理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

難聴

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/09/05(火) 19:09:13.12 ID:CAP_USER
2017年9月5日 18:36
記事全文
 「おたふくかぜ」が原因で難聴になった患者に対する、初めての大規模調査の結果が公表された。

 おたふくかぜは、耳の下が腫れて痛みが出る、主に子どもがかかる感染症で、ほとんどが軽い症状だが、難聴を発症する場合がある。

続きはソースで

http://www.news24.jp/sp/articles/2017/09/05/07371718.html
images


引用元: 【感染症】 「おたふくかぜ」で難聴 初の大規模調査[09/05] [無断転載禁止]©2ch.net

【感染症】 「おたふくかぜ」で難聴 初の大規模調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/05(木) 01:06:50.53 ID:CAP_USER
iPS細胞で難聴発症の仕組み解明 慶大などのグループ

瀬川茂子 2017年1月5日00時00分

進行性の難聴「ペンドレッド症候群」の患者のiPS細胞から内耳の細胞を作り、発症の仕組みを解明することに、慶応大などのグループが成功した。
3日付米専門誌に発表した。
 
ペンドレッド症候群は、3歳ごろに難聴と判明することが多く、めまいや甲状腺のはれを伴い、言葉の発達が遅れる可能性もある。
ペンドリンというたんぱく質を作る遺伝子の異常が原因とみられているが、発症の詳細な仕組みは不明だった。

続きはソースで

▽引用元:朝日新聞DIGITAL 2017年1月5日00時00分配信記事
http://www.asahi.com/articles/ASK143HG6K14ULBJ003.html

▽関連
Cell Reports
Volume 18, Issue 1, p68?81, 3 January 2017
Cochlear Cell Modeling Using Disease-Specific iPSCs Unveils a Degenerative Phenotype and Suggests Treatments for Congenital Progressive Hearing Loss
http://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(16)31710-7
ダウンロード


引用元: 【医学】進行性の難聴「ペンドレッド症候群」の患者のiPS細胞で発症の仕組みを解明/慶應大など©2ch.net

進行性の難聴「ペンドレッド症候群」の患者のiPS細胞で発症の仕組みを解明/慶應大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/21(月) 21:23:01.50 ID:CAP_USER*.net
 日本の人口の約10~20%の方に症状があるといわれている、“耳鳴り”。みなさんも“キーン”という金属音や“ピー”という電子音など、突然耳鳴りを感じたことはありませんか?
耳鳴りというと「耳に異常が?」と思ってしまうもの。もちろん、耳そのものにトラブルが起きている場合が多いようですが、実は耳以外が原因で起こる耳鳴りもあるんですって……!
そこで今回は、女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』を参考に、耳鳴りを引き起こす原因とその予防策をご紹介します。

■耳鳴りを起こす病気とは
耳鳴りを起こす病気には一体どのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。耳鳴りに悩まされているあなた、こんな病気が原因になっているかもしれませんよ。

・耳鳴りがある……メニエール病、内耳炎、突発性難聴、聴神経腫瘍、老人性難聴、心因性難聴、うつ病

・耳鳴りがときどきある……高血圧・低血圧、自律神経失調症、更年期障害

上記を見て、耳そのものにトラブルが起きているケースと、“耳以外”にトラブルが起きているケースがあることに気づくのではないでしょうか?

耳鳴りが起きると、「耳に異常があるの?」と思いがちですが、実際には、耳以外が原因で“耳鳴り”が起きている可能性があることを知っておきましょう。

続きはソースで

ダウンロード

http://news.infoseek.co.jp/article/wooris_192922/
2016年3月21日 21時0分

引用元: 【健康】脳で鳴ってるの?キーンの「耳鳴り」の原因と予防方法4つ

脳で鳴ってるの?キーンの「耳鳴り」の原因と予防方法4つの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/19(日) 00:41:52.53 ID:???.net
■理研、難聴のメカニズム解明に繋がる遺伝子情報を公開

 理化学研究所の角田達彦グループディレクターらによる共同研究グループは、難聴マウスのエピジェネティクス作用薬剤に応答する全ゲノムの遺伝子発現変動情報を収集し、そのデータを全世界に公開した。

 難聴は有病率の高い疾患の一つで、日本では約1,000万人が難聴と推計されている。進行性・加齢性の難聴の原因には生活習慣などといった環境因子と遺伝的要因が複合的に関わっていると考えられており、病気が進行するメカニズムは解明されていない。

 今回の研究では、難聴が発症し始める時期である生後4週齢のDBA/2Jマウスに、1日1回、マウスの体重1kg当たり500mgのLメチオニンと300mgのバルプロ酸を8週間投与し続け、このマウスの蝸牛(かぎゅう)の遺伝子発現量を測定した。

続きはソースで

images

 なお、この内容は「Genomics Data」に掲載された。

http://www.zaikei.co.jp/article/20150718/259765.html
http://www.zaikei.co.jp/ 財経新聞 (2015年7月18日 13:45)配信

理化学研究所 東京医療センター 2015年7月15日 Press Release
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150715_2/
Gene expression profiling of DBA/2J mice cochleae treated with l-methionine and valproic acid
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213596015001312

引用元: 【医学】理研、難聴のメカニズム解明に繋がる遺伝子情報を公開

理研、難聴のメカニズム解明に繋がる遺伝子情報を公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/04/07(火) 16:53:31.66 ID:???.net
掲載日:2015年4月6日
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040601002143.html

 遺伝性難聴のマウスの内耳に遺伝子を入れ、聴力を改善させることに成功したと順天堂大などのチームが6日、発表した。同大の池田勝久教授(耳鼻咽喉科)は「遺伝性難聴の根本的治療法の開発につながると期待できる」と話している。

0000


 チームは難聴の原因遺伝子のうち、最も患者の多い「GJB2」という遺伝子に着目。この遺伝子が変異したマウスは、内耳で音を感じるセンサーの役割をする「コルチ器」という器官が形成されないことを発見した。

 遺伝子を変異させたマウスが生まれた直後、内耳にGJB2遺伝子を注射。10~12週間後、小さい音でも
聞き取れるようになり、コルチ器もできていた。

<参照>
遺伝性難聴の根本的治療に成功(順天堂大学 プレスリリース)
http://www.zaikei.co.jp/releases/243371/

Perinatal Gjb2 gene transfer rescues hearing in a mouse model of hereditary deafness
http://hmg.oxfordjournals.org/content/early/2015/03/22/hmg.ddv109.abstract

引用元: 【医学】順天堂大、遺伝子注射で難聴改善 マウスで成功

順天堂大、遺伝子注射で難聴改善 マウスで成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/03/04(火) 07:18:57.19 ID:???0 BE:1851773696-PLT(12557)

遺伝性難聴のうち最も多い「コネキシン26」(GJB2)と呼ばれる遺伝子の変異が原因となるタイプについて、順天堂大と理化学研究所などの研究チームが3日、発症の仕組みを解明したと発表した。

新薬の開発などへの貢献が期待できるという。

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014030400049




JVCケンウッド JVC ワイヤレスヘッドホン HA-WD100
遺伝性難聴の要因解明…新薬開発に貢献期待の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ