理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

道路

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/08(日) 19:01:00.46 ID:uEVpecmd*.net
2015年03月08日 11時08分

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150308/20150308-OYT1I50002-L.jpg
※新工法を開発した井沢さん(パソコンの画面はシールドマシン)=菊政哲也撮影

 首都高速中央環状線が7日夕、全線開通した。

 日本最長の道路トンネルとなった「山手トンネル」(全長約18・2キロ)の最後の開通区間になった大橋ジャンクション(JCT)―大井JCT間(約9・4キロ)の一部工事には、国内初の最新工法が導入された。

 「ヒントはサンダーバードに出てくる『ジェット・モグラ』だった」。新工法を開発した大林組の技術者、井沢昌佳さん(46)はテレビのSF人形劇から着想を得たという。

 地下トンネル工事では通常、まず縦穴を掘り、そこに巨大な回転式のカッターがついた「シールドマシン」を下ろしてから水平に掘削する。
サンダーバードのジェット・モグラは、地面に対して斜めにドリルを突き立て、そのまま地中に潜り込む。井沢さんは「縦穴が不要になれば、工期を大幅に短縮できるのではないかと考えた」と振り返る。

 井沢さんのチームは2003年4月、開発に着手。シールドマシンは、カッターのある前部が重いためバランスが悪く、一定の角度を保って斜めに掘り進むのが難しかった。
そのため、重心が真ん中にくるよう、メーカーとともに改良と実験を繰り返した。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/20150308-OYT1T50020.html

01


※関連スレ
【交通】都心の渋滞緩和の切り札 首都高中央環状線が全線開通(画像と動画あり)©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425703210/

引用元: 【科学】 ヒントはサンダーバード…首都高トンネル新工法 [読売新聞]

ヒントはサンダーバード…首都高トンネル新工法の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/26(月) 18:06:43.22 ID:???.net
掲載日:2015年1月26日

 定員2名の小型飛行機に変形する空飛ぶ車「エアロモービル 3.0(AeroMobil 3.0)」が今春開催されるモーターショー「トップ・マルケス・モナコ(Top Marques Monaco)」で一般公開される。

 トップ・マルケス・モナコに登場するのは、昨冬にオーストリアのウィーン(Vienna)で開催されたパイオニアズ・フェスティバル(Pioneers Festival)で発表されたエアロモービルの最新改良モデルだ。

 近々正式な耐空証明を取得予定のエアロモービル試作機は、道路上を最高時速160キロで、空では最高時速200キロで飛行可能だ。

続きはソースで

(c)Relaxnews/AFPBB News

<画像>
(c)Relaxnews/AeroMobil.com
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/8/1024x/img_782938373c7691e4b66ffe59f7c22af4152935.jpg

<参照>
AeroMobil 3.0 - official video - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kzYb68qXpD0



AeroMobil: Flying car
http://www.aeromobil.com/specification

<記事掲載元>
http://www.afpbb.com/articles/-/3037746

引用元: 【未来自動車】空飛ぶ車「AeroMobil」、モーターショーに登場

【未来自動車】空飛ぶ車「AeroMobil」、モーターショーに登場の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/20(月) 22:55:17.53 ID:???.net
道路があれば、農家は収穫物を市場に運ぶことができ、子ども達を学校に通わせることができる。
32年にわたって外交官を務めたあと、2000年から世界食糧賞財団の代表を務めるケニス・M・クイン(Kenneth M. Quinn)氏が、道路と食糧の相関性について語ってくれた。

26歳で外交官になった私は、ロンドンやパリのシャンデリアに飾られたボールルームを夢見ていた。
ところが、ベトナムのメコンデルタ地方にある8つの村に地域開発アドバイザーとして配属されたのだ。

そこで人生における最も重要な教訓を学ぶことになった。道路が人々の暮らしを改善するという教訓を。

1968年のことで、ちょうど世界食糧賞(World Food Prize)の創設者ノーマン・ボーローグ(Norman Borlaug)氏が「奇跡の麦」を開発し、「緑の革命」が始まった頃だ。東南アジアでは、高収量で生育が速い「奇跡の米」と呼ばれた品種IR8が普及し始めていた。

私が指導した地域でも新しいIR8の栽培が促進されると同時に、村々をつないでいた轍だらけの道が改良されて、ようやく4つの村が結ばれるようになった。

IR8は二期作を可能にし、収穫まで6カ月かかっていた従来の品種と比べ収量が大幅に増加した。
小規模農家は初めて有り余るほどの収穫と収入を得ることができた。

農家は家を改築し、衣服を買い揃え、子供たちには栄養価の高い食料を与えた。
新しい道路のおかげで、学校で長い時間勉強することができ、子供の死亡率も下がった。

道路の改良によってもたらされた最も驚くべき変化は、治安に現れた。
村々はかつて暴徒や潜伏するゲリラ兵によって包囲されていたが、昼夜を問わず安全に移動することが可能になった。
商売や情報、様々な機会といった新たな道が若者たちの前に開かれると、反政府軍の活動や暴動に参加する必要がなくなったのだ。

一方、道路が改良されなかった4つの村ではIR8が栽培されず、貧困や栄養失調といった状況から抜け出せないまま、治安はむしろ悪化する結果となった。

以下ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141017005

引用元: 【環境】道路と食糧の重要な関係

道路と食糧の重要な関係の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/08(水) 16:53:59.66 ID:???0.net
英国の研究チームは自動車の燃費について驚くべき結果を発表しました。
研究チームは「実際の道路を走行する場合、排気量の大きな車のほうが結果的に燃料消費が少ない」といいます。
「メーカーのテストは現実を反映していないのです。」

研究者は500車種以上の車を分析、1ガロンあたりの走行マイル(MPG)を比較したとの事。
それによれば実際の道路では低排気量の車は加速するために回転数を上げねばならないため、結果的に多くの燃料を使うことが判明しました。

また実際の燃費はメーカー公称値より平均して18%も低かったそうです。
専門家は「メーカーテストは高速道路で行われることが多く、このような結果が出たのだろう」といいます。

エンジン排気量/メーカー公称値との差
0~1リットル -36%
1~2リットル -21%
2~3リットル -15%
3~4リットル -14%
4~5リットル -15%
5~リットル  -1%

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2784592/Why-big-car-best-comes-fuel-economy-Research-finds-vehicle-makers-tests-not-reflect-reality-car-driven-road.html

引用元: 「低排気量の車」は「低燃費」ではない…500車種を対象に調査、排気量1L未満の車は厳しい結果に

「低排気量の車」は「低燃費」ではない…500車種を対象に調査、排気量1L未満の車は厳しい結果にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/21(日) 00:33:56.31 ID:???0.net
近年はシカなどの野生動物が増加傾向にあるとされ、山間部を走る鉄道路線ではその衝突対策が大きな問題です。そうしたなか、JR東海はあるシカ対策装置の標準装備を進めています。

■くり返されるシカとの知恵比べ

 山間部を走る鉄道路線は列車とシカとの衝突事故に頭を悩まされており、JR各社は毎年「鹿対策担当者会議」を開き情報交換を行っています。近年は捕獲制限やハンターの減少により野生動物が増加していると考えられ、例えばJR東海管内では2012年度、年間635件もシカとの衝突が発生。
2005年度と比較すると倍以上の数字になっています。シカは列車から警笛やライトで威嚇しても、習性的に線路からなかなか逃げないことも難しい点です。

 このためJRは様々なシカとの衝突対策を行っており、その一例を以下に挙げます。

(1)シカ除けとして、線路にオオカミの尿やライオンの糞、ナフタリンを散布する。
(2)シカ除けとして、線路脇に固形石鹸や芳香剤を置く。
(3)シカは発泡スチロールのこすれる音を嫌がるため、線路沿いに発泡スチロールを吊す。
(4)釘を打ち付けた進入防止マットを踏切に設置。
(5)線路に柵を設ける。
(6)徐行運転を行う。

 しかしそれぞれ、次のような結果になっています。

(1)雨で流されてしまう、シカが慣れてしまうなど効果は一時的。
(2)カラスに持ち去られてしまった。
(3)維持管理に手間がかかるほか、シカも慣れてしまった。
(4)踏み越えられてしまった
(5)全区間に柵を設けるのは難しいうえ、飛び越えられることも。
(6)ダイヤに影響が出る。

 このほか線路脇にLEDの点滅で威嚇する装置を設ける、スピーカーや笛からシカが嫌う音を出すなどの対策の開発も行われていますが、現在のところ問題解決の決定打とはなっていません。

■発想を転換したJR東海のある装置

>>2014/09/20時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
(乗りものニュース) - goo ニュース http://news.goo.ne.jp/article/trafficnews/trend/trafficnews-36117.html

引用元: 【鉄道】 くり返されるシカとの知恵比べ 鉄道車両の前面に衝突対策クッション 進む標準装備化 [乗りものニュース]

くり返されるシカとの知恵比べ 鉄道車両の前面に衝突対策クッション 進む標準装備化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(WiMAX) 2013/07/21(日) 15:10:16.45 ID:3Y+PqEGK0● BE:1278279735-PLT(12001) ポイント特典

まるでSF映画みたい! 高速道路で自動運転も…研究進む夢のクルマ社会

人と車、道路が情報をやり取りすることで渋滞や事故が減り、コンピューター制御の自動運転も当たり前-。
SF映画のような次世代クルマ社会の実現に向け、高度道路交通システム(ITS)の研究が急ピッチで進んでいる。ただ、本格的な実用化には車載端末の普及など多くの課題がある。(伊藤壽一郎)

■完全自動で省エネ

全長約10メートルのトラック4台が、時速80キロで車間距離わずか4メートルの一列縦隊を保ったまま、1周3・2キロのテストコースを何回も走り抜ける。運転席に人はいるが、ハンドルやアクセル、ブレーキは操作しない。すべてハイテクで制御された完全自動運転だ。

これは今年2月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が茨城県つくば市で行った公開実験の光景だ。平成20年度から約44億円を投じて開発した先進技術で、経済産業省の事業の一環。NEDOの岩井信夫統括調査員は「人にこんな運転は不可能でしょう」と笑う。

トラックは、前後のセンサーで車線を区切る白線を読み取り、これを基準にハンドル角度を調整し、走行
車線をキープする。前方車両との距離はレーダーで測り、アクセルとブレーキを調節して一定に保つ。
障害物や渋滞があれば安全な速度に減速する。

車間距離を4メートルに短縮することで、空気抵抗が減って燃費が約15%改善。トラックの集中で一般車が走行可能な道路面積が増え、国全体の経済損失が年間12兆円に達するとされる渋滞の解消にもつながる。42年以降に高速道路で実用化するのが目標だ。

a5e98d29.jpg


時速80キロのトラックが一列縦隊を保ったまま走行する公開実験の様子
http://www.youtube.com/watch?v=6TbI2oL9pdA



http://www.sankeibiz.jp/images/news/130721/bsa1307211247000-p1.jpg
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130721/bsa1307211247000-n1.htm



まるでSF! 研究進む夢のクルマ社会 ( ^ν^)「規制まみれで日本じゃ実用化できねーよ」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ