理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

除去

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/18(土) 16:28:38.08 ID:CAP_USER
【AFP=時事】地雷によって命を落としたり手足の自由を奪われたりする人は世界中で後を絶たないが、地雷探知に大活躍しているのがタンザニアのモロゴロ(Morogoro)に拠点を置く非政府組織(NPO)「APOPO」が訓練しているアフリカオニネズミだ。

 訓練されたアフリカオニネズミは、金属探知機などを使用した従来の方法よりはるかに短時間で地雷を探知することができる。金属探知機は金属くずなど、地中のあらゆる金属に反応してしまうために時間も労力もかかるからだ。

 APOPOは訓練を終えたアフリカオニネズミをカンボジア、ラオス、ベトナム、モザンビークなどの地雷埋設地域に配備しており、これまで6万9269個の地雷探知に貢献してきた。探知されたこれらの地雷は各国の当局が処理した。

 地雷を除去すれば、それまで地雷を踏むリスクのせいで利用できなかった土地が開墾・利用できるようになる。このため農業従事者や市民にとっても極めて大きな意味を持つ。

 APOPOではさらに、アフリカオニネズミに結核菌の臭いを嗅ぎ出す訓練も行っている。

ダウンロード


http://amd.c.yimg.jp/im_siggL9Fe0.lUjkl_JsfaR8RYHg---x900-y610-q90/amd/20160618-00000028-jij_afp-000-1-view.jpg
タンザニア・モロゴロにある非政府組織「APOPO」の訓練施設で、臭いで地雷を探すアフリカオニネズミ(2016年6月17日撮影)

引用元: 【生物】世界中で大活躍「地雷探知ネズミ」、タンザニア©2ch.net

世界中で大活躍「地雷探知ネズミ」、タンザニアの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/26(土) 15:23:04.58 ID:CAP_USER*.net
エイズが不治の病じゃなくなるかも。

テンプル大学の研究チームが、遺伝子編集ツール「CRISPR/Cas9」を使ってHIVに感染した人の免疫細胞からHIV-1ゲノムを取り除くことに成功しました。これによって、エイズ治療が根本から変わるかもしれません。

CRISPR/Cas9は、遺伝子を改変して病気を取り除いたり、新たな遺伝子を埋め込んだりするツールとして使われています。この新たな研究では、CRISPR/Cas9を独自にアレンジし、ホスト細胞の中に入り込んだウイルスをなくすために使っています。この研究の論文は、Nature Scientific Reportsで公開されています。

HIVなどのレトロウイルスは、他のウイルスと違い、自分のゲノムのコピーをホスト細胞に挿入することで増殖していきします。HIV感染後のコントロールには抗レトロウイルス薬が有効であることがわかっていますが、薬を飲まないとすぐに逆戻りしてしまいます。薬での治療を止めると、HIVが再現して免疫システムを弱め、後天性免疫不全症候群=エイズの発症に至ります。

これまで長年、HIVに感染した白血球のひとつであるCD4陽性T細胞からそれを除去する研究が続いてきました。が、「ショック・アンド・キル」と呼ばれるその手法の多くはうまくいっていません。そこに最近CRISPR/Cas9が使われるようになったことで、新たなアプローチが生まれたのです。

続きはソースで

ダウンロード

source: Nature Scientific Reports
http://www.nature.com/articles/srep22555

George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
http://gizmodo.com/hiv-successfully-edited-out-of-immune-cells-1766413957

(miho)


mediagene 2016年3月25日 16:00
http://www.gizmodo.jp/sp/2016/03/hiv_crispr.html

引用元: 【研究】HIV患者の細胞からウイルス除去に成功、遺伝子編集ツールで

HIV患者の細胞からウイルス除去に成功、遺伝子編集ツールでの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/01(月) 10:31:15.14 ID:CAP_USER*.net
バングラの「樹木男」 巨大イボ除去手術へ
2016年02月01日 09:52 発信地:ダッカ/バングラデシュ

images (2)
※画像はイメージで本文と関係ありません


【2月1日 AFP】手や足に木の皮のような巨大なイボが生じ、「ツリーマン(樹木男)」の異名を持つバングラデシュの男性が、10年前にでき始めたイボを除去する手術をついに受けることになった。病院が1月31日、明らかにした。

 この男性は、南部クルナ(Khulna)出身のアブル・バジャンダル(Abul Bajandar)さん(26)。足と手を覆う、少なくとも5キロの重さに成長したイボを除去する手術の準備を進めている。

「当初、イボに害はないと考えていた」と、ダッカ医科大学病院(DMCH)でバジャンダルさんはAFPに語った。「だけど、私は徐々に働く能力を失っていった。今では、両手に2~3インチ(5~8センチ)のイボが数十個できている。足にも小さいこぶがいくつかある」。

続きはソースで

(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3075253


画像
バングラデシュの首都ダッカのダッカ医科大学病院に座る、手や足に木の皮のような巨大なイボができた「樹木男」こと
アブル・バジャンダルさん(2016年1月31日撮影)。(c)AFP/Munir uz ZAMAN
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/a/1024x/img_9a3a1e1e19a21a6434b971f85f34732e219279.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/f/1024x/img_6fb678b7ec2c1554116abf54b4121cd7209583.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/4/1024x/img_845b2f688bb92d3a9da31b778f5de223154124.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/b/1024x/img_4b8bc35f7a9b206561077bc244a50f54209884.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/7/1024x/img_27d87eb8e1e909792d61c8d0553a9dad198275.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/e/1024x/img_6ef715791595c59229f3f17f266bc367190899.jpg

引用元: 【医療】バングラデシュの「樹木男」 巨大イボ除去手術へ (画像あり)

バングラデシュの「樹木男」 巨大イボ除去手術へ (画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/12/21(月) 14:16:44.47 ID:CAP_USER*.net BE:532994879-PLT(13121)
sssp://img.2ch.sc/ico/syobo2.gif
12月21日 14時09分

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う、福島県内の除染で出た土などの処分を巡って、環境省は来年度から土に含まれる放射性物質を除去したうえで、建設資材などに再生利用するモデル事業を始めるとする方針案を明らかにしました。
福島県内の除染で出た土などは中間貯蔵施設に搬入し、30年以内に福島県外で最終処分することになっていますが、最大で東京ドーム18杯分に上る廃棄物の処分場の確保が課題となっています。

このため環境省は有識者の会合を設けて、廃棄物の量を減らす対策を検討していて、21日に東京都内で開かれた会合で方針案が示されました。

続きはソースで

ダウンロード

引用元 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151221/k10010348061000.html

引用元: 【科学】除染で出た土を建設資材に 環境省がモデル事業

除染で出た土を建設資材に 環境省がモデル事業の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/09(金) 18:26:26.29 ID:???*.net
◆火薬をかぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍
  嗅覚は抜群、軽いから地雷を踏んでも爆発しない

アフリカオニネズミは、中央アフリカに生息する大型のネズミで、目は悪いが、嗅覚は並はずれて鋭い。
そのため、TNT火薬をかぎ分けて、地中に埋もれている地雷を探すにはうってつけだ。

紛争から数十年経っても地雷や不発弾が残ったままの地域もあり、踏んで怪我を負ったり命を落としたりする人は、毎年、数千人に上る。
2014年版『ランドマインモニター報告』によると、地雷など地中に埋まった爆発物による死傷者は、2012年の4325人に比べ2013年は3308人と減少している。

このように埋もれた爆発物の探知は、困難で危険を伴う。
人間が金属探知機で探すのは、命の危険があるだけでなく、時間がかかり、探知機にそれらしい反応が出るたびに作業を中断して確認しなければならない。
訓練を受けた犬もよく使われているが、費用がかかるし、輸送も簡単でない。

TNT火薬をかぎ分けるアフリカオニネズミたちを世に送り出しているのは
非営利団体「APOPO」。
同団体によると、ネズミは体重が軽いので、地雷を踏んでも爆発せず、嗅覚を駆使して爆発物をすばやく見つけ出せるという。

1匹のネズミは20分で200平方メートルを探査できるが、同じ広さを人間がやると4日かかると、
APOPOの訓練担当、アブドゥッラー・ラマダーン氏はメールで語った。
APOPOは1997年の設立以来、この恐ろしく鼻の利くネズミの助けを借りて、タンザニア、モザンビーク、アンゴラ、ごく最近になってカンボジアで、1万3200個の地雷を除去してきた。

続きはソースで

0
ナショナルジオグラフィック 2015年10月09日
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/100800280/

引用元: 【話題】火薬をかぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍 嗅覚は抜群、軽いから地雷を踏んでも爆発しない

火薬をかぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍 嗅覚は抜群、軽いから地雷を踏んでも爆発しないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/07(月) 22:16:49.39 ID:???*.net
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったがん治療が、実現へと近づいているようだ。
東京大学医科学研究所をはじめとする研究グループが報告したものだ。

■iPS細胞でがんを◯す細胞に

東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センターの中内啓光教授、安藤美樹日本学術振興会特別研究員RPDらの研究グループが行った研究によるもの。
8月28日に同大学が発表した。

iPS細胞は「万能細胞」と呼ばれるように、何にでも変われる細胞。大人になった細胞をリセットして作り出す。
研究グループはiPS細胞から、がんを攻撃できる「キラーT細胞」を作り出している。

iPS細胞の課題は、がんを攻撃する細胞だけではなく、いわば暴走してiPS細胞そのものががんになる心配があるところ。iPS細胞は不要な分は、効果的に取り除く技術も必要になる。

0


https://www.mededge.jp/b/tech/18823

引用元: 【医療】iPS細胞、がんを攻撃して自爆

iPS細胞、がんを攻撃して自爆の続きを読む

このページのトップヘ