理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

農場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/11/29(木) 14:24:21.94 ID:CAP_USER
■動画
Meet Knickers, the 1,400kg cow from Australia https://youtu.be/nLnxe39VlMM



体高194cm、体重1.4トンという巨大な牛「ニッカーズ」がオーストラリアで飼育されているとして話題になっています。「大きすぎて食肉加工できない」として生き延びたニッカーズは、なぜこんなにも巨大になったのか?という質問にワシントン州立大学の生物学者が答えています。

How Did That Big Cow Get So Huge?
https://www.livescience.com/64187-big-cow-steer.html

Big Knickers a standout on Myalup farm | PerthNow
https://www.perthnow.com.au/business/agriculture/big-knickers-a-standout-on-myalup-farm-ng-b881032899z

Knickers the cow: why Australia's giant steer is so fascinating | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2018/nov/28/knickers-the-cow-why-australias-giant-steer-is-so-fascinating

No sale for Australia's enormous Knickers (who is male, by the way) - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-australia-46357449

ニッカーズは他の牛から抜きんでて巨大で、その体高は元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダン氏とほぼ同じ。「オーストラリア最大の牛」と呼ばれる巨大さゆえ、2018年10月にオークションに出されたものの、食肉加工業者から「大きすぎて食肉の加工機で扱えない」と断られたそうです。ニッカーズは食肉加工用の機械に乗せるには重すぎるため、食肉として加工するためには床で作業をする必要がありますが、そうすると汚染の問題があるため、最終的には作業を断念せざるを得ないと結論づけられました。

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2018/11/29/big-cow-reason/00.jpg
https://i.gzn.jp/img/2018/11/29/big-cow-reason/005_m.jpg
https://i.gzn.jp/img/2018/11/29/big-cow-reason/010_m.jpg

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181129-big-cow-reason/
ダウンロード (3)


引用元: 【動物】〈動画〉「巨大すぎて食肉処理場に断られた牛」はなぜこんなにも巨大になったのか?[11/29]

〈動画〉「巨大すぎて食肉処理場に断られた牛」はなぜこんなにも巨大になったのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/04/10(月) 16:00:22.28 ID:CAP_USER9
イギリスの都市ダービーシャー近郊の牧場で、5本足の羊が生まれた。
足は1本多いものの、子羊はいたって健康で元気に農場を駆け回っているという。

フォレストと名付けられたその子羊は、この5本目の足がきっかけで食肉となることを免れることになった。
海外メディアMirrorOnlineが報じた。  

牧場を運営するマーク・ベイリーは、フォレストの出産を手伝う際に娘のザラと一緒だった。
子羊が5本足であることに気がついたのはザラだったという。

 「娘が『パパ見て、この羊足が5本あるよ』というまで私は気づいていませんでした」
「驚き信じられませんでした。これまでに見たことがありません」とマーク。

「インターネットでこの子羊に問題がないかどうか調べました。これまでにこのようなことがあったのかとか」

続きはソースで

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170409-17658241-crankin

5本足の元気な子羊、元気に走り回る姿がかわいい 
http://www.crank-in.net/img/db/1200552_1200.jpg
http://www.crank-in.net/img/db/1200553_1200.jpg
http://www.crank-in.net/img/db/1200550_1200.jpg
http://www.crank-in.net/img/db/1200551_1200.jpg
http://www.crank-in.net/img/db/1200549_1200.jpg
ダウンロード


引用元: 【動物】5本足の子羊、いたって健康で元気に農場を駆け回る 5本足のため食肉となることを免れる [無断転載禁止]©2ch.net

5本足の子羊、いたって健康で元気に農場を駆け回る 5本足のため食肉となることを免れるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/09(木) 20:49:44.98 ID:CAP_USER9
英カーディフ大学の学者たちは、中国の畜産農場に住んでいるハエが、抗生物質に対する耐性遺伝子の媒介者であることを明らかにした。
ハエは、薬物耐性を持つ微生物「スーパーバグ」の運搬者であることが分かった。

New Scientistによると、研究者たちは家畜用の飼料に抗生物質が混入されている中国の家畜農場で耐性遺伝子が生じたことを明らかにした。

続きはソースで

https://jp.sputniknews.com/science/201702083319385/
ダウンロード


引用元: 【科学】中国のハエが抗生物質の作用を無効化する [無断転載禁止]©2ch.net

中国のハエが抗生物質の作用を無効化するの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/02/03(火) 17:08:45.48 ID:???*.net
画像
http://image.dmm-news.com/media/1/e/1e2be2635bea37ed5973f4a704ad4e28af9785fe_w=666_h=329_t=r_hs=143e5a296a81bcebd5c4764ecaf01b1d.jpeg

1月中頃、南米、チリ中部のモンテ・パトリアにて、伝説のUMAチュパカブラの遺骸が発見されたとして、話題となっている。事件が起きた農場で働く農夫らによれば、遺骸はワイン貯蔵庫の藁の間に横たわっている姿で発見された。はじめコウモリの遺骸だと考えたが、近づいてよく見ると、コウモリにしては明らかに頭部が大きく、コウモリではないことに気づいたという。公表された写真を見る限り、確かにその頭部はまるで猿のように丸く、また鋭い牙を持っていることが確認できる。手足も発達しており、少なくともコウモリなどの鳥類でないことは明らかである。そしてこの遺骸を取り出して調べているうち、農夫の誰かがチュパカブラではないかと話しはじめたという。

チュパカブラとは、北米南部から南米にかけての農村部に古くから伝わる未確認動物(UMA)のひとつ。
スペイン語で「山羊の血を吸うもの」を意味する通り、農場で飼われる山羊を襲い、その血を吸い尽くすと言われる。その外観は目撃証言により様々だが、トカゲのような緑色の皮膚に鋭い爪と牙を持ち、背中には針のように尖った突起があるとされる。
カンガルーのような立ち姿で、強力なジャンプ力で飛び去る姿も目撃されている。

今回の発見を受け、近隣では既にチュパカブラが現れたとして恐怖が広がっている。
地元農夫の一人は取材にこう語っている。

「我々の生活は山羊の牧畜のうえになりたっているので、ここには多くの山羊がいます。またチュパカブラは山羊しか襲わないとも言われていますが、私たちの子供が襲われないと誰が保証できるでしょうか」

続きはソースで

(取材・文/X51)
http://dmm-news.com/article/913913/

引用元: 【UMA】南米チリの農場で未確認生物「チュパカブラ」の遺骸を発見か(画像あり)

【画像】南米チリの農場で未確認生物「チュパカブラ」の遺骸を発見かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/10/21(火) 00:54:12.99 ID:???0.net
中国北東部の農場で、ゾウとブタの合いの子のような、長い鼻をもつ奇妙な子ブタが生まれました。

この生物は、ゾウと交配させたわけではなく、奇形のブタであるとのこと。
体重250キロの母ブタが生んだ8匹の子ブタのうちの1匹だそうです。

残念ながら、この子ブタには口がなく、生まれてから2時間後に死んでしまいました。
農場主は子ブタの死骸を冷凍保存することにしました。

画像
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/10/A-frozen-dead-pig-who-looks-like-an-elephant-01.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/10/A-frozen-dead-pig-02.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1945

ソース:Mirror
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/elephant-crossed-pig-piglet-born-4467669

引用元: 【中国】ゾウとの合いの子? 長い鼻をもつ奇妙な子ブタが生まれる(画像あり)

【閲覧注意】中国でゾウとの合いの子? 長い鼻をもつ奇妙な子ブタが生まれるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/09(金) 17:12:38.15 ID:???.net

■CO2濃度上昇で穀物の栄養成分が減少

 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の上昇により、コメや小麦などの主要穀物の栄養成分が大きく減少するとの研究が、7日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。(中略)

 米ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health、HSPH)などの研究者らは、日本、オーストラリア、米国の7か所の実験農場で穀物6種41品種の調査を行った。
実験農場の植物は、水平に設置したガスパイプから放出される高濃度のCO2にさらされた。通常の大気のCO2濃度は約400ppm(ppmは100万分の1を意味する単位)で、現在1年に2~3ppmの速度で上昇している。

 実験農場の植物は、研究チームの作った「CO2を増量」した環境で、546~586ppmのCO2濃度の中で
栽培された。

続きはソースで

http://www.afpbb.com/articles/-/3014523
http://www.afpbb.com/ AFPBB News 2014年05月09日 15:55 発信地:パリ/フランス 配信

Increasing CO2 threatens human nutrition
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature13179.html
Nature(2014)doi:10.1038/nature13179 
Web site 接続日 [14/05/09]


引用元: 【調査】CO2濃度上昇で穀物の栄養成分が減少 [14/05/09]


CO2濃度上昇で穀物の栄養成分が減少 [14/05/09]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ