理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

部位

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/05/23(水) 10:51:16.78 ID:CAP_USER
【5月23日 AFP】
乳がん細胞が体の別の部位で休眠状態に入り、後により困難な形で再発することを可能にするメカニズムが特定された。研究論文が22日、発表された。

 研究チームは、ヒト細胞と生きたマウスを用いた実験を行い、薬剤や遺伝子操作によってこのメカニズムを無効にすると、乳がん細胞を活動不能にし、その拡散能力を阻害できることを明らかにした。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究論文によると、今回の発見は乳がん治療法開発のための有望な標的を提供するものだという。

 乳がんによる死亡の約90%は、がんが他の臓器や部位に移動する転移によって起きる。

 これまで専門家らを悩ませてきたのは、がん細胞が長期間にわたり潜伏できるメカニズムと休眠中の細胞を目覚めさせる誘因の特定だ。
がん細胞の休眠は数十年に上ることもある。

 論文の共同執筆者で、米国立がん研究所(NCI)の研究者ケント・ハンター(Kent Hunter)氏は、「今回の結果は、乳がん細胞が自食作用(オートファジー)として知られる細胞プロセスを利用することで、患者の体内で長期間検出されずに生存できることを示唆している」と話す。

 オートファジーは、健康な細胞やがん細胞がストレスの多い低栄養の環境で生き延びるために、細胞内の構成要素を再編成する際に発生する。これにより、細胞は部分的に活動を停止し、冬眠に似た状態に入ることが可能になる。

続きはソースで

(c)AFP

関連ソース画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/2/320x280/img_a289000dd436cd9a006752c8a853f7a7110730.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3175624
images (2)


引用元: 【医学】乳がん細胞の休眠、がん細胞が長期間にわたり潜伏できる仕組みを解明 米研究[05/23]

乳がん細胞の休眠、がん細胞が長期間にわたり潜伏できる仕組みを解明 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/10/22(日) 00:40:01.63 ID:CAP_USER
「やる気がでると目がさえる」脳の仕組みを筑波大学が発見

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構のミハエル・ラザル准教授らの研究グループは、モチベーション(やる気)に関与する脳部位である側坐核が睡眠覚醒を制御することを初めて発見した。

気持ちが高ぶっている時や何かに没頭している時は眠気を忘れることが多く、反対に、刺激がなく退屈な状況では眠気を感じることは、誰もが経験するだろう。つまり、睡眠不足や体内時計などの生理的な欲求とは別に、感情や認知的要因も睡眠覚醒行動に影響を与えることが分かっている。両者はそれぞれ別のメカニズムにより調節されていると考えられてきたが、その脳内のしくみについては全く明らかになっていなかった。

続きはソースで

▽引用元:大学ジャーナルオンライン編集部 2017年10月19日
http://univ-journal.jp/16391/

▽関連
筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 プレスリリース 2017.09.30
やる気が出ると目がさえるのはなぜ? モチベーションに重要な脳部位による睡眠覚醒制御機構を発見
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/press/1152
図 側坐核の興奮により睡眠が増加する
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/wp-content/uploads/sites/2/2017/10/figure1_JP.png
ダウンロード (1)


引用元: 【睡眠】「やる気がでると目がさえる」脳の仕組みを発見/筑波大

【睡眠】「やる気がでると目がさえる」脳の仕組みを発見/筑波大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/05/12(金) 22:18:23.53 ID:CAP_USER
2017/05/12 12:37(マイアミ/米国)
【5月12日 AFP】人間の嗅覚はネズミやイヌ並みに鋭いとする研究結果を、米国の研究者が11日発表した。100年ほど前から述べられてきた正反対の「俗説」を覆す内容だ。

 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、米ラトガース大学(Rutgers University)の神経科学者ジョン・マクガン(John McGann)氏は、人間の嗅覚が劣っているという、同氏が言うところの「誤解」を導いた過去の研究や歴史的文献を見直した。

 人間は約1万種類のにおいを嗅ぎ分けられると長年考えられてきた。だが、その数は実際には1兆種類近いとマクガン氏は言う。

 同氏の論文によると、人間の嗅覚は貧弱だとする「俗説」の出どころは、19世紀フランスの脳外科医で人類学者のポール・ブローカ(Paul Broca)だという。
ブローカは1879年の論文の中で、人間の脳の中で嗅覚野の容積が他の部位に比べて小さいことに言及していた。
このことは人間が自由意志を持ち、イヌや他の哺乳類のように生き残るために嗅覚に依存する必要がないことを意味すると、ブローカは主張した。

 ブローカの説は、精神分析学を確立したオーストリアの神経科医ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)にも影響を与えた。

続きはソースで

(c)AFP/Kerry SHERIDAN

http://www.afpbb.com/articles/-/3127980?act=all
images (1)


引用元: 【人間】 人間の嗅覚、本当はイヌ並み? 俗説覆す研究報告[05/12] [無断転載禁止]©2ch.net

人間の嗅覚、本当はイヌ並み? 俗説覆す研究報告の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/09/28(水) 18:02:02.53 ID:CAP_USER
2016年9月27日ニュース「がんは部位により発見時のステージに大差 膵臓がんは4割が既に転移」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/09/20160927_01.html
主要5部位のほか7部位について初集計 << 国立がん研究センター
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160926.html


がんと診断されたときの進行度(ステージ)は部位により大きな差があることを、国立がん研究センターが全国の主ながん治療病院の大規模データを集計、分析して明らかにした。膵臓(すいぞう)がんと診断された患者の約4割は既に他の臓器に転移していた一方、子宮頚(けい)部がんなどは早期に見つかる割合が高かった。発見時にステージが進んでいるのは、いずれも病状が現れにくいため早期発見が難しいがんで、早期発見研究の重要性を示した。分析結果は26日公表された。

国立がん研究センターは、がん治療の中核となる全国421の「がん診療連携拠点病院」などで2014年に受診した約67万人分の診療データを集計、分析した。今回の分析の柱として、がん発見時のステージ(「0~4期」)が部位によってどの程度差があるかを詳しく調べた。

ステージの判定は、がんのひろがりや、リンパ節への転移の有無、他の臓器への転移の有無などを診断して決められる。

続きはソースで

ダウンロード (6)

引用元: 【統計/医学】がんは部位により発見時のステージに大差 膵臓がんは4割が既に転移 [無断転載禁止]©2ch.net

がんは部位により発見時のステージに大差 膵臓がんは4割が既に転移の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/02/19(金) 00:34:30.72 ID:CAP_USER.net
「孤独」を感じる脳の部位、特定される:研究結果
WIRED 2016.2.18 THU
http://wired.jp/2016/02/18/pinpointing-loneliness-neural-level/

マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者らによる研究チームが、マウスの実験において「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定した。

進化史的に見て、人間が食料や住む場所を見つけるのは、1人よりも集団で行うほうが容易だった。
だからこそ、集団のなかに快適さを求めようとする本能が、われわれのなかに深く根を張ってきた。
この接触が奪われるとき、多くの場合、われわれは孤独や苦痛、惨めさに襲われる。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者らによる研究チームはこのほど、こうした「孤独の感情」と関係すると見られる脳の部位を特定したと発表した。
研究チームによると、それは脳の後部にある背側縫線核(DRN)という部位なのだという。

学術誌『Cell』に2月11日付けで発表された研究論文は、マウスを対象とした実験に基づくものだ。
研究チームによると、集団で飼育されているマウスたちは、DRNのニューロン(神経細胞)が不活発だが、孤立した状況におかれると、その間にDRNニューロンは社会的接触に対して敏感になるという。
さらに、隔離したのちに集団に再会させたマウスの神経活動は急増した。
これらの隔離されたマウスは、隔離されなかったマウスよりも、はるかに社交的になったという。 

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード


▽関連
Dorsal Raphe Dopamine Neurons Represent the Experience of Social Isolation
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cell.2015.12.040
http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(15)01704-3

引用元: 【脳機能】「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定/米マサチューセッツ工科大[02/18]

「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定/米マサチューセッツ工科大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/01/20(水) 00:55:19.84 ID:CAP_USER*.net
がん10年生存率、全部位・病期58.2%-国がん・全がん協が初集計

images


国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。

生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。

この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。

今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。

全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。

KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。

10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。
全臨床病期の生存率は90.9%。
病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。

一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。
全臨床病期の生存率は4.9%。
病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。

医療介護CBニュース 1月20日(水)0時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00000000-cbn-soci

引用元: 【医療】がん10年生存率、全部位・病期58.2% 国がん・全がん協が初集計

がん10年生存率、全部位・病期58.2% 国がん・全がん協が初集計の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ