理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

酪農

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/10(月) 11:46:44.30 ID:CAP_USER9
乳牛をなでたり、優しく話しかけたりすれば乳量は増える―。そんな研究結果を根室管内中標津町の酪農ヘルパー、小塩遥夏(こしおはるか)さん(24)が今夏、英国で開かれた国際応用動物行動学会で発表した。

若い乳牛ほど効果が表れるといい、小塩さんは「より多くの酪農家に知ってほしい」と話している。

昨春、帯広畜産大を卒業する際に書いた卒論を基に、今年7月の国際学会で発表した。研究は、同大の学生サークルが構内で世話する搾乳牛約70頭を対象に、牛を待機場から搾乳場に移す「牛入れ」を担当する学生の行動に着目した。

牛入れは牛が人と最も密に接する作業の一つで、「ほーれ」「おい」などと声を掛けたりして移動をせかす行動を「ネガティブ」、逆に牛をなでたり、「おはよう」などと優しく声を掛ける行動を「ポジティブ」と分類。2014年4月から5月にかけての計34日間、朝の搾乳時の学生の行動と乳量との関係を調べた。
ポジティブな行動の有無やその回数で乳量がどれだけ違うかを比べた場合、初めて出産した初産牛と2回出産した2産牛はともに、ポジティブ行動を受けると搾乳1回当たりの乳量が増える傾向が出た。特に初産牛への影響が大きく、なでられるなどの接触を1回受ける度に平均乳量が約600ミリリットル増えたが、ネガティブな声掛けを1回受ければ、その度に約400ミリリットル減少したという。(以下省略)

続きはソースで

YAHOO (北海道新聞 10月10日(月)8時0分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00010000-doshin-hok
images



引用元: 【社会】乳牛を優しく世話すると乳量増える 英国の学会で発表 北海道 中標津 [無断転載禁止]©2ch.net

乳牛を優しく世話すると乳量増える 英国の学会で発表 北海道 中標津の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/15(水) 08:35:45.91 ID:GDxYT1Ji*.net
2015年07月15日 08時19分

本格稼働が始まったバイオガスプラント。奥に見える円筒状の建物は牛のふん尿をかき混ぜてメタンガスを発生させる発酵槽(7月14日午前、北海道別海町で)=村石綾撮影

 牧場から廃棄物として出る牛のふん尿を利用して発電する国内最大規模のバイオガスプラントが北海道別海町に完成し、14日朝にはふん尿計約30トンをトラックが運び込むなど、本格稼働が始まっている。

 プラントを管理・運営する「別海バイオガス発電」は、三井造船(東京)、町、地元農協が共同出資する特別目的会社(資本金4億3000万円)で、1日に牛4500頭分の約280トンのふん尿と約5トンの産業廃棄物を受け入れる計画。

 ふん尿を発酵させて発生したメタンガスを燃料とする発電機は3基備えられ、発電量は年間約960万キロ・ワット・アワー。一般家庭約2800世帯分の消費電力に相当するという。

 発電した電力は全て北海道電力に売電し、年間約4億円の収入を見込んでいるほか、処理したふん尿は肥料や牛舎の敷料になり、酪農家に市価よりも安く販売される。

 別海バイオガス発電によると、既に約90戸の酪農家からふん尿の搬入契約を結んでいるという。同社の有田博喜所長は「大量のふん尿の処理は酪農家の課題だった。処理できると同時に発電できる一石二鳥の取り組みなので、酪農家にいい形で還元できれば」と語った。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)

ダウンロード


引用元:YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150714-OYT1T50101.html

引用元: 【科学】 国内最大規模のバイオガスプラントが本格稼働開始 牛のふん尿発酵させ、メタンガスで発電  北海道別海町 [読売新聞]

国内最大規模のバイオガスプラントが本格稼働開始 牛のふん尿発酵させ、メタンガスで発電  北海道別海町の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ