理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

象牙

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/02/21(火) 23:24:20.33 ID:CAP_USER
止まらぬマルミミゾウ密猟、10年で生息数80%減 ガボン
2017年02月21日 11:22

【2月21日 AFP】アフリカ中部の国ガボンでは、象牙目的の密猟者らによるゾウの◯傷が憂慮すべきペースで続いており、国内のゾウの生息数がこの10年間で80%減少した。
 
米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文によると、聖域と考えられていた区域のミンケベ国立公園(Minkebe National Park)内で◯害されたゾウは、これまでに約2万5000頭に上っているという。
 
米デューク大学(Duke University)とガボンの国立公園庁(Agence Nationale des Parcs Nationaux)の研究者のジョン・ポールセン(John Poulsen)氏は「マルミミゾウについては、ガボンが世界最大の残存個体数を保持するとみられているため、これまで考えられていたよりもはるかに大きな困難に陥っていることが示唆される」と話し、「ゾウの生息数がアフリカ中部全体で10万頭足らずという状況にあって、政府や自然保護当局が早急に行動しなければ、マルミミゾウは絶滅の危機に直面する」と指摘する。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年02月21日 11:22
http://www.afpbb.com/articles/-/3118626
ダウンロード


引用元: 【生態】止まらぬマルミミゾウ密猟、10年で生息数80%減 アフリカ中部の国ガボン©2ch.net

止まらぬマルミミゾウ密猟、10年で生息数80%減 アフリカ中部の国ガボンの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/19(火) 20:07:41.36 ID:???0.net
新しい調査結果によると、2010年から2012年のわずか3年の間に、10万頭のアフリカゾウが密猟者によって◯されたことが明らかになった。2011年だけで12頭中1頭が◯された計算になる。また、最も被害が深刻な中央アフリカでは10年間で64%の減少となった。

中国をはじめとするアジア諸国での象牙需要や、押収された象牙の一掃セールが招いた混乱によって、アフリカの闇市場では取引価格が依然として高い状態が続いている。

 コロラド州立大学のジョージ・ウィッテマイヤー(George Wittemyer)氏率いる研究チームは、ワシントン条約(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)によって管理されるデータを利用して、今回初めての大規模調査を実施し、密猟によって失われたゾウの頭数を特定した。

 政策当局者がこの調査結果を基に迅速かつ有効な対策を講じ、数十年続く密猟をくいとめることを研究者や保護活動家は期待している。

◆政策当局者をターゲットに

 近年、密猟者はアフリカのいたる所で大量◯戮を繰り広げている。2012年には、カメルーン北部のブバ・ンジダ(Bouba Ndjidah)国立公園で、300頭以上のアフリカゾウが手榴弾やAK-47によって無惨に捕◯された。

 さらに2014年2月、ケニヤで有名だったゾウのトーン・イヤー(Torn Ear)が、密猟者の放った毒矢によって命を奪われている。
その3か月後には、ケニヤで最も愛されたサタオ(Satao)も毒矢に倒れ、密猟者は巨大な牙をとるため彼の顔を切断した。

 これらの犯罪行為は、米国が象牙の商業取引を全面禁止するなどの対応を促したものの、依然として捕◯される数が新たに誕生する数を上回っており、密猟は持続不可能なレベルで続いている。

「われわれ研究チームは、政策当局者をターゲットに調査を行いました。正確な数字を提示すれば、早急な対策を講じるため議論せざるを得ないと考えたからです」とウィットマイヤー氏は話す。

続きはソースで
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140819006&expand

引用元: 【国際】アフリカゾウ、3年で10万頭殺される 中央アフリカでは10年間で64%の減少 [8/19]

アフリカゾウ、3年で10万頭殺される 中央アフリカでは10年間で64%の減少の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アイアンクロー(岡山県) 2013/10/09(水) 15:20:06.02 ID:5XNajEtb0 BE:2092672883-PLT(12108) ポイント特典

 アフリカのタンザニアではゾウの密猟が深刻で、毎日30頭、年間では1万頭が殺され、絶滅の危機に瀕しています。

 象牙を求める密猟が後を絶たない理由に、密猟者を罰する法律が甘すぎたことが挙げられるとして、厳しい法案が打ち出されようとしています。

 それは現場で密猟者を見つけ次第、処刑するというものです。

 これまでの法律は緩かったと言い、その抜け穴を利用して密猟が繰り返されてきました。

 密猟者には国際的に裕福な実業家などのバックアップがあり、最新の武器を所持し、捕まったときには法的にも援助を受けるなど、厳罰を与えることが難しい状況にあったと言います。

 このままではらちが明かないことから、見つけ次第、現場で処刑するという厳しい法律の最終決定が、現在下される見込みであるとのことです。

 この過激な方針に、海外掲示板では賛否両論の意見が交わされていました。

http://labaq.com/archives/51806017.html
6c4746b6.jpg



「ゾウの密猟が止まらないので、密猟者を殺すことにする」タンザニアの過激な方針に賛否両論の声の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ