理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

阻害

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/05(土) 01:44:21.56 ID:CAP_USER
アルツハイマー病の臨床試験薬「副作用なく期待感」米研究

【11月3日 AFP】米国の研究者らが2日、臨床試験段階にあるアルツハイマー病の新薬について、有害な副作用が認められず、薬剤として期待が持てるとする論文を発表した。
 
米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)に掲載された論文によると、
初めは軽度から中程度のアルツハイマー病患者32人を対象とした研究が行われ、現在は3000人以上の患者が実験に参加して、より広範囲な2つの臨床試験が進められているという。
 
治療には、米製薬会社が開発したベルベセスタットと呼ばれる化合物が使用されている。
ベルベセスタットには、BACEIとして知られる酵素を阻害することにより、ベータアミロイドと呼ばれるタンパク質の量を減らす働きがある。
 
続きはソースで

(c)AFP

▽引用元:AFPBBNews 2016年11月03日 13:23 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3106721
ダウンロード


引用元: 【臨床試験】アルツハイマー病の臨床試験薬ベルベセスタット 「副作用なく期待感」 米研究©2ch.net

アルツハイマー病の臨床試験薬ベルベセスタット 「副作用なく期待感」 米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/30(日) 01:10:29.06 ID:CAP_USER
摂りすぎたカリウムを腎臓がすぐに尿に排出する仕組みを発見 ?高カリウム血症の病態解明と治療法開発への期待?

【ポイント】
・近年、カリウム摂取による血圧と尿中カリウム排泄の制御にナトリウムークロライド共輸送体 (NCC)が重要な役割を果たしていることが明らかになってきましたが、カリウム摂取後どのようにNCC が制御されているかはよくわかっていませんでした。
・本研究によって、高カリウム摂取後、カルシニューリンの活性化により NCC が脱リン酸化され て不活性型になるという、新たな NCC の制御機構を発見しました。
・カルシニューリン阻害薬はカリウム摂取に伴うNCCの脱リン酸化を抑制することで尿中カリウム排泄を妨げていることが明らかとなりました。

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科腎臓内科学分野の内田信一教授と野村尚弘助教、正田若菜大学院生の研究グループは、高カリウム摂取後急性期における新たな尿中カリウム排泄機構を発見しました。
この研究は文部科学省科学研究費補助金、公益法人ソルトサイエンス研究財団の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌 Kidney International に、2016 年 10 月 26 日にオンライン版で発表されました。

続きはソースで

▽引用元:東京医科歯科大学 平成28年10月28日
http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20161028_2.pdf
ダウンロード (1)


引用元: 【医学】摂りすぎたカリウムを腎臓がすぐに尿に排出する仕組みを発見 高カリウム血症の病態解明と治療法開発への期待/東京医科歯科大©2ch.net

摂りすぎたカリウムを腎臓がすぐに尿に排出する仕組みを発見 高カリウム血症の病態解明と治療法開発への期待/東京医科歯科大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/03(月) 23:39:28.29 ID:CAP_USER9
インスリン増やす物質特定 糖尿病治療に期待、大阪大
東京新聞:2016年10月3日 22時00分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016100301002205.html

 膵臓から分泌されるインスリンの量を増やす化合物を、マウスの実験で特定したと大阪大の原田彰宏教授(細胞生物学)らのチームが3日、米科学誌電子版に発表した。

 インスリンは、血糖値を下げる作用があり、不足すると糖尿病になる。
この化合物を使ってインスリン分泌を促す新しい糖尿病治療薬の開発につながる可能性がある。

続きはソースで

(共同)

ダウンロード

 

引用元: 【医学】インスリン増やす物質特定 糖尿病治療に期待、大阪大 [10/03]©2ch.net

インスリン増やす物質特定 糖尿病治療に期待、大阪大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/09/01(木) 17:14:07.96 ID:CAP_USER9
カネミ油症の仕組み解明 混入物が防御機能阻害
共同 2016/8/29 21:41
http://this.kiji.is/142944652306810357?c=39546741839462401

 厚生労働省の全国油症治療研究班
(班長・古江増隆九州大大学院教授)は29日までに、1960年代に西日本一帯で起きた食品公害・カネミ油症の発症の仕組みを解明したと明らかにした。
油に混入したダイオキシン類が皮膚の防御機能を阻害し、吹き出物などの症状を引き起こしていた。

 細胞には体外から入ってきた物質に反応する「AhR」と呼ばれる受容体が存在し、皮膚細胞に特に多い。

続きはソースで

ダウンロード (2)

引用元: 【研究】カネミ油症の仕組み解明 混入物が防御機能阻害©2ch.net

カネミ油症の仕組み解明 混入物が防御機能阻害の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/08/27(土) 17:40:19.92 ID:CAP_USER
【プレスリリース】大腸がん幹細胞を抑制する新規化合物を創出 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/49598
https://research-er.jp/img/article/20160826/20160826184155.png
https://research-er.jp/img/article/20160826/20160826184224.jpg


本研究成果のポイント

•大腸がんの90%以上でおこる遺伝子異常を標的とした新規化合物を産学の共同研究で創出いたしました。
•この化合物は大腸がんの根元の細胞(がん幹細胞)の働きを抑制し、腫瘍を作れなくすることが分かりました。


国立研究開発法人国立がん研究センター、国立研究開発法人理化学研究所、カルナバイオサイエンス株式会社の研究グループは、大腸がんの発生に必須なシグナル伝達経路を阻害することができる新規化合物を創出しました。大腸がんの90%以上の方で、このシグナル伝達経路に遺伝子異常がおこることは以前より分かっていましたが、治療薬として実用化されたものはありません。

従来の抗がん剤は腫瘍を縮小することができましたが、薬剤が効かない「がん幹細胞(がんの根元の細胞)」が残ってしまい、がんが再発する原因になっていました。この新規化合物はがん幹細胞が腫瘍を再度作る働きを抑えることが動物実験で明らかになりました。国立がん研究センターでは、現在、大腸がんに対する新規治療薬として実用化を目指しています。

本研究成果は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)などの支援を受け行ったもので、研究成果は国際学術誌「Nature Communications」に発表されました(8月26日付けオンライン掲載)。

続きはソースで

ダウンロード (1)
 

引用元: 【医学】大腸がん幹細胞を抑制する新規化合物を創出 [無断転載禁止]©2ch.net

大腸がん幹細胞を抑制する新規化合物を創出の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/26(土) 10:57:21.61 ID:CAP_USER*.net
2016年03月23日 14時14分配信
http://c.filesend.to/ct/kyodonews/body.php?nid=201603239109
株式会社 毛髪クリニック リーブ21

ウーロン茶に男性ホルモン抑制作用
薄毛の原因「5α-リダクターゼ」を阻害し
育毛を促進する作用を確認
2016年3月26日(土)~29日(火)日本薬学会第136年会にて発表

株式会社 毛髪クリニック リーブ21(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は2016年3月26日(土)~29日(火)に横浜市で開催される「日本薬学会第136年会」において、「抗男性ホルモン作用を介したウーロン茶エキスの育毛効果」を発表いたします。

茶の生理作用について様々な研究がなされており、育毛に関する発表も数多くあります。しかし、その多くが緑茶を対象としており、緑茶以外のお茶において育毛研究報告は数少ないのが現状です。
そこで今回、緑茶と同じチャノキ(Camellia Sinensis)を起源に持ち、半発酵茶として知られるウーロン茶を研究対象とし、育毛作用に関する評価試験を行いました。その結果、ウーロン茶の含有成分には抗男性ホルモン作用を介した育毛効果が期待できることが示唆されました。

続きはソースで

images

■株式会社 毛髪クリニック リーブ21
http://www.reve21.co.jp/

引用元: 【研究】ウーロン茶に育毛効果か? 男性ホルモン抑制作用 薄毛の原因「5α-リダクターゼ」を阻害し育毛を促進する作用を確認

ウーロン茶に育毛効果か? 男性ホルモン抑制作用 薄毛の原因「5α-リダクターゼ」を阻害し育毛を促進する作用を確認の続きを読む

このページのトップヘ