理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

迷彩

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/11/01(水) 00:37:15.95 ID:CAP_USER
恐竜も「迷彩」で身守る? 羽毛に濃淡模様、中国の化石から再現
2017年10月30日 12:15 発信地:ワシントンD.C./米国

【10月30日 AFP】中国で化石が見つかった約1億3000万年前の羽毛恐竜に、敵に見つかりにくくするための濃淡模様があったとの研究成果を、英国の研究者らが米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表した。恐竜に関する通説を覆す発見だという。
 
同誌に26日に掲載された論文によると、この恐竜はシノサウロプテリクス(Sinosauropteryx)という小型の羽毛恐竜で、十数年前に化石が発見されていた。

研究チームが恐竜の色を再現したところ、カムフラージュのための模様が複数あることが判明。ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)など、大型の肉食恐竜から身を守るのに役立っていたとみられる。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年10月30日 12:15
http://www.afpbb.com/articles/-/3148549

▽関連
University of Bristol
'Bandit-masked' feathered dinosaur hid from predators using multiple types of camouflage
Press release issued: 26 October 2017
http://www.bristol.ac.uk/news/2017/october/feathered-dinosaur-camouflage.html

Sinosauropteryx in the likely open habitat in which it lived 130 million years ago in the Early Cretaceous
Image credit:Robert Nicholls
http://www.bristol.ac.uk/media-library/sites/news/2017/october/feathered-dino-article.jpg
The best-preserved fossil specimen of Sinosauropteryx from the Early Cretaceous Jehol Biota of China and an interpretive drawing of the bones, stomach contents and darkly pigmented feathers. Scale bar represents 50 mm.
Image credit:University of Bristol
http://www.bristol.ac.uk/media-library/sites/news/2017/october/feathered-dino-fossil-article.jpg
-----------
Current Biology
Countershading and Stripes in the Theropod Dinosaur Sinosauropteryx Reveal Heterogeneous Habitats in the Early Cretaceous Jehol Biota
http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(17)31197-1

ダウンロード

引用元: 【古生物】恐竜も「迷彩」で身守る? 羽毛に濃淡模様、中国の化石から再現

恐竜も「迷彩」で身守る? 羽毛に濃淡模様、中国の化石から再現の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/11(月) 16:12:04.62 ID:CAP_USER*.net
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160111-00000004-sasahi-sci

突然、窓ガラスが割れて、不正を働いた外交官が撃たれた。

「窓の外だ」

見下ろすと、女性型サイボーグが不敵な笑みを浮かべてゆっくりと高層ビルの間を落下していく。ただ、何かおかしい。本来は体に隠れて見えないはずの背景、ビルの窓の明かりや環状道路を車が走る様子がその体に映し出され、次第に周囲に紛れていく。最後は完全に景色に溶け込み、姿が見えなくなった。

「光学迷彩……」

居合わせた男性がこうつぶやくところで、場面が切り替わる。
人気SFマンガ「攻殻機動隊」アニメ映画版のワンシーンだ。

これにヒントを得て、東京大学大学院情報理工学系研究科の稲見昌彦教授が開発したのが写真の「光学迷彩」、つまり、透明人間になったかのように見えるマントだ。誰でも一度は、「自分が透明人間になったら」と夢想したことがあるだろう。小説や映画も、繰り返し透明人間を描いてきた。例えば、昔話に出てくる「天狗(てんぐ)の隠れ蓑(みの)」も透明人間になる「技術」の一つだ。

稲見教授考案の「透明人間」技術は、プロジェクターとカメラとコンピューター、光を拡散せずにそのまま反射させる「再帰性反射材」という特殊な素材でできたマントの組み合わせで実現する。実際に体が透明になるわけではない。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【科学】攻殻機動隊の「光学迷彩」が現実に?東大大学院教授の挑戦

攻殻機動隊の「光学迷彩」が現実に?東大大学院教授の挑戦の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ