理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

適用

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/12(土) 07:22:12.97 ID:CAP_USER9
極めて高額なため薬価引き下げが検討されているがん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省の部会は11日、新たに血液のがんである悪性リンパ腫の一種に対する治療にも使うことを了承した。約1カ月後に正式承認され、保険適用が認められる。

オプジーボは一部の患者に優れた効果が期待されるが高額な新薬。

続きはソースで

共同通信WEB(2016/11/11 20:38)
http://this.kiji.is/169773438716741110?c=39546741839462401
ダウンロード


引用元: 【がん治療薬】血液がんにも治療薬オプジーボ 悪性リンパ腫に適用拡大 [無断転載禁止]©2ch.net

【がん治療薬】血液がんにも治療薬オプジーボ 悪性リンパ腫に適用拡大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/26(水) 19:22:58.76 ID:???*.net
肝炎新薬に保険適用 服用12週間、高い効果

 厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は26日、米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発したC型肝炎の新しい飲み薬「ハーボニー」の保険適用を承認した。C型肝炎患者の約7割を占める「1型」と呼ばれる遺伝子型に効果が高く、服用期間は12週間と従来の治療方法より大幅に短い。31日から保険が使える。

続きはソースで

1




2015/08/26 18:54 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082601001669.html

引用元: 【医療】臨床試験で100%の患者の症状改善・・「待ちに待った薬」C型肝炎新薬に保険適用[08/26]

臨床試験で100%の患者の症状改善・・「待ちに待った薬」C型肝炎新薬に保険適用の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/05/14(木) 08:41:14.08 ID:???*.net
厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は13日、ダニによるアレルギー性鼻炎に対し、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせ根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認した。

昨年秋には、同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されているが、ダニのアレルギー性鼻炎は初めて。

アレルギー性鼻炎は、スギやブタクサなどの花粉やハウスダストなどが原因で起こる。
季節を問わずに発症する通年性アレルギー性鼻炎の多くは、ダニが原因とされる。

保険適用されるのは、塩野義製薬が申請していた「アシテアダニ舌下錠」。

続きはソースで

05

2015年05月14日 07時28分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150514-OYT1T50000.html

引用元: 【医療】「ダニのエキスを口に含んで体に慣れさせる」ダニアレルギー性鼻炎の新治療薬、保険適用に

「ダニのエキスを口に含んで体に慣れさせる」ダニアレルギー性鼻炎の新治療薬、保険適用にの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/15(金) 14:17:40.11 ID:???.net
■京大、iPS移植に先進医療検討 パーキンソン病治療

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病の患者に移植する京都大の再生医療について、自分の細胞を使う場合は保険診療と併用する先進医療として2018年度に始めることを京大の高橋淳教授が検討していることが15日、分かった。

 高橋教授は、保険診療を適用すれば、多くの患者が治療を受けられることが期待されるとしている。

 他人の細胞から作ったiPS細胞のパーキンソン病患者への移植も、18年度に治験の開始を検討する。(後略)

(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014081501001200.html
http://www.tokyo-np.co.jp/ 東京新聞(TOKYO Web) (2014年8月15日 12時02分)配信
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1403379058/238 依頼

引用元: 【医療】京大、iPS移植に先進医療検討 パーキンソン病治療

京大、iPS移植に先進医療検討 パーキンソン病治療の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/08/17(日) 23:03:40.30 ID:???0.net
6月に上梓した『絶対に受けたくない無駄な医療』(日経BP社)が出版から1カ月で3刷りとなり、想定よりも売れ行きが好調だ。国を挙げた無駄な医療選定作業が進みそうであることも関係していると思われる。
ここ最近で日本の医療経済の観点に関する大きな動きといえば、社会保障制度改革推進会議が7月に始まったところだろう。
民主党政権時の社会保障制度改革国民会議と同じく、慶應義塾長の清家篤氏が議長を務め、首相の諮問に応える。
医療や介護について、無駄を省きながら効率的に機能を強化することを目的としている。社会保障費の増大が問題視される中、無駄な医療の削減は必然の流れといえよう。

 7月18日付日本経済新聞は、この社会保障制度改革推進会議に関連し、健康保険組合の見方として風邪薬や湿布薬を保険適用外とする改革案を紹介していた。この案に反発を覚える消費者も多いかもしれないが、「風邪薬を保険適用から外す」というのは世界的な潮流から見れば違和感はない。

 薬を保険適用外とする施策は過去にも何度か行われてきた。例えば、ビタミン剤の単純な栄養目的としての処方が2012年4月から保険適用外になった。また、最近でも14年4月から、うがい薬単独の処方をする場合は保険適用外になった。
以前では風邪で診察を受けた際に、ビタミン剤が栄養補給目的で処方されたり、うがい薬のポピドンヨードが処方されることがあった。
結局、ビタミン剤やうがい薬は市販で手に入るし、保険適用により医療機関で安価に手に入れられるのは問題だと結論付けられた。
この施策により、国費負担がそれぞれ50億円ほど削減できた。

 もっとも、医療費抑制は重要だが、それにより医療を受ける人の健康が害されたり、寿命が縮んだりしては元も子もない。
ビタミン剤やうがい薬は、省いても医療の成果には影響しない、ほとんど無駄な医療行為と判断された面があるのは見逃せない。

続きはソースで

(文=室井一辰/医療経済ジャーナリスト)

2014.08.16
http://biz-journal.jp/2014/08/post_5725.html

引用元: 【国内】「風邪薬は無意味」は医療界の常識?保険適用除外の動き 医療費削減議論が本格化★2

「風邪薬は無意味」は医療界の常識?保険適用除外の動き 医療費削減議論が本格化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/23(土) 18:46:40.24 ID:???0

★カプセル内視鏡のんで大腸がん検査 1月から保険適用
朝日新聞デジタル 11月21日(木)8時30分配信

飲むだけ」のカプセル内視鏡で大腸のがんを探す検査が、来年1月から公的医療保険の対象になる。
大腸がんは、がんの死因の上位だが、「恥ずかしい」などの理由で検診の受診率が低い。
受診を促し、早期発見につなげるのがねらいだ。

藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)では保険適用に先駆けて、7日からこの検査を始めている。

検査は、長さ3・1センチ、直径1・1センチのカプセル型の内視鏡をのみ込む。2台の小型カメラとLEDライト、バッテリーが内蔵されており、1秒間に最大35枚の画像が撮影できる。データは随時、受診者が肩から提げたレコーダーに送信される。数時間後、カプセルは便として排泄(はいせつ)される。

肛・門から細長い管を入れる従来の内視鏡検査と比べると、痛みと心理的負担がないことが利点だ。

カプセル内視鏡は、小腸用が07年に保険適用されている。大腸用は7月に国が製造販売を承認。
厚生労働省の中央社会保険医療協議会が今月6日、来年1月からの保険適用をスピード承認した。
カプセルの価格は8万3100円。ここに検査費用が加わり、3割負担なら1回数万円で受けられる見通し。

ただ、従来の内視鏡と違い、検査中に病変が見つかってもその場で治療できない弱点もある。精度もやや劣り、2011~12年に国内3施設が行った治験では、66例中4例(6%)で病巣を発見できなかった。

4

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000013-asahi-sci



【医療】カプセル内視鏡のんで大腸がん検査 1月から保険適用の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ