理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/10(月) 11:46:44.30 ID:CAP_USER9
乳牛をなでたり、優しく話しかけたりすれば乳量は増える―。そんな研究結果を根室管内中標津町の酪農ヘルパー、小塩遥夏(こしおはるか)さん(24)が今夏、英国で開かれた国際応用動物行動学会で発表した。

若い乳牛ほど効果が表れるといい、小塩さんは「より多くの酪農家に知ってほしい」と話している。

昨春、帯広畜産大を卒業する際に書いた卒論を基に、今年7月の国際学会で発表した。研究は、同大の学生サークルが構内で世話する搾乳牛約70頭を対象に、牛を待機場から搾乳場に移す「牛入れ」を担当する学生の行動に着目した。

牛入れは牛が人と最も密に接する作業の一つで、「ほーれ」「おい」などと声を掛けたりして移動をせかす行動を「ネガティブ」、逆に牛をなでたり、「おはよう」などと優しく声を掛ける行動を「ポジティブ」と分類。2014年4月から5月にかけての計34日間、朝の搾乳時の学生の行動と乳量との関係を調べた。
ポジティブな行動の有無やその回数で乳量がどれだけ違うかを比べた場合、初めて出産した初産牛と2回出産した2産牛はともに、ポジティブ行動を受けると搾乳1回当たりの乳量が増える傾向が出た。特に初産牛への影響が大きく、なでられるなどの接触を1回受ける度に平均乳量が約600ミリリットル増えたが、ネガティブな声掛けを1回受ければ、その度に約400ミリリットル減少したという。(以下省略)

続きはソースで

YAHOO (北海道新聞 10月10日(月)8時0分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00010000-doshin-hok
images



引用元: 【社会】乳牛を優しく世話すると乳量増える 英国の学会で発表 北海道 中標津 [無断転載禁止]©2ch.net

乳牛を優しく世話すると乳量増える 英国の学会で発表 北海道 中標津の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2014/02/18(火) 13:43:29.93 ID:???

子の性別により違う母乳の成分、その理由は?
2014年02月18日 11:19 発信地:シカゴ/米国

【2月18日 AFP】多くの女性は「生まれるのが男の子でも女の子でも関係ない」と言うかもしれないが、作り出される母乳には大いに関係あるようだ──。
ヒトやサルなどの哺乳類を対象とした複数の研究では、赤ちゃんの性別によって母乳の成分や量が異なることが分かっている。

このなかで共通しているのは、男児が飲む母乳には脂質またはタンパク質が多く含まれ、エネルギー源が豊富なのに対し、女児の母乳は量が多いということだ。

米ハーバード大学(Harvard University)の進化生物学者ケイティー・ハインド(Katie Hinde)氏が米国科学振興協会(American Association for the Advancement of Science、AAAS)の年次会合で15日に行った発表によると、この違いが生じる理由については、さまざまな説があるという。

例えばアカゲザルでは、母親から社会的地位を受け継ぐ雌の子どもに与えられる母乳には、より多くのカルシウムが含まれる傾向がある。
ハインド氏は、「娘により多くの母乳を与えることで成長を促進させ、若い時期に生殖を始められるよう適応している可能性がある」と説明した。

これに対して雄の場合、どれほど多く子孫を残せるかはどれほど多くの雌を勝ち取れるかにのみ依存しているため、雌ほど早く生殖能力を獲得する必要はない。
また雄のサルは、子どもだけで遊ぶ時間が長く、雌よりも母乳を飲む時間が短いため、エネルギー源がよりつまった母乳を必要とする。

ヒトの母乳にも同様の違いが見られるが、その理由ははっきりとしていない。
ただ、赤ちゃんが子宮の中にいる時点でこの準備が行われていることを示す証拠はあるという。

ハインド氏は先週、子ウシと引き離された後(子ウシは通常、出産から数時間後に母ウシから引き離される)の牛の母乳に、胎児の性別が長期間にわたり影響を与えるとした研究結果を発表している。

149万頭のウシを対象に、2回の授乳期間(各305日間)の母乳の量を調べたところ、雌のみを出産したウシの母乳量は、雄のみを出産したウシと比べて平均445キロ多かったとされる。
ただ、子の性別によるタンパク質や脂質の量の違いは見られなかったという。

ハインド氏は、ヒトの母乳が子の発達に与える影響については、まだ分かっていないことが多いと話す。
しかし、さらに研究を進めることで、市販される粉ミルクの質を向上することができるかもしれないと期待を寄せた。(c)AFP/Mira OBERMAN
37988cc4.jpg


▽記事引用元 AFPBBNews 2014年02月18日11:19配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3008674



子の性別により違う母乳の成分、その理由は?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/08/17(土) 20:50:20.27 ID:???

【8月16日 AFP】窓を通って建物内に入る熱と光の量を電気的に調節できるフィルムを開発したとする研究論文が、15日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。米国とスペインの共同研究チームが開発したのは、光の波長を変えることができるナノ結晶を用いた「透明なフィルム」だという。

 論文の共同執筆者米であるローレンス・バークリー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory)のデリア・ミリロン(Delia Milliron)氏はAFPに対し、「電荷の調節で色や透明度を変えることができるエレクトロクロミック方式のガラスはすでに開発されているが、熱と可視光を同時に調節できるものは初めてだ」と語った。

 論文によると、窓には電解質溶液で分けられた2枚のガラス板が取り付けられており、窓そのものが電気化学セルとしての機能を備えている。片方にフィルムを貼って電極を作り、そこから電荷がもう片方の対極へと移動する。
このとき窓は透明のまま、ナノ結晶が熱を遮断する。電流の強さを変えることで光も遮断できるという。

 ミリロン氏は、このフィルム素材は建物向けに開発したものだが、車や飛行機の窓にも使用可能だと話している。(c)AFP

▽画像 モンゴル・ウランバートル(UlanBator)にある衣料品店のガラスに映る夕焼け
(2012年6月22日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP//MarkRALSTON
11

http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=11197259&mode=normal_detail&.jpg

▽記事引用元 AFPBB News( 2013年08月16日 19:44)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2962087/11197259


▽Nature
「Tunable near-infrared and visible-light transmittance in nanocrystal-in-glass composites」
http://www.nature.com/nature/journal/v500/n7462/full/nature12398.html



【素材】光と熱を調節・遮断する透明なフィルムを開発/米西研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: エタ沈φ ★ 2013/08/19(月) 14:01:18.95 ID:???

筑波大学は8月13日、肝臓内にグリコーゲン量の減少を感知する仕組みが存在し、その働きによって、絶食時のエネルギー源を肝臓のグリコーゲンから脂肪細胞のトリグリセリド(中性脂肪)に切り替えていることを発見したと発表した。

同成果は同大 医学医療系の矢作直也 准教授、東京大学 大学院医学系研究科糖尿病代謝内科の泉田欣彦助教らによるもの。詳細は「Nature Communications」に掲載された。

肥満は、体内の脂肪細胞に過剰にトリグリセリドが蓄えられた状態であり、糖尿病や高血圧、脂質異常症などを併発しやすいことが知られているほか、動脈硬化の危険因子としても知られていることから、その対策が求められている。
対策として、食事療法(ダイエット)などが有効であることが知られているものの、肥満の解消は容易でないことも良く知られるところとなっており、肥満防止に向けた脂肪の分解・燃料の機構解明ならびに、効率の良い脂肪燃焼方法などの解明などが求められていた。

今回、研究グループは絶食時にトリグリセリドがエネルギー源として分解され使われていくプロセスの研究に中で、脂肪組織のトリグリセリド分解が進むには肝臓からの神経シグナルが重要な役割を担っていることを発見した。

12

マイナビニュース 8月19日(月)10時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-00000017-mycomj-sci

筑波大学プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/20130813g.pdf

Nature Communications
Glycogen shortage during fasting triggers liver–brain–adipose neurocircuitry to facilitate fat utilization
http://www.nature.com/ncomms/2013/130813/ncomms3316/full/ncomms3316.html

>>2に続く



【代謝】肝臓内グリコーゲン量を減らすと脂肪は効率的に燃焼することを発見/筑波大の続きを読む

このページのトップヘ