理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

解読

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/17(木) 12:51:14.56 ID:???0

★米政府が暗号を解読、崩れるネットの安全性
2013/10/16

米政府などによるインターネット上の諜報活動が、当初報じられていたよりも深刻であることが明らかになった。
米国のインターネット通信の大半を傍受したり、暗号通信を解読するためにソフトウエアに情報収集用の裏口(バックドア)を仕掛けたりするなどしていた。政府主導のこうした諜報活動によって、通信の秘密だけでなく、インターネットの安全性さえも脅かされようとしている。

 一連の諜報活動は、米国家安全保障局(NSA)や米中央情報局(CIA)の職員だったエドワード・スノーデン氏が、英ガーディアン紙や米ニューヨーク・タイムズ紙などに提供した秘密資料によって明るみに出た。

 口火を切ったのは、2013年6月に報道された「PRISM」問題だ。NSAは、米マイクロソフトや米グーグルといった大手ネット事業者のサーバーから、電子メールなどの個人情報を入手する「PRISM」というプログラムを実施していた。
だが、これは氷山の一角に過ぎない。その後の報道によって、「Stellar Wind」「Xkeyscore」「Bullrun」といった他の諜報活動プログラムの存在も明らかになっていった(表)。

 特に深刻なのが、米英の両政府がインターネット上の暗号通信を解読していた「Bullrun」プログラムである。
スノーデン氏がガーディアンに提供した秘密文書によれば、NSAや英政府通信本部(GCHQ)はスーパーコンピュータを用いた総当たり型の暗号解読を行ったり、商用ソフトに設けたバックドアを使ったりして暗号通信を解読していたという。

 例えばNSAは、米国内外のITベンダーに働きかけたり、公開鍵暗号などの標準化に影響力を行使したりして、「HTTPS」や「SSL」などの暗号通信に使う商用ソフトやネットワーク機器などに脆弱性を設けさせていたという。
NSAが情報を収集するためのバックドアとして使うためだ。ほかにも、VPN(仮想私設網)装置などで使用する暗号化チップにバックドアを設け、暗号通信を解読していたという報道もある。(以下略)

1bd273c3.jpg

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131011/510542/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131011/510542/046zu01_s.jpg



【IT】米政府が暗号を解読、崩れるネットの安全性の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/09/19(木) 00:38:14.52 ID:???

トラのゲノム解読=ネコ科は類似、保護に貢献

アムールトラの全遺伝情報(ゲノム)を解読し、同じネコ科のライオンやユキヒョウ、イエネコなどと比較したと、韓国・ゲノム研究財団やロシア・サンクトペテルブルク大などの国際研究チームが18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
研究成果は保護策を強化し、絶滅を防ぐのに役立つと期待される。
 
トラとペットのイエネコの祖先は1080万年前に分かれたと推定されるが、DNAの塩基配列は95.6%が同じと判明。
ネコ科の各種が分かれた時代は1100万年前以降と比較的新しく、ゲノムはよく似ていた。
 
人為的な交配で雄ライオンと雌トラの雑種「ライガー」や、雄トラと雌ライオンの同「タイゴン」が誕生することからも、このことは裏付けられるという。(2013/09/18-17:13)

6

▽記事引用元 時事ドットコム 2013/09/18-17:13
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013091800692&g=int

▽関連
Nature Communications 4, Article number: 2433 doi:10.1038/ncomms3433
Received 02 May 2013 Accepted 13 August 2013 Published 17 September 2013
The tiger genome and comparative analysis with lion and snow leopard genomes
http://www.nature.com/ncomms/2013/130917/ncomms3433/full/ncomms3433.html



【遺伝子】アムールトラのゲノム解読 ネコ科は類似/韓国・ゲノム研究財団など国際研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/28(日) 23:28:54.55 ID:???

アブラヤシのゲノム解読=種子殻の厚さ決める遺伝子発見-マレーシアなど


世界で生産される植物油の3分の1を占めるパーム油の原料、ギニアアブラヤシの全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、主要生産国マレーシアのパーム油庁や米コールドスプリングハーバー研究所などの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 
パーム油は実の果肉だけでなく、殻に包まれた種子からも採れる。
殻が厚く油の収量が少ない品種と、殻が薄く収量が多い品種があるが、研究チームはこの殻の厚さを決める遺伝子「SHELL」を発見した。
苗木の段階でどちらの品種か判別でき、農園全体のパーム油生産量を増やせると期待される。
 
ギニアアブラヤシは西アフリカ原産で、マレーシアなど東南アジアでも盛んに栽培されている。
パーム油は揚げ油やマーガリン、せっけんなどのほか、近年はバイオ燃料用の需要も増えている。
単位面積当たりの収量が増えれば、農園拡大のため熱帯雨林が伐採されるのを抑えられるかもしれないという。(2013/07/27-17:50)

▽記事引用元 時事ドットコム 2013/07/27-17:50配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072700248
ギニアアブラヤシの種子殻が厚い品種(左の写真左側)と薄い品種(同右側)、果実の房(右の写真)。
全遺伝情報(ゲノム)解読で殻の厚さを決める遺伝子が発見され、早期選別でパーム油増産が期待される(マレーシア・パーム油庁提供)
9

http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0130727at63_p.jpg

▽関連リンク
・Nature (2013) doi:10.1038/nature12309
Received 30 September 2012 Accepted 16 May 2013 Published online 24 July 2013
Oil palm genome sequence reveals divergence of interfertile species in Old and New worlds
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12309.html
・Cold Spring Harbor Laboratory
Full genome map of oil palm indicates a way to raise yields and protect rainforest
http://www.cshl.edu/Article-Martienssen/full-genome-map-of-oil-palm-indicates-a-way-to-raise-yields-and-protect-rainforest
771f3876.png
bea86618.png

http://www.cshl.edu/images/stories/news_features/2013/martienssen_photo1_72103.png
http://www.cshl.edu/images/stories/news_features/2013/martienssen_photo3_72013.png



【ゲノム】パーム油の原料アブラヤシのゲノム解読 種子殻の厚さ決める遺伝子発見/マレーシアなどの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/23(火) 23:43:13.85 ID:???

シーラカンスに手足の遺伝子 東工大など解析
2013/7/22 23:00

東京工業大学は「生きた化石」と呼ばれるシーラカンス2種のゲノム(全遺伝情報)を解読し、手足の遺伝子を見つけた。
水中で生息するが、陸に住むカエルや哺乳類などが持つ四肢の発生に重要な遺伝子と判明。
陸上生物へと適応する前段階であった可能性があるという。
国立遺伝学研究所、東京大学との共同研究成果で、22日付の米科学誌ゲノム・リサーチに論文を発表した。

アフリカのタンザニアやコモロ諸島、インドネシアの現存2種計5匹のDNAを調べて見つけた。
魚類はいずれもこれらの遺伝子を持たない。

またコモロ諸島やインドネシアの2種を比べたところ、遺伝子の違いはわずか0.18%しかなかった。

15

▽記事引用元 日本経済新聞web刊 2013/7/22 23:00配信記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG22015_S3A720C1TJM000/

▽関連リンク
国立遺伝学研究所:http://www.nig.ac.jp/index-j.html
シーラカンス5頭の全ゲノム配列の解読に成功
http://www.nig.ac.jp/Research-Highlights/1170/1287.html
東京工業大学
研究最前線「シーラカンス5頭の全ゲノム配列の解読に成功」
http://www.titech.ac.jp/topics/news/detail_4379.html?id=topics



【ゲノム】シーラカンス2種のゲノムを解読 手足の遺伝子をみつける/国立遺伝学研究所・東工大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/20(土) 23:33:53.62 ID:???

KDDI研と九大、128次元の暗号解読-次世代公開鍵実用化に寄与
掲載日 2013年07月19日

KDDI研究所(埼玉県ふじみ野市、中島康之所長、<電話:引用元参照>)は、クラウド環境のデータ処理などの安全性を高めると期待される次世代公開鍵暗号研究の一環として、規則的に並んだ点の集合である「格子」を用いた128次元の暗号を九州大学と協力して解読した。
新たな暗号の安全性を高めるために、暗号がどの程度の時間で解読できるかを調べる作業が重要で、今回の解読も次世代公開鍵暗号の実用化に寄与する。
 
KDDI研は九大と連携し、ドイツのダルムシュタット工科大学が主催する暗号コンテストに参加。
格子暗号を解読する難しさと同等の難易度を持つと考えられ、格子暗号の安全性の根拠となる128次元の「イデアル格子最短ベクトル問題」と呼ばれる問題を解読した。
 
複数のパソコンによる並列処理をしやすくするために共同開発したアルゴリズムを使い、84台の仮想パソコンを用いて2週間で解読した。

e8d5036a.gif

▽記事引用元 日刊工業新聞2013年07月19日配信記事
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0220130719bjae.html

▽関連
九州大学 プレスリリース2013年7月19日
次世代暗号を対象とした解読コンテストで世界記録を達成
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2013/2013_07_19_5.pdf



【情報】イデアル格子最短ベクトル問題 128次元の暗号解読 次世代公開鍵実用化に寄与/KDDI研・九州大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/06/29(土) 02:08:48.14 ID:???

最古のゲノムを解読、ウマの進化過程が明らかに
2013年06月28日 13:01 発信地:パリ/フランス

【6月28日 AFP】約70万年前に生息していたウマのゲノム(全遺伝情報)を解読したとする研究論文が、26日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。
まだ歴史の浅い古代ゲノム学の分野において大きな発見となった。

デンマーク自然史博物館(Natural History Museum of Denmark)の科学者らによる論文によると、この新たな発見では、現代の全てのウマ、ロバ、シマウマが、約400万年前に生息していたウマにその祖先を持つことが示されたという。
これは、これまで考えられてきたものよりさらに200万年ほどさかのぼる。

またこの研究により、これまでDNAを抽出するには不適切だと考えられていた多くの化石が、実際には「宝の山」である可能性も出てきた。

■最古のウマのゲノム解読を実現

研究チームは、約10年前に、カナダ・ユーコン(Yukon)準州にあるシスル・クリーク(Thistle Creek)から見つかった、化石化したウマの骨からDNAのサンプルを抽出した。
骨が見つかった永久凍土層を放射年代測定法で調べたところ、周辺の有機物は約73万5000年前に堆積したものと判明。
このことから、これまでで最も古い約56万~78万年前に生息していたとみられる動物のゲノム(全遺伝子情報)の解読に成功したと判断した。

研究チームは、解読した遺伝子情報を、約4万3000年前の後期更新世(Late Pleistocene)に生息していた種、現代に生息する5種のウマ、イエウマ(家畜馬)から分岐した野生種の「プルツワルスキー(Przewalski、 モウコノウマ)」、そしてロバのものと比較・分析した。

分析結果について研究チームは、「450万年前に生息していた種が、現在のウマやシマウマ、ロバのすべてに進化したことを示している」と述べた。

研究チームはまた、遺伝子学的見地から、(現存する最後の野生種である)プルツワルスキー種保存のためにイエウマと掛け合わせることは有効だと指摘した。
野生種への遺伝的な侵入はほぼ皆無とみられているためだ。

このたびの研究結果を受け、これまでは解読には適していないと考えられてきた化石を通じて、今後、先史時代の動物や、われわれの祖先についてのゲノム解読がさらに進むかもしれない。(c)AFP/Laurent BANGUET
______________
41613709.jpg

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年06月28日 13:01配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2952837/10968824

▽関連
Nature Year published: (2013) DOI: doi:10.1038/nature12263
Published online 26 June 2013
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature12263.html



【ゲノム】約70万年前に生息していたウマのゲノム解読 ウマの進化過程が明らかにの続きを読む

このページのトップヘ