理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

転移

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/17(水) 12:43:10.88 ID:CAP_USER
◆近大グループ、肝臓がんの新治療法を実証 2倍近く進行遅らせる 「患者の希望に」

近畿大医学部の工藤正俊教授らの研究グループは、切除不能となった肝臓がん患者について、既存の二つの治療法の併用することでがんの進行を遅らせる臨床試験を行い、有効性と安全性を世界で初めて実証したと発表した。
工藤教授は「この手法が標準治療となり、肝臓がん患者の希望になることを目指す」と話した。

組み合わせた二つの治療法は、病巣に栄養を送る動脈をふさいで壊死(えし)させる「肝動脈化学塞栓療法」(TACE)と、切除不能の肝臓がんなどに効果がある抗がん剤「ソラフェニブ」の投与だ。

続きはソースで

産経ニュース 2018.1.17 10:25
http://www.sankei.com/west/news/180117/wst1801170029-n1.html
ダウンロード


引用元: 【医学】肝臓がんの新治療法を実証、2倍近く進行遅らせる/近大グループ

肝臓がんの新治療法を実証、2倍近く進行遅らせる/近大グループの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/01/19(金) 19:19:51.96 ID:CAP_USER
あらゆるがんを発見できる血液検査――。
これは、現代医学にとって最大の目標のひとつだ。研究者は目標実現に向かって、さらに一歩を踏み出した。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームは18日、8種類のがんを調べる検査の臨床試験について米科学誌サイエンスに発表した。
毎年の定期的な検査で、がんの早期発見につなげたい考えだ。英国の専門家たちも、「非常にわくわくする」と強い期待を示している。

「Cancer Seek(がん探査)」検査は、がんの発症と共に起きることの多い、16の遺伝子の突然変異や8種類のたんぱく質の放出を検知する。

子宮や肝臓、胃、すい臓、食道、結腸、肺、乳房にがんがあるが、転移していない患者1005人を対象にした臨床試験で、7割の確率でがんを発見したという。

ジョンズ・ホプキンス大学医学校のクリスチャン・トマセッティ准教授はBBCに対して、「この早期発見の研究分野は欠かせないもので、とてもわくわくする結果が得られた」と話した。

「がん患者の生存率に、非常に大きい影響を与えると思う」

検査対象となった8種類のがんのうち、5種類については現在、早期発見のスクリーニング方法がない。
がんは発見が早ければ早いほど、治療の可能性が大きくなる。

すい臓がんの場合、初期には症状が非常に少ないため早期発見が難しく、患者の5人に4人は、すい臓がんと診断を受けた1年以内に死亡している。

続きはソースで

(英語記事 Cancer blood test 'enormously exciting')

画像:乳がん細胞
https://ichef-1.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/A9FE/production/_98681534_m1220387-breast_cancer_cells_sem-spl.jpg

BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/42742386
ダウンロード


引用元: 【医学】がんの「血液検査」、実現に期待高まる

がんの「血液検査」、実現に期待高まるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/12/25(月) 12:38:13.36 ID:CAP_USER9
がん細胞の接着回復メカニズム解明 理研
2017/12/25 11:40
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201712/sp/0010847168.shtml

 がんの増殖や転移を引き起こすとされる細胞の分離を止め、接着力を回復するメカニズムを、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区)の竹市雅俊チームリーダーらの研究チームが明らかにした。
細胞同士が引っ張り合う力を高めるタンパク質を確認したといい、新たな治療法確立につながると期待される。成果は国際科学雑誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。

 正常な細胞は隣り合う細胞が強くつながり、生命活動を維持。竹市氏が世界で初めて発見した細胞接着分子「カドヘリン」が“のり”の役割を果たす。
がんが進行すると、何らかの原因で細胞の接着機能が著しく低下し、がんの増殖や転移に関わると考えられてきた。だが、この異常を元に戻す治療法は分かっていなかった。
研究チームは、大腸がんの細胞株に約16万種類の薬剤を投与。約100種類の薬剤で、細胞を増殖させる「微小管」を壊す働きをし、細胞の接着機能を回復する現象が見られた。

続きはソースで

(佐藤健介)

https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201712/img/b_10847170.jpg
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201712/img/b_10847169.jpg
がんが悪化する仕組みの一端を確かめた(左から)竹市雅俊チームリーダーと伊藤祥子研究員=理化学研究所多細胞システム形成研究センター
ダウンロード


引用元: 【理研】がん細胞の接着回復メカニズムが解明される

【理研】がん細胞の接着回復メカニズムが解明されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/11/20(月) 12:16:52.81 ID:CAP_USER
東京大学(東大)は、機械学習の転移学習という技術を活用して人工知能が繰り返し成長することで、物質の界面の構造を決定するための計算コストを1/3600まで削減することに成功したと発表した。

同成果は、東京大学生産技術研究所の溝口照康 准教授、小田尋美氏、清原慎氏、東京大学大学院新領域創成科学研究科の津田宏治 教授らの研究グループによるもの。
詳細は日本の学術誌「Jounal of the Physical Society of Japan」に掲載された。

界面は、物質の電気伝導性やイオン伝導性、耐久性などの機能に役割を果たしている。
界面の構造は結晶とは異なっており、その構造が界面における機能の起源だ。
つまり、界面の機能を理解するためには、界面固有の構造を明らかにすることが不可欠だ。

一方で、同じ物質でも無数の種類の界面が存在し、それぞれの界面が異なる構造をもっている。
さらに、その中の1種類の界面でも、数千~数万個という候補構造が存在しており、従来はすべての候補構造について理論計算を行い、候補の中から最も安定なものを決める必要があったため、さまざまな種類の界面の構造を網羅的かつ系統的に決定することは困難だとされてきた。

研究グループはこれまで、ある問題を解くための人工知能を作成するクリギングという機械学習の手法を利用して人工知能を作成し、界面構造を探索させる手法を開発してきた。

続きはソースで

関連ソース画像
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/17/090/images/001.jpg

マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/17/090/
ダウンロード


引用元: 【テクノロジー】人工知能が膨大な計算を3600分の1に削減 - 東大が転移学習を組み込んで成功

人工知能が膨大な計算を3600分の1に削減 - 東大が転移学習を組み込んで成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/09/19(火) 08:04:54.05 ID:CAP_USER
9月19日
長野県のニュース
がん細胞の増殖抑える効果 信大農学部などのグループ確認


 信州大農学部(上伊那郡南箕輪村)の真壁秀文教授(生物有機化学)らの研究グループが18日までに、ブドウやリンゴなどに含まれる化合物「エピカテキンオリゴマー」にがん細胞の増殖や臓器への転移を抑制する効果があることを確認した。研究グループによると、がんの抑制効果がある化合物を特定した例はほとんどなく、がん治療への応用が期待できるという。

 グループは、真壁教授と信州大バイオメディカル研究所の藤井博教授(分子生物学)、同大農学部の梅沢公二助教(構造生物学)ら。2012年から共同で研究に取り掛かった。藤井教授が当時、ブドウの抽出物に、がん細胞の増殖や転移を抑制する効果がある物質が含まれていることを突きとめていたが、物質の特定には至っていなかったという。

 グループで分析を進めた結果、物質は、ブドウに含まれる渋味成分で、ポリフェノール化合物の一種「エピカテキン」が複数連結した「エピカテキンオリゴマー」だと判明した。

続きはソースで

(9月19日)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170919/KT170915FTI090001000.php
images


引用元: 【研究】がん細胞の増殖抑える効果 信大農学部などのグループ確認[09/19] [無断転載禁止]©2ch.net

がん細胞の増殖抑える効果 信大農学部などのグループ確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/08/09(水) 11:00:29.73 ID:CAP_USER9
 高齢者のがん患者の中で、治療を受けていない人の割合が年々増えていることが、国立がん研究センターの調査でわかった。

 この調査は、全国のがん診療を専門とする病院で2015年、がんと診断された約70万人を対象としたもの。85歳以上で、がんが他へ転移している「ステージ4」の患者を調べたところ、治療を受けていないことを意味する「治療なし」の患者が、肺がんでは58%、胃がんでは56%と半数を超えていたことがわかった。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13449744/
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】がん 治療受けていない高齢者が年々増加 [無断転載禁止]©2ch.net

がん 治療受けていない高齢者が年々増加の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ