理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

阻害

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/09(火) 21:56:45.67 ID:CAP_USER.net
記憶固定にストレス悪影響=生体外で再現―阪大 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160208-00000078-jij-sctch

ダウンロード


 記憶の固定や維持にストレスが悪影響を及ぼすことを生体の外で初めて再現したと、大阪大の小倉明彦教授らの研究グループが8日発表した。
細胞を使った実験で再現できたことで、ストレスの影響を細胞レベルで直接検討できるようになり、記憶障害などの予防法や治療法の開発につながると期待される。
論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 これまでも人や動物を使った実験でストレスにより記憶の固定が阻害されることは報告されていた。
だが、ストレスが直接影響しているのか、ストレスを回避するための生体の防御反応なのかは明らかになっていなかった。

 研究グループは、マウスの大脳皮質の一部で記憶に関係する「海馬」の切片を培養し、ストレスホルモン「グルココルチコイド」を投与。
観察した結果、脳神経細胞間で情報を伝達するシナプスの形成が阻害され、記憶の固定や維持ができない状態が確認できた。ストレスホルモンが直接影響したと考えられるという。

引用元: 【神経科学】記憶の固定や維持にストレスが悪影響=生体外で再現―阪大

記憶の固定や維持にストレスが悪影響=生体外で再現―阪大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/09(水) 17:57:32.12 ID:CAP_USER.net
【プレスリリース】幼若ホルモンがサナギ化を抑えるメカニズムを解明 -昆虫のみに効果のある農薬の開発へ- - 日本の研究.com
http://research-er.jp/articles/view/41041

ポイント

•幼若(ようじゃく)ホルモンがサナギ化を抑えるメカニズムを、世界で初めて解明しました。
•幼若ホルモンによって産生が促されるタンパク質は、サナギ化遺伝子の活性化 を直接抑えることで、サナギ化を抑制していました。
•このタンパク質の働きを阻害することで、昆虫のみに効果のある農薬の開発が 可能になります。


概要

1.農業生物資源研究所(生物研)は、昆虫の幼若(ようじゃく)ホルモンが働 くメカニズムを世界で初めて解明しました。
2.昆虫の成長に必要な幼若ホルモンには、幼虫をサナギにさせない働きがあり ますが、どのようにサナギにさせないのかは不明でした。
3.幼若ホルモンが働くと、サナギ化遺伝子を始動させる塩基配列に、幼若ホル モンによって産生が促されるタンパク質(Kr-h1、ケーアールエイチワン) が結合し、サナギ化遺伝子の活性化を抑制する、というメカニズムが明らか になりました。
4.Kr-h1は昆虫にしかないことから、Kr-h1の働きを阻害する薬剤を見つける ことができれば、幼虫が十分に成長する前にサナギ化させることで、昆虫だ けを駆除できる環境負荷の少ない農薬の開発が可能になります。
5.この成果は、米国の生化学分子生物学雑誌(The Journal of Biological Chemistry)で 10 月 30 日にオンラインで先行発表されました。


予算:科学研究費補助金・若手 B「幼若ホルモンが有する変態抑制作用の分子メカ ニズム解明」(平成 25~27 年度)

続きはソースで

ダウンロード (4)
 

引用元: 【分子生物学】幼若ホルモンがサナギ化を抑えるメカニズムを解明 昆虫のみに効果のある農薬の開発へ

幼若ホルモンがサナギ化を抑えるメカニズムを解明 昆虫のみに効果のある農薬の開発への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/30(金) 18:01:59.02 ID:???*.net
日本テレビ系(NNN) 10月30日(金)17時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151030-00000070-nnn-soci
 冬に向けてはやり始めるインフルエンザ。そのインフルエンザを1日で治療できる世界初の新薬が3年後にも実用化する見通し。この新薬は従来の薬とは違った効果があるとされている。

 これまでのインフルエンザ治療薬といえば「タミフル」などがある。こうした従来の薬の作用は、体内にウイルスが入った際、増殖したウイルスを細胞内から出さないようにブロックし、症状を緩和させるだけのもので、インフルエンザウイルスそのものの増殖を防ぐ効果はなかった。

しかし、新たに開発された薬は、ウイルスが増殖するのを阻害して、死滅させる効果があるという。
このため1日で治ることが期待されている。

 また、この塩野義製薬が開発した新薬は厚生労働省が導入した「先駆け審査指定制度」
(=画期的な新薬の開発を促進して優先的に審査するための制度)の対象と指定されていて、厚生労働省から製造販売の承認が得られれば2018年にも実用化する見通し。

images
 

引用元: 【社会】“1日で治るインフルエンザ薬”実用化へ ウイルスの増殖を阻害、死滅させる効果

“1日で治るインフルエンザ薬”実用化へ ウイルスの増殖を阻害、死滅させる効果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/30(日) 21:29:30.26 ID:???.net
九大、キノコ「霊芝」からインフルエンザ治療に使える成分を発見 | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20150830/266667.html
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=394457&lindID=5
マンネンタケ科のキノコから抗インフルエンザ薬のリード ... - 九州大学
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_08_27.pdf

画像
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015083019165750big.jpg


 九州大学の清水邦義准教授、朱欽昌特任助教らの研究グループは、古くから和漢薬に用いられているマンネンタケ科のキノコ「霊芝(レイシ)」から抗インフルエンザ薬として有効な成分を発見した。

 インフルエンザウイルスが子孫ウイルスを放出するために使用する酵素「インフルエンザノイラミニダーゼ(NA)」は、インフルエンザ治療における最も有効な薬剤標的の一つである。しかし、広範囲にわたる薬剤使用や頻繁に発生するウイルスの突然変異により、現在使用されているNA阻害剤が薬剤耐性の問題に直面することは避けられない。

 今回の研究では、インフルエンザウイルスH1N1、H3N2、H5N1、H7N9とオセルタミビル耐性インフルエンザウイルスH1N1、H3N2由来のNAを用いて、霊芝(れいし)から単離した31種類のトリテルペノイド類のNA阻害活性を比較検討した。その結果、ガノデリン酸T-Qとガノデリン酸TRが、H1N1とH5N1のNAに対する阻害剤であることを明らかにした。

ダウンロード


 なお、この内容は「Scientific Reports」に掲載された。論文タイトルは、「Inhibition of neuraminidase by Ganoderma triterpenoids and implications for neuraminidase inhibitor design」。

引用元: 【医学】マンネンタケ科のキノコ「霊芝」からインフルエンザ治療に使える成分を発見 九大

マンネンタケ科のキノコ「霊芝」からインフルエンザ治療に使える成分を発見 九大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/03/13(金) 05:16:56.55 ID:B+7231La*.net
2015/03/12-22:20

no title


 全身の筋肉などが徐々に硬くなって骨に変化する難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者の皮膚から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、発症の原因とされる遺伝子変異を修復することに成功したと、京都大iPS細胞研究所の戸口田淳也教授らの研究グループが12日、発表した。

 修復前後のiPS細胞を比較することで、病気の詳しいメカニズムの解明や新薬開発が期待できるという。論文は米科学誌ステムセルズ電子版に掲載された。

 FOPは200万人に1人が発症するとされ、治療法が確立していない。これまでの研究で「ACVR1」という遺伝子が突然変異し、過剰に働くことが原因と分かっていた。

(2015/03/12-22:20)

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015031201009

引用元: 【科学】 難病iPSで遺伝子修復=新薬開発に期待-京大 [時事通信]

【朗報】難病iPSで遺伝子修復=新薬開発に期待-京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/13(土) 21:32:06.33 ID:???.net
脳の働きに必要なカルシウムチャネルを阻害して、制御する新しい仕組みを、理化学研究所脳科学総合研究センターの御子柴克彦(みこしば かつひこ)チームリーダーと濱田耕造(はまだ こうぞう)研究員らが発見した。
認知症など脳の病気の発症原因を探るのにも役立つ成果として期待される。
9月8日の米科学アカデミー紀要オンライン版に発表した。

このカルシウムチャネルはイノシトール3リン酸(IP3)受容体。
細胞内の小器官である小胞体の膜上に局在するタンパク質で、神経伝達や記憶・学習を担っている。
この受容体は4つサブユニットが組み合わさって、中心部にカルシウムイオンを1つだけ通す小さなイオン透過口を形成し、カルシウムチャネルとして働く。

脳の神経細胞に信号が伝わると、細胞膜からIP3が切り出され、細胞内に遊離してIP3受容体に結合する。
IP3が結合すると、チャネルの構造が変化して、小胞体からカルシウムイオンが細胞内にどっと放出され、記憶や学習などに必要なさまざまな生化学反応が起こす。
この立体構造(アロステリック)変化に不具合があると、脳の機能に障害が発生すると考えられている。しかし、その制御の詳細はまだ謎だった。

http://scienceportal.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/09/20140912_02.html

引用元: 【生物】カルシウムチャネル制御の仕組み発見

カルシウムチャネル制御の仕組み発見の続きを読む

このページのトップヘ