理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

集団

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/19(金) 00:34:30.72 ID:CAP_USER.net
「孤独」を感じる脳の部位、特定される:研究結果
WIRED 2016.2.18 THU
http://wired.jp/2016/02/18/pinpointing-loneliness-neural-level/

マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者らによる研究チームが、マウスの実験において「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定した。

進化史的に見て、人間が食料や住む場所を見つけるのは、1人よりも集団で行うほうが容易だった。
だからこそ、集団のなかに快適さを求めようとする本能が、われわれのなかに深く根を張ってきた。
この接触が奪われるとき、多くの場合、われわれは孤独や苦痛、惨めさに襲われる。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者らによる研究チームはこのほど、こうした「孤独の感情」と関係すると見られる脳の部位を特定したと発表した。
研究チームによると、それは脳の後部にある背側縫線核(DRN)という部位なのだという。

学術誌『Cell』に2月11日付けで発表された研究論文は、マウスを対象とした実験に基づくものだ。
研究チームによると、集団で飼育されているマウスたちは、DRNのニューロン(神経細胞)が不活発だが、孤立した状況におかれると、その間にDRNニューロンは社会的接触に対して敏感になるという。
さらに、隔離したのちに集団に再会させたマウスの神経活動は急増した。
これらの隔離されたマウスは、隔離されなかったマウスよりも、はるかに社交的になったという。 

(引用ここまで 全文は引用元参照)

ダウンロード


▽関連
Dorsal Raphe Dopamine Neurons Represent the Experience of Social Isolation
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cell.2015.12.040
http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(15)01704-3

引用元: 【脳機能】「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定/米マサチューセッツ工科大[02/18]

「孤独感」に関係すると見られる脳の部位を特定/米マサチューセッツ工科大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/02/18(木) 17:58:49.81 ID:CAP_USER.net
ネアンデルタール人のDNA、人類大移動の年表を書き換え (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000022-jij_afp-sctch


【AFP=時事】現生人類の集団は、これまで考えられてきたよりもはるかに早い時期にユーラシア(Eurasia)大陸に到達し、ネアンデルタール人(Neanderthals)と性○渉を持っていたとする、DNA分析に基づく研究結果が17日、発表された。
これにより、人類大移動の年表が書き換えられることになるという。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文では、一部のホ◯・サピエンス(Homo sapiens)が、通説より数万年早い、少なくとも10万年前にアフリカ大陸を離れていたことを示す初の遺伝学的証拠を提供している。

 この明白な証拠は、人間の化石ではなく、あるネアンデルタール人の骨に基づくもの。
ロシアとモンゴルの国境付近に位置するシベリア(Siberia)南部のアルタイ山脈(Altai Mountains)の洞窟で発見された、このネアンデルタール人のゲノム、正確には21番染色体に刻まれていたのは、人間のDNAの痕跡だった。

 これは、ホ◯・サピエンスとネアンデルタール人との間の異種性交渉が確認された最古の事例になる。

 論文によると、さらに意味深いのは、この発見により、われわれの祖先が人類発祥の地を離れたとみられる時期が約3万5000年も早まったことだという。

 論文の共同執筆者でドイツ・マックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)の科学者であるセルジ・カステラーノ(Sergi Castellano)氏はAFPに対し、「現生人類がアフリカ以外の場所にいたことを示す初の遺伝学的証拠」と語った。

 昨年10月に発表された、中国南部で8万年~12万年前の人間の歯が発見されたとする研究論文が今回の発見を裏付けているという。
ただ、この2件を関連付ける根拠はないとしている。

 研究チームは、どちらのケースも、現生人類は東アフリカを離れてアラビア半島を横断したと推測。
その後、一方は中央アジアやシベリアに向かって北へ進み、もう一方は中東から東アジアに向かった可能性があるという。

 科学者らは、最初の現生人類が約20万年前にアフリカで誕生したとの意見で一致している。

 今回の研究では、アルタイ山脈のネアンデルタール人と異種交配したは、約6万5000年前に欧州やアジアに定住した種族とは異なり、むしろ、早い時期に別の人類から枝分かれした集団に属していた可能性があると指摘。

 論文の共同執筆者でイスラエルのヘルツリヤ学際センター(Herzliya Interdisciplinary Center)のイラン・グローナウ(Ilan Gronau)氏によると、その時期は「現代のアフリカ人が別の集団から枝分かれした約20万年前頃」とみられるという。【翻訳編集】 AFPBB News

ダウンロード
 

引用元: 【古人類学/遺伝学】ネアンデルタール人のDNAに現生人類のDNAの痕跡 人類大移動の年表を書き換え

ネアンデルタール人のDNAに現生人類のDNAの痕跡 人類大移動の年表を書き換えの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/01/21(木) 07:48:34.22 ID:CAP_USER.net
1万年前、集団で争いか=◯害された人骨多数―ケニア (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000012-jij-sctch

ダウンロード


 アフリカ・ケニアのトゥルカナ湖近くで、約1万年前に狩猟採集民の集団同士が争い、こん棒ややりなどで◯害されたとみられる人骨が少なくとも27人分見つかった。
英ケンブリッジ大などの国際研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 農耕が始まると、土地や収穫物をめぐる争いが増えるが、狩猟採集時代の集団的な争いの跡は珍しい。
人骨の発掘場所は当時の湖岸付近で、水や魚介類などの食料を得やすい場所だったとみられる。
縄張りや食料などをめぐる争いか、出合い頭の偶発的な戦いかは不明だが、人類の戦争の起源を考える手掛かりになるという。

 27人のうち子供が6人おり、大人は男女8人ずつで性別不明が5人だった。
埋葬された形跡はなく、大人10人のほぼ全身がそろった骨格には、こん棒などで殴られて骨折したり、やりや矢を受けたりした跡が見つかった。

 男性1人の頭骨には、やりの先か矢尻とみられる鋭い黒曜石があった。女性のうち1人は妊婦で、手足を縛られて◯害されたとみられる。胎児の骨も見つかった。 

引用元: 【考古学】1万年前、集団で争いか=殺害された人骨多数―ケニア

1万年前、集団で争いか=殺害された人骨多数―ケニアの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/25(火) 19:50:25.29 ID:???.net
ハザードラボ 2015-08-24 16:52
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10761.html

no title


 国立遺伝学研究所と東京大学の共同チームは、アイヌ人や日本列島本土人の遺伝情報を解析した結果、遺伝子配列の違いから、縄文人の子孫と見られるアイヌ人と、弥生人の子孫とされる渡来人の混血は、7世紀に始まったと推定する研究結果を8月24日までに発表した。

 日本列島には、おもに北海道に住むアイヌ人、琉球諸島のオキナワ人、日本各地に分布して生息する本土人の3種類の人類集団が居住している。
国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは、性染色体以外の遺伝情報を調べて、60万カ所で見られる遺伝子配列の違いを解析した。

 その結果、毛髪と歯、顔の造形に関係する2つの遺伝子の近くに存在する塩基配列が異なる部分の解析から、アイヌ人と日本列島本土人には大きな違いがあることが判明した。

続きはソースで

画像
国立遺伝学研究所と東大の共同チームが日本列島本土人の混血モデルを解析した図(国立遺伝学研究所の論文より作成)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/0/7/10761/%E6%B7%B7%E8%A1%80.jpg

ゲノム規模SNPデータからみたアイヌ人の特徴と日本列島本土人の成立
http://www.nig.ac.jp/nig/ja/2015/08/research-highlights_ja/20150819-2.html

Unique characteristics of the Ainu population in Northern Japan
http://www.nature.com/jhg/journal/vaop/ncurrent/full/jhg201579a.html

引用元: 【集団遺伝学】「アイヌ人と渡来人の混血は7世紀が始まり」…国立遺伝学研究所

「アイヌ人と渡来人の混血は7世紀が始まり」…国立遺伝学研究所の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/08/19(水) 18:32:30.07 ID:???.net
新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3057713

画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/2/280x/img_b2c624d7145d7d6be2968ddc6a53150667312.jpg


【8月19日 AFP】新石器時代のものと見られる集団墓地から発掘の人骨26体から、約7000年前の争いが恐ろしく残虐なものであったことが示唆されたとする研究論文が17日、発表された。
集団墓地はドイツで見つかった。

 米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された論文によると、この発見は、新石器時代初期において、集団的な暴力行為が重要な役割を果たしていたとする説を新たに裏付けるもので、線形陶器文化の衰退の原因となった可能性もあるとしている。

 古代の集団墓地をめぐっては、専門家の間では激しい議論が交わされてきた。またこのような遺構が見つかることはきわめてまれだという。

 最近では、2006年にドイツの道路工事現場から見つかっている。

続きはソースで

images


(c)AFP

引用元: 【古人類学】新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆

新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/30(木) 09:39:41.19 ID:???.net
リーダーの頭脳と集団の腕力、アリの協調行動解明 研究
AFP=時事 7月29日 12時31分配信

【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】アリは、重いものを持ち上げて運ぶための「集団の筋力」と「個体の指導力」とを組み合わせる、驚くべき能力を持っているとの研究結果が28日、発表された。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究では、昆虫など自分たちよりも大きな物体を力を合わせて運んでいる十数匹のアリの集団が、この活動に参加している1匹のアリから提供される情報を基に、進路を調整できることを確認した。

 この1匹の「リーダー」は、集団が進路から外れたり、「困難を生じさせるもの」の方に向かっていたりすることを何らかの方法で察知し、さまざまな角度から引っ張る力を加えることで、進行方向に必要な変更を合図する。他のアリは逆うことなく、その合図に従う。

 研究を主導したイスラエル・ワイツマン科学研究所(Weizmann Institute of Science)のオフェル・ファイナマン(Ofer Feinerman)研究員は「個々のアリは、障害物をやり過ごす方法を把握しているが、(1匹では)物体を運ぶための筋力が不足している」と説明する。

 同氏は、AFPの取材に「集団は、リーダーの力を増幅させるために形成される。そしてリーダーは、把握している方法を実際の行動に反映させる」と説明した。

 さらに驚くべきことに、リーダーを務めたアリが、その行動の10~20秒後には、さらに最新の情報を持った別の新参アリにリーダーの役目を譲り渡すことも確認できた。

 この行動についてファイナマン氏は、「判別可能な限りでは、リーダー役は他のアリと何ら変わりがない」ことを指摘。
「リーダーは誰からも指名されるわけではない。雄ではなく雌の働きアリは、正しい方向に関する最新の情報を持っているという理由で自ら役を買って出る」と続けた。

 アリは、その生物種に属する個体よりもはるかに重い物体を集団で運ぶことを目的に、組織的な行動をとる数少ない動物の一つだ。

 組織的な行動における難題の一つには、協調行動すなわち調和と、状況の変化に合わせて対応できる柔軟性との間にバランスを見極めなければいけないということがある。

 魚群やヒツジの群れなどの集団で生活する動物は、一致した行動をとるように進化してきた。これは、協調行動に不可欠な特性とされる。
アリがバラバラではなく組織的に行動できるのは、この特性のおかげだとファイナマン氏は指摘する。

 だが、このいわゆる「行動の順応主義」が難点となる場合に、情報を有するリーダー役が現れるというのだ。

 ファイナマン氏によると、アリは単にリーダーとして一時的に指揮をとるために「自身の存在を集団に伝達する必要はない」と推測されるという。

images (2)


【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000019-jij_afp-sctch

引用元: 【生物】リーダーの頭脳と集団の腕力、アリの協調行動解明 研究

リーダーの頭脳と集団の腕力、アリの協調行動解明 研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ