理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

違和感

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/10(日) 01:14:35.26 ID:???*.net
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150509/201505090912_24877.shtml
 土岐市土岐津町土岐口の会社員三尾和廣さん(66)が、中津川市内の山林で体長が2メートル近いイノシシの姿を、赤外線自動カメラで撮影した。
長年、野生動物の生態を調べてきた三尾さんは
「家畜ブタの遺伝子が入ったイノブタのようにも見える。県内でも在来種のイノシシに遺伝子が入り込んでいるのではないか」
と危惧している。

 三尾さんによると、イノシシは自身が所有する杉林で今年4月末の夜間に撮影。成獣は体重が70~100キロだが、撮影されたイノシシは体重が150キロほど、体長は約1.8メートルと推定されるという。

 「鼻が短いなど、体格がイノシシとは思えず、違和感を感じる。直系の1代目なら外見的特徴が出やすいが、2代目や3代目になると、外見での判別は難しい」と、三尾さんは研究機関での調査の必要性を訴えている。

 県内に生息するイノシシの遺伝学的解析に3年前から取り組む、岐阜大野生動物管理学研究センター特任助教の森部絢嗣さんは「確かに大きい個体だが、外見だけでは家畜ブタとの交配種イノブタと判断できない。

続きはソースで

no title

引用元: 【社会】巨大イノシシ撮った 中津川の山林、体長1.8メートルか 岐阜

巨大イノシシ撮った 中津川の山林、体長1.8メートルか 岐阜の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 歩いていこうφ ★ 2014/05/03(土) 19:06:47.06 ID:???

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140503-00000001-nallabout-hlth


 肩こりがつらいとき、首に違和感があるとき、どうしていますか? 自分で首を捻って、ボキっと音を鳴らすとスッキリ! なんていう話もよく聞きます。

 しかし、肩こりや首の痛みでは、自分で良いと思ってとった解消法が、のちのち悪い結果を招いてしまうことがあります。自分で首を捻って関節を鳴らすクセがある人は要注意です。

■関節ボキボキはクセになる

 首をボキボキ自分で鳴らすという行為は、はたしていいのでしょうか? 整体やカイロプラクティックの先生も、関節をボキボキ鳴らして施術をしているから、大丈夫だと思っていませんか?

 実は、自分で首をボキボキ鳴らすことを習慣にしてしまうのは、とても危険なことなのです。一時的なスッキリ感を覚えてしまうと、そのクセを止めようと思っても、首を鳴らさなければ首の違和感や肩こりを強く感じてしまい、止められなくなってしまう恐れがあります。


■「ボキボキ」は何の音?

 首を捻るとボキボキ鳴る音の正体は何か、海外の研究を含めると、まだはっきり解明されてはいないのですが、有力な一説があります。
それは、「気泡」。

 関節は2つの骨から成り、少し隙間があります。関節周囲を覆うように関節包という組織があり、その中には関節をスムーズに動かし軟骨に栄養を与えるための液体(滑液)が入っています。自分で首を思い切り捻ると、その関節周囲では圧力の変化が起きるのですが「ボキ」の正体はそのときに液体から発生する気泡の音であると言われています。このときの刺激が、首の筋肉をリラックスするように感じさせスッキリ感を得てクセにさせてしまうのです。

続きはソースで
~~引用ここまで~~



引用元: 【健康】スッキリするのは気のせい? 実は危険な「首ボキボキ」[05/03]


実は危険な「首ボキボキ」[05/03]の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ