理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

軌道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/23(火) 20:49:45.22 ID:???.net
大気観測機、火星に到達=NASA

【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)によると、昨年11月にNASAが打ち上げた火星周回探査機「メイブン」が21日、火星の軌道に乗った。
火星の大気や水が失われた謎の解明に向け、各種観測を行う。
 
メイブンは約10カ月をかけ、火星の上層大気圏の観測機として初めて約7億1000万キロを飛行して火星に到達した。
メイブンには、火星探査計画の広報の一環として、世界中から公募した俳句1100句以上を収めたDVDも載せられている。
(2014/09/22-12:36)
_________

▽記事引用元
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014092200314
時事ドットコム(http://www.jiji.com/)2014/09/22-12:36配信記事

▽関連リンク
NASA
September 21, 2014
RELEASE 14-260
NASA’s Newest Mars Mission Spacecraft Enters Orbit around Red Planet
http://www.nasa.gov/press/2014/september/nasa-s-newest-mars-mission-spacecraft-enters-orbit-around-red-planet/

MAVEN Mars Atmosphere and Volatile Evolution
http://www.nasa.gov/mission_pages/maven/main/index.html

引用元: 【宇宙】火星周回探査機「メイブン」 火星の周回軌道に到達/NASA

火星周回探査機「メイブン」 火星の周回軌道に到達/NASAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/20(土) 23:06:49.33 ID:???0.net
印探査機が火星軌道到達へ 24日、成功ならアジア初
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140920/scn14092017420001-n1.htm
産経新聞 2014.9.20 17:42


 インド宇宙研究機構(ISRO)が昨年11月に打ち上げた火星探査機「マンガルヤーン」が24日に、火星の周回軌道へ到達する。火星軌道への投入は日本、中国も過去挑んだものの失敗しており、計画が成功すればアジア初となる。

 独自技術で、宇宙大国入りを目指すインドにとって、重要な一里塚となりそうだ。

 ISROによると、探査機は24日午前7時(日本時間午前10時半)ごろから、エンジン噴射による減速など火星の周回軌道に入る動作を開始する。午前8時前には一連の動作を終え地球上へ通信、成否が判明する見通し。軌道到達後、地表などの調査を始める。ISROの広報担当幹部は「現時点で、探査機に異常はない」と成功に自信を示した。(共同)

引用元: 【宇宙開発】インド探査機が火星軌道到達へ 24日、成功ならアジア初 [9/20]

【朗報】インド探査機が火星軌道到達へ 24日、成功ならアジア初!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/19(火) 23:11:32.89 ID:???0.net
【北京=山田周平】中国政府は19日、画像の解像度が1メートル級の地球観測衛星「高分2号」を太原衛星発射センター(山西省)から打ち上げ、軌道に乗せることに成功した。
国営新華社が伝えた。米国などは解像度50センチ級の観測衛星を実用化しているが、中国としては最高の技術水準を持つ衛星となる。

新華社は高分2号の用途に都市計画や砂漠化の観測などを挙げているが、軍事利用も想定しているとみられる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H0L_Z10C14A8FF2000/

引用元: 【軍事】中国、解像度1メートル級の観測衛星打ち上げ成功[8/19]

中国、解像度1メートル級の観測衛星打ち上げ成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/07(木) 18:06:36.49 ID:???.net
H-IIAロケット25号機の打上げについて
平成26年8月7日
三菱重工業株式会社
宇宙航空研究開発機構

三菱重工業株式会社および宇宙航空研究開発機構は、H-IIAロケット25号機による静止気象衛星ひまわり8号(Himawari-8)の打上げについて、下記のとおり実施することを、お知らせいたします。


打上げ予定日:    平成26年10月7日(火)
打上げ予定時間帯: 14時16分~18時16分(日本標準時)
打上げ予定場所:   種子島宇宙センター 大型ロケット発射場

平成26年度 H-IIAロケット25号機 打上げ計画書
http://www.jaxa.jp/press/2014/08/images/20140807_h2af25.pdf

ソース:JAXAプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2014/08/20140807_h2af25_j.html

引用元: 【宇宙】静止気象衛星ひまわり8号(Himawari-8)、10月7日に打ち上げ決定

ひまわり8号(Himawari-8)、10月7日に打上決定!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/07/27(日) 23:52:14.79 ID:???.net

12年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA
2014年07月25日 16:16 発信地:ワシントンD.C./米国

【7月25日 AFP】2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が23日、発表した。

NASAによると、2012年7月23日に地球の軌道上を駆け抜けた太陽風は、過去150年間で最も強力なものだった。
しかし、何が起きているかを理解している人はほとんどいなかったという。

「もしも、(この太陽風の)発生がほんの1週間前にずれていたら、地球は集中砲火を浴びていただろう」と、米コロラド大学(University of Colorado)大気宇宙物理学研究所(Laboratory for Atmospheric and Space Physics、LASP)のダニエル・ベーカー(Daniel Baker)教授は語る。

代わりに、太陽風は「そのような事象を測定するためにほぼ理想的な装置を搭載した」NASAの太陽観測衛星「ステレオA(STEREO-A)」を直撃した。

ステレオAが収集したデータを科学者らが分析した結果、その太陽風は、これまで知られている中で最大規模だった1859年の「キャリントン・イベント(Carrington Event)」と呼ばれる宇宙嵐に匹敵するものだったことが分かった。

また、カナダのケベック(Quebec)州一帯を停電させた1989年の太陽風と比較しても、2012年の太陽風は2倍の威力だったという。

続きはソースで

(c)AFP

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/articles/-/3021481
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/)2014年07月25日 16:16配信記事


引用元: 【宇宙】2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風 直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力/NASA


【恐怖!】2012年の強力な太陽風 直撃していれば現代文明は18世紀に後退していた?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 2014/07/04(金) 05:15:34.91 ID:???.net

■地球に質量が似た惑星発見 3千光年離れた「連星」で

 地球から3千光年離れた、二つの恒星が互いを回り合う「連星」系で、大阪大と名古屋大、京都産業大のチームが軌道や質量が地球に似た惑星を発見し、3日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 連星系での惑星探査は難しくあまり進んでいない。銀河系の星の約半数が連星で、チームは地球に似た惑星が見つかる可能性を広げる成果としている。(後略)

続きはソースで

http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070301001883.html
http://www.47news.jp/ 47NEWS(よんななニュース)2014/07/04 03:01【共同通信】配信

Abstract
A terrestrial planet in a ~1-AU orbit around one member of a~15-AU binary
http://www.sciencemag.org/content/345/6192/46
Web site 接続日 [14/07/04]
~~引用ここまで~~



引用元: 【天文】地球に質量が似た惑星発見 3千光年離れた「連星」で


地球に質量が似た惑星発見 3千光年離れた「連星」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ