理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

遭難

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/24(金) 20:48:21.30 ID:???.net
【10月23日 AFP】ニュージーランドの民間団体、南極歴史遺産トラスト(Antarctic Heritage Trust、AHT)はこのほど、約100年前に南極点に到達するも、その帰路で遭難・死亡した英ロバート・スコット(Robert Scott)探検隊のメンバーが残したノートが発見されていたことを明らかにした。当時の状況などについて、非常に詳しい記述がなされているものだという。

ノートはスコット探検隊に参加していた科学者ジョージ・マレー・レビック(George Murray Levick)のもので、1911年に南極大陸に上陸した際の基地に残されていた。周辺の氷が解けたことで昨年になって発見された。
ノート書き込まれていたのは日付や気候など日常的な事柄だが、撮影した写真についての説明も含まれていた。また、書かれた文字は現在でも判読可能だが、長年にわたって凍結状態にあったことから、装丁は崩れていたという。

探検隊の最期を明らかにしようと、7年にわたって調査を続けてきた同トラストのナイジェル・ワトソン(Nigel Watson)理事長は、「公式記録に書かれていなかった事実を明らかにするものだ」と新たな発見についてコメントした。
南極大陸に到着した同探検隊は、2つのグループに分かれた。南極点初到達を目指したスコットのグループは、1912年1月17日、ノルウェーのロアール・アムンゼン(Roald Amundsen)隊から遅れること1か月、ようやく南極点に到達した。

スコット隊はその帰路で全員が遭難死している。
一方、科学的観察を行いながら沿岸を進んだレビックらの別のグループは基地に無事に帰還したものの、氷に行く手を阻まれて身動きが取れなくなり、スコットらの救助に向かうことができなかった。
南極歴史遺産トラストはこれまでにも、英探検家アーネスト・シャクルトン(Ernest Shackleton)の探検隊が1908年に南極点を目指した際に持参したウイスキーのボトルが入った木箱や、1914年~17年の探検の際にロス海(Ross Sea)で紛失した写真のネガを発見している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3029731

引用元: 【考古学】南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶり

南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶりの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ダイビングエルボードロップ(大阪府) 2014/02/04(火) 18:27:30.21 ID:TWKuraf/0 BE:248438333-PLT(12001) ポイント特典

 【サンパウロ時事】サメ漁でメキシコを出港した男性漁師が太平洋で遭難し、1万2000キロ以上離れたマーシャル諸島で救助された。
漂流生活は13カ月に及んだとされ、「奇跡の生還」と話題になっている。3日付のメキシコ紙ウニベルサルなどが報じた。

 男性はエルサルバドル出身のホセ・アルバレンゴさん(37)。1月31日、マーシャル諸島の島に流れ着いたところを発見された。
足は痩せ細り、満足に歩けない状態で「気分が悪い。早く帰りたい」と話しているという。

 漂流中は素手で捕まえた鳥や魚を食べて飢えをしのぎ、雨が降らない時は、ウミガメの血を飲んでのどの渇きを癒やした。乗っていた全長約7メートルの漁船からは大量の貝殻やウミガメの甲羅が見つかった。

18f5644d.jpg

http://amd.c.yimg.jp/im_sigguf5D7vY.o1ZXLkJcGrTZ6w---x375-y450-q90/amd/20140203-00000038-jij_afp-000-2-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000020-jij-int



メキシコの漁師が太平洋で遭難 13ヶ月漂流後、1万2000km離れたマーシャル諸島で救助されるの続きを読む

このページのトップヘ