 23:19:24.86 ID:???

大阪市大、薬による小腸損傷解明 治療に期待


痛み止めや解熱に服用するアスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の副作用で起きることがある小腸の損傷は、特定のタンパク質により引き起こされるとする研究成果を大阪市立大大学院医学研究科の渡辺俊雄准教授のチームが3日までにまとめた。

タンパク質は関節リウマチの発症や進行に関わるTNFα(アルファ)で、この働きを抑えることで、治療法開発につながると期待される。

チームは、NSAIDを長期服用しているリウマチ患者95人にカプセル内視鏡による小腸検査を実施。

2013/07/03 16:35 【共同通信】
___________

▽記事引用元 47NEWS 2013/07/03 16:35配信記事
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070301001486.html

カプセル内視鏡検査で見つかった重症化した小腸の潰瘍(矢印)の画像(大阪市立大大学院・渡辺俊雄准教授提供)
13

http://img.47news.jp/PN/201307/PN2013070301001522.-.-.CI0003.jpg

▽関連
大阪市立大学
薬剤性小腸傷害の原因を解明 ―治療法の開発に前進― 2013年05月29日掲載
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2013/nqzrg4



【医学】非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の副作用による小腸損傷解明 治療に期待/大阪市大の続きを読む

このページのトップヘ