理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

軌道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/06(火) 05:26:31.33 ID:???.net
掲載日:2015年1月5日

 日本の金星探査機「あかつき」が今年12月上旬、金星を周回する軌道への投入に再挑戦することになった。

 2010年12月にエンジンの故障で投入に失敗し、宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は機体がきちんと動くかどうか確かめながら、時機をうかがっていた。残る燃料は少なく、チャンスは1回限り。成功すれば、日本の探査機として初めて、地球以外の惑星の周回軌道に乗ることになる。

 JAXA宇宙科学研究所によると、あかつきは現在、金星から1億3400万キロ・メートルほど離れており、1日約40万キロ・メートルずつ距離を縮めている。前回はメインエンジンを逆噴射して減速し、金星を回る軌道に入ろうとしたが、逆噴射が途中で停止し、金星を通り過ぎた。エンジンが異常な高温で破損した疑いがあるという。

続きはソースで

<画像>
金星探査機あかつきの再挑戦
http://www.yomiuri.co.jp//photo/20150105/20150105-OYT1I50021-L.jpg

金星を探査する「あかつき」のイメージ図(イラスト・池下章裕氏)
http://www.yomiuri.co.jp//photo/20150105/20150105-OYT1I50020-L.jpg

あかつきの現在の軌道
http://www.yomiuri.co.jp//photo/20150105/20150105-OYT1I50022-L.jpg

<参照>
JAXA|あかつき特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html

<記事掲載元>
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150105-OYT1T50070.html

引用元: 【宇宙開発】金星探査機「あかつき」軌道投入、12月再挑戦

金星探査機「あかつき」軌道投入、12月再挑戦の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/04(日) 16:11:29.67 ID:???.net
韓国の科学技術衛星3号、宇宙ごみとの衝突危険性高まる
2015年01月04日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

画像
http://japanese.joins.com/upload/images/2015/01/20150104104708-1.jpg
科学技術衛星3号の想像図(写真=未来創造科学部) 韓国の科学技術衛星3号が4日夜にスペースデブリ(宇宙ごみ)と衝突する可能性があるとの警告が出された。

未来創造科学部は3日、科学技術衛星3号について「海外の衛星同士の衝突でできた破片が4日午後9時30分ごろに韓国の衛星軌道に23メートルまで近接する。グリーンランド海上空で衝突する可能性がある」
と明らかにした。

科学技術衛星3号は昨年9月にも旧ソ連の衛星の破片との衝突を44メートル差で免れた。
今回は破片がさらに近く接近するだけに衝突の危険もさらに高いと評価されている。
破片と衝突することになれば衛星が破壊され正常な任務遂行が困難になる。

未来創造科学部は2日午後、地球の周囲の宇宙物体を追跡する米宇宙運用センター(JSpOC)から科学技術衛星3号に衝突の危険があるとの連絡を受けた。
これを受け衛星を管制するKAIST人工衛星研究センター、韓国天文研究院、韓国航空宇宙研究院とともに共同対応チームを構成し対策をまとめていると明らかにした。

科学技術衛星3号は2013年に宇宙観測のために打ち上げた衛星だ。宇宙観測用赤外線カメラ、地球観測映像分光器などを搭載している。
ロシアが代行した打ち上げ費用を含め総額278億ウォンの事業費がかかった。
だが、この衛星は重量170キログラムにすぎない小型衛星で、軌道を変えられる大型推進器は搭載していない。
単純に衛星の姿勢を変えられる小型推力機だけだ。
このため衝突回避機動は不可能だ。

続きはソースで

http://japanese.joins.com/article/811/194811.html

引用元: 【宇宙】韓国の科学技術衛星、1月4日の夜にスペースデブリと23mまで近づき、衝突の危険

韓国の科学技術衛星、1月4日の夜にスペースデブリと23mまで近づき、衝突の危険の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/26(金) 12:10:03.04 ID:???.net
アンガラA5ロケット、打ち上げ成功 ロシア最新鋭の大型ロケット誕生 | アンガラ | sorae.jp
http://www.sorae.jp/030821/5397.html

■Первый испытательный пуск ракеты-носителя ≪Ангара≫ тяжелого клас
са прошел успешно
http://www.khrunichev.ru/main.php?id=1&nid=3197


 ロシアは12月23日、新型のアンガラA5ロケットの1号機、アンガラA5-1LMの打ち上げに成功した。アンガラ・ロケットが打ち上げられたのは今回が2機目だが、大型ロケットの構成で、かつ衛星を軌道まで運んだのは今回が初となる。アンガラA5は旧式化しつつあるプロトンMロケットを代替する機体として開発が進められており、実現に向けて大きな一歩を踏み出した。

 アンガラA5-1LMはモスクワ時間2014年12月23日8時57分(日本時間2014年12月23日14時57分)、ロシア北西部アルハーンゲリスク州にあるプレセーツク宇宙基地の35/1発射台から離昇したロケットは順調に飛行し、打ち上げから約12分後に、アンガラA5-1LMから上段のブリーズMが分離された。

 その後ブリーズMは、4回に分けた燃焼を行い、打ち上げから約9時間後の23時57分に目標の静止軌道に到達した。ブリーズMの先端には、人工衛星を模した質量2,000kgの重りが搭載されており、両者はくっついたまま、この後静止軌道を離れて、他の静止衛星の邪魔にならないように、より高い軌道(俗に墓場軌道と呼ばれている)へと移る予定だ。

 アンガラA5はロシアのフルーニチェフ社が開発したロケットで、今回が初飛行となった。また今回は特別にアンガラA5-1LMという名前が付けられおり、1LMとは「1番目の打ち上げ機=1号機」を意味するロシア語(Первая лётная машина)から取られている。なお開発を担当したフルーニチェフ社ではアンガラA5.1Lという名前で呼ばれており、表記に揺れが見られる。

 アンガラ・ロケットは、アンガラはフルーニチェフ社が開発したロケットで、第1段の装着本数や、上段を変えることで、多種多様な衛星の打ち上げに対応できるようになっており、いずれは現在運用されているロコットやプロトン、ゼニートといったロケットの後継機になる予定だ。

 その最小構成であるアンガラ1.2は、今年7月9日に初飛行に成功しているが、軌道には乗らないサブオービタル飛行であったため、アンガラが軌道速度を出し、本当の意味で宇宙ロケットとして飛行するのは今回が初めてとなった。

 アンガラA5は、アンガラ・ロケット・ファミリーの中でも重量級の機体で、現在運用されているプロトンMロケットとほぼ同じ打ち上げ能力を持ち、いずれは代替する予定となっている。プロトンMは近年打ち上げ失敗が増えており、また毒性のある推進剤を使っていることや、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地以外からの打ち上げができないこともあり、ロシアでは早ければ2020年にも、プロトンMからアンガラA5への代替を行いたいとしている。

 アンガラA5はその強大な打ち上げ能力を実現するため、アンガラ1.2の第1段(URM-1)を囲むように、URM-1をさらに4基装備しており、見るからに力強い格好をしている。この4基のURM-1を第1段、そしてアンガラ1.2では第1段と呼ばれてた中央部分を第2段とし、その上に第3段のURM-2が載り、さらにその上にブリーズM、もしくはKVTKと呼ばれる上段が搭載される。

 打ち上げ能力は、地球低軌道であれば24,500kg、近地点高度5,500km、軌道傾斜角25度の静止トランスファー軌道ではれば、ブリーズM使用時は5,400kg、KVTKでは7,500kgを投入できる。また静止軌道への直接投入であれば、ブリーズMで3,000kg、KVTKでは4,600kgという能力を持つ。さらに有人宇宙船打ち上げ用に改修が施された、アンガラA5Pの開発も行われている。

引用元: 【宇宙開発/技術】アンガラA5ロケット、打ち上げ成功 ロシア最新鋭の大型ロケット誕生

アンガラA5ロケット、打ち上げ成功 ロシア最新鋭の大型ロケット誕生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/18(木) 16:38:22.33 ID:???0.net
8年間活躍の金星探査機、燃料切れでミッション終了へ ESA
【AFPBB News】 2014/12/18 13:22

【12月18日AFP】8年間にわたり金星の詳細な分析調査を行ってきた無人探査機「ビーナス・エクスプレス(Venus Express)」が燃料切れとなり、金星の有毒大気に落下して燃え尽きる見込みだ。無人探査機を通じて観測を続けていた欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)が発表した。

ESAでビーナス・エクスプレスの運用責任者代理を務めるアダム・ウィリアムス(Adam Williams)氏は16日、有毒ガス上の軌道を飛行していた同機について「計画通り、軌道の境界を最後の落下に向けて押し下げつつある」と述べた。

ビーナス・エクスプレスの最期は今後数週間以内に訪れる見通しだ。同機はこれまで、地球とほぼ同じ大きさと質量を持つ金星についてのデータを科学者らに提供し、重要な結論へと導く手助けをしてきた。

同機が収集したデータからは、金星の地質学的な活動が今でも活発であり、かつては地球と同じような海が存在した可能性があることを明らかにした。

金星は、その魅力的な名前とは裏腹に、現在は地獄のような惑星となっている。その大気は非常に高温で毒性が高く、また濃密で大気圧も高いため、金星に人間が降り立ったなら、融解、窒息、圧◯の危険に同時にさらされることになるだろう。

金星の焼け付くような表面温度は477度で、太陽系の中で最も高い。

2005年11月に打ち上げられたビーナス・エクスプレスは、2006年4月11日に金星の周回軌道に投入され、同惑星の探査を開始した。当初のミッションは数回延長され、昨年の春にESAの管制チームは同機を最後の冒険へと送り出した。

続きはソースで

(c)AFP

ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3034631
画像: http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/5/500x400/img_55e55364a02f16591b31a88b8d072ae4215984.jpg
 (金星の軌道上を周回する欧州宇宙機関の無人探査機「ビーナス・エクスプレス」
 (2006年4月11日提供、資料写真)。(Venus Express)の想像図(c)AFP/ESA/D.DUCROS)

引用元: 【科学】8年間活躍の金星探査機ビーナス・エクスプレス、燃料切れでミッション終了へ - ESA [14/12/18]

8年間活躍の金星探査機ビーナス・エクスプレス、燃料切れでミッション終了への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/09(火) 17:19:10.61 ID:???.net
Yahoo!ニュース - アリアン5 ECA、通信衛星ディレクTV-14とGSAT-16の打ち上げに成功 (sorae.jp)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00010000-sorae_jp-sctch


 アリアンスペース社は12月6日、通信衛星ディレクTV-14とGSAT-16の2機を搭載した、アリアン5 ECAロケットの打ち上げに成功した。
アリアン5は今年6機目の打ち上げとなり、また連続打ち上げ成功数は63機となった。

 ロケットは現地時間2014年12月6日17時40分(日本時間2014年12月7日5時40分)、南米仏領ギアナにあるギアナ宇宙センターのELA-3から離昇した。ロケットは順調に飛行し、打ち上げから約28分後にディレクTV-14を、またその約4分20秒後にGSAT-16を分離し、予定通りの軌道に投入した。

 ディレクTV-14は、米国のディレクTV社の通信衛星で、スペース・システムズ/ロラール社が製造した。76基のKaバンド・トランスポンダーと18基のリバース・バンド・トランスポンダーを搭載し、西経99度の静止軌道から、米国全土やアラスカ、ハワイ、プエルト・リコなどにテレビ放送を提供する。寸法は5.0 x 2.2 x 2.4mで、打ち上げ時の質量は約6,300kgという大型の衛星だ。設計寿命は15年が予定さ
れている。

 GSAT-16はインド宇宙研究機関(ISRO)の通信衛星で、ISROと、その関連機関であるISROサテライト・センター(ISAC)によって開発された。12基のKuバンド・トランスポンダーと、24基のCバンド・トランスポンダーを搭載し、東経55度の静止軌道から、インド亜大陸全域に対して通信サービスを提供することを目的としている。寸法は3.1 x 1.7 x 2.0mで、打ち上げ時の質量は3,180kg。設計寿命は12年が予定されている。

 アリアン5は、エアバス・ディフェンス&スペース社が開発、製造しているロケットで、中でもECA型はアリアン5シリーズの最新型で、また主力機として活躍中のロケットだ。今回の打ち上げ成功により、アリアン5シリーズは通算63機、またアリアン5 ECAに限っても46機の連続成功となった。

 アリアン5は、それまでアリアンスペース社が運用していたアリアン4ロケットを代替する目的で開発された。アリアン4は116機が打ち上げられ、失敗はわずか3機で、成功率97.4%という極めて高い信頼性を持つロケットだったが、1970年代に開発されたアリアン1を改良して造られたロケットであり、次第に性能が時代に追いつけなくなってきた。

引用元: 【宇宙開発】アリアン5 ECA、通信衛星ディレクTV-14とGSAT-16の打ち上げに成功

アリアン5 ECA、通信衛星ディレクTV-14とGSAT-16の打ち上げに成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/13(土) 07:29:10.47 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
東京大学の松本洋介助教らによる研究グループは、電子の形の揺らぎを媒介とした新しいタイプの超伝導を常圧下で実現できることを発見した。

これまでに発見されてきた超伝導現象は、電子の磁気的な自由度(スピン)によって引き起こされることが分かっている。
一方で、電子は形(軌道)の自由度も持っているため、これを利用した新しい超伝導現象が模索されている。

*+*+ 財経新聞 +*+*
http://www.zaikei.co.jp/article/20141212/226359.html

引用元: 【社会】東京大学「電子軌道の量子揺らぎによって発生する新しい超伝導現象を発見」

東京大学「電子軌道の量子揺らぎによって発生する新しい超伝導現象を発見」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ