理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

銀河

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/10/24(木) 17:10:11.33 ID:???

地球から131億光年の距離に銀河が発見され、これまで確認された中で最も遠い銀河となった。

この太古の銀河「z8_GND_5296」が放つ弱い赤外線の光は、ハッブル宇宙望遠鏡と、地上望遠鏡としては世界最大級の1つ、ハワイ島マウナケア山頂にあるW・M・ケック天文台の口径10メートルの望遠鏡によってとらえられた。

今回観測された光が、この生まれたての銀河から放たれたのは、宇宙誕生から約7億年後、最初期の霧のかかったような状態から宇宙が抜け出し始めたころだと、研究主著者の1人で、テキサス州カレッジステーションにあるテキサスA&M大学の天文学者であるケーシー・パポビッチ(Casey Papovich)氏は述べる。

これまで最も遠い銀河とされていたのは、同じく若く、非常に暗い銀河で、地球との距離は今回の銀河より1億光年ほど近い。

過去にきわめて遠方にある銀河とされた天体は、いずれもハッブル宇宙望遠鏡がとらえた深宇宙の画像から見つけ出された。
しかし、こうした候補の多くは、当初考えられたよりずっと近くにあることが判明していると、パポビッチ氏は話す。
「候補に挙がったうちのいくつかは、地球と同じ銀河にある非常に冷たい天体、褐色矮星であることがわかっている」。

>>2以降に続きます)[1/2]

ソース:ナショナルジオグラフィック(October 24, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131024001
画像:地球から131億光年の彼方にある銀河
4

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/most-distant-galaxy-nasa_72725_600x450.jpg
関連リンク:natureに掲載された記事
「A galaxy rapidly forming stars 700 million years after the Big Bang at redshift 7.51」(英文)
http://www.nature.com/nature/journal/v502/n7472/full/nature12657.html



【宇宙】地球から131億光年先の銀河が発見される 観測史上最遠の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: トラースキック(新疆ウイグル自治区) 2013/10/20(日) 22:39:14.56 ID:yl61dGk80 BE:152288238-PLT(12201) ポイント特典

※ガス惑星です

4

銀河バルジ内で発見された系外惑星、高い確率でハビタブルゾーンに位置することが確認される
http://science.slashdot.jp/story/13/10/20/0421225/

あるAnonymous Coward のタレこみより。銀河系の中心部にある銀河バルジ内で発見された系外惑星が、高い確率でハビタブルゾーン(生命居住可能領域)またはその付近に位置することが確認されたそうだ(論文アブストラクト、 Discovery Newsの記事、 本家/.)。

この系外惑星はバルジ内で初めて正確に特定されたもので、主星は赤色矮星。
これまで質量や主星との距離は判明していなかったが、木星よりも大きなスーパージュピター型の惑星であると推測されていた。
今回、研究者らは米国・ハワイのケック天文台の観測設備を用い、この惑星の質量を木星の5倍程度、主星との距離を約1.1天文単位と算出した。

雪線は主星から1.7~2.2天文単位の位置とみられ、惑星がハビタブルゾーン内に位置する可能性は53%、ハビタブルゾーン付近に位置する可能性が35%、雪線の外に位置する可能性が12%とのこと。
なお、この惑星自体は巨大なガス惑星であり、ハビタブルゾーン内でも生命が存在できる可能性は低い。
ただし、この惑星は生命が存在可能な衛星を持つ可能性が高いとのことだ。



【宇宙ヤバイ】高確率でハビタブルゾーン(生命居住可能領域)にある惑星を確認         ※の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20 05:50:06 ID:hkO3YhPE0

宇宙並行説
宇宙と脳の構造は同じ
おおいぬ座VY星 太陽の1800~2100倍
ビッグリップ  最後全部バラバラ
ビッグクランチ 最後全部集合
科学で観測できてる物質とエネルギーは全体の4%
786f6168.jpg



宇宙での怖い話の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: とうやこちょうφ ★ 2013/10/17(木) 22:08:33.90 ID:???

【天文】板垣さんがペガスス座の銀河に超新星2013fsを発見
【2013年10月15日 CBET 3671】

板垣公一さんが10月7日、ペガスス座の銀河NGC 7610に超新星2013fsを発見した。板垣さんの超新星発見は今年4個目。
山形の板垣公一さんが10月7.468日(世界時)、ペガスス座方向の銀河NGC 7610に超新星2013fsを16.5等で発見した。
超新星の位置は以下のとおり。
赤経 23時19分44.70秒
赤緯 +10度11分05.0 秒(2000.0年分点)
NGC 7610周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星
オーストラリアやアメリカでの分光観測から、IIn型超新星とみられる。板垣さんの超新星発見は今年4個目、通算では84個目の発見となる。

2

ソース
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/10/15sn2013fs/index-j.shtml
ご依頼いただきました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/248



【天文】板垣さんがペガスス座の銀河に超新星2013fsを発見の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: クロイツラス(宮城県) 2013/08/14(水) 08:16:08.47 ID:xdVcEAzx0 BE:2886212148-PLT(12001) ポイント特典

2つの矮小銀河、大小マゼラン雲から伸びる巨大ガス流「マゼラニック・ストリーム」の組成調査から、どちらの銀河からどのようにガスが引き出されたかが明らかになってきた。

天の川銀河などがこうしたガス流を材料として星を作る過程を知る上でヒントとなる。

南天の夜空で肉眼でももやっと光る雲のように見える「大マゼラン雲」と「小マゼラン雲」は、天の川銀河の周りを回っている矮小銀河だ。

1970年代、この2つの銀河からたなびくリボンのようなガス流が発見された。

天の川銀河を半周取り囲むほど長大なこのガス流は「マゼラニック・ストリーム」(MS)と呼ばれる。

このMSの由来がマゼラン雲のいずれかひとつなのか、あるいは両方なのかは、これまではっきりとはわかっていなかった。

Andrew Foxさん(米宇宙望遠鏡科学研究所)らの研究チームは、ハッブル宇宙望遠鏡と超大型望遠鏡(VLT)を用いてMS中の6か所の領域の組成を分析し、MS中のほとんどの箇所では酸素や硫黄などの重元素が少ないことを突き止めた。

これはかつての小マゼラン雲の組成と一致していることから、20億年前に小マゼラン雲から出ていったものであることがうかがえる。

だが一方、マゼラン雲からすぐ近くの領域では硫黄が多く、比較的近年に大マゼラン雲から出ていったものであることがわかった。

コンピュータシミュレーションでは、MSのガスのほとんどが、より重力の小さい小マゼラン雲由来であることが示されていたので、これは意外な結果だった。

やがて天の川銀河に引き込まれ、新たな星の材料となる可能性があるMSの起源が明らかになってきたことは、銀河の星形成について知るうえで重要な一歩になるだろう、とFoxさんは語っている。

上:天の川銀河(可視光画像)とそれを取り巻くマゼラニック・ストリーム(電波画像) 下:大小マゼラン雲(右)とそこから伸びるマゼラニック・ストリーム(電波画像)。×印が組成を調べた領域。
0e21f18d.jpg

http://i.imgur.com/gV1HHdz.jpg


http://www.astroarts.co.jp/news/2013/08/13magellanic_stream/index-j.shtml



【宇宙よくわかんねぇ】 マゼラニック・ストリームの解析で何かの知見を得た模様の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/08/01(木) 23:37:11.20 ID:???

 世界最高級の性能を誇る米ハワイ島のすばる望遠鏡で、目に相当する巨大なカメラを交換し、大幅な性能アップを達成したと国立天文台が31日、発表した。すばる望遠鏡の特長だった広い視野をさらに7倍近く広げ、一度に観測できる範囲はこのクラスの望遠鏡で世界最大となった。 

 望遠鏡の中心的な装置となるカメラの交換は、1999年の観測開始から初めて。新カメラを使って過去に例のない規模の宇宙の探査に乗り出し、宇宙最大の謎である暗黒物質や暗黒エネルギーの解明に挑戦する。 

 天文台は新カメラの初画像として、ハワイから最も大きく見える銀河のアンドロメダ銀河の姿を公開した。
これまで部分的に撮影して合成していたが、一度にほぼ全体を撮影できた。極めて鮮明な画像で、一つ一つの星を判別できるという。

▽画像 すばる望遠鏡の新カメラが撮影した初画像として公開されたアンドロメダ銀河。
一度にほぼ全体を撮影でき、一つ一つの星を判別できる(国立天文台HSCプロジェクト提供
4

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130731/scn13073116500004-p1.jpg

▽記事引用元 産経新聞(2013.7.31 16:48)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130731/scn13073116500004-n1.htm


▽国立天文台プレスリリース
http://www.naoj.org/Topics/2013/07/30/j_index.html



【天文】アンドロメダ銀河も1度で全体像を鮮明に撮影可能、すばる望遠鏡世界最大の視野に 新カメラで宇宙探査へ/国立天文台の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ