理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

霊長類

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/03/30(木) 08:38:13.51 ID:CAP_USER
2017年03月28日 08:32 発信地:パリ/フランス

ドイツ・ベルリンで開かれたフルーツ見本市で展示されたフルーツ(2017年2月8日撮影、資料写真)。(c)AFP/Tobias SCHWARZ
http://www.afpbb.com/articles/-/3122959?act=all

【3月28日 AFP】現在最も手軽に食べられるおやつ、果物のおかげで、人間は大きくて強力な脳を発達させることができた可能性が高いとの研究論文が27日、発表された。

 果物を食べることが、植物の葉などの最も基本的な食料からの重要な進歩となり、より大型の脳を成長させるのに必要なエネルギーを提供したと、研究チームは主張している。

 論文の責任著者で、米ニューヨーク大学(New York University)の研究者のアレックス・デカーシエン(Alex Decasien)氏は、
「このようにして人間は、これほど非常に巨大な脳を手に入れ」、「食物の質を大幅に拡大して今の食事につながっている」と語った。

 米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に発表された今回の研究では、霊長類140種以上の主食を調査するとともに、霊長類の食べ物が最近の進化の間にそれほど大きく変化していないと仮定した。

 研究によると、果物を食べる霊長類は、葉を主食とする霊長類よりも約25%大きな脳を持っているという。

続きはソースで

(c)AFP/Joshua MELVIN
ダウンロード


引用元: 【脳科学】人間の脳の大型化、果物が後押しか 研究[03/28] [無断転載禁止]©2ch.net

人間の脳の大型化、果物が後押しか 研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/01/21(土) 00:10:22.55 ID:CAP_USER
霊長類の60%が絶滅の危機に 研究
2017年01月20日 12:05 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月20日 AFP】ゴリラやテナガザルといった生物学的にヒトに最も近い霊長類の約60%が、主に人間の活動が原因で絶滅の脅威にさらされている。
研究論文が18日、発表された。

米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文で、共同執筆者で米イリノイ大学(University of Illinois)のポール・ガーバー(Paul Garber)教授(人類学)は、霊長類の約60%が絶滅の脅威にさらされており、約75%が個体数減少に直面していると述べた。
 
論文によると、ワオキツネザル、ウズングワアカコロブスサル、ウンナンシシバナザル、グラウアーゴリラなどは、その個体数が数千のみとされており、また中国に生息するカイナンテナガザルに至っては、30匹を下回っているという。
 
全霊長類の3分の2は、ブラジル、コンゴ民主共和国、インドネシアとマダガスカルのわずか4か国に生息している。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年01月20日 12:05 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3114779
ダウンロード (1)


引用元: 【生物】霊長類の60%が絶滅の危機に 主に人間の活動が原因©2ch.net

霊長類の60%が絶滅の危機に 主に人間の活動が原因の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/11/08(火) 02:00:48.05 ID:CAP_USER
類人猿も老眼に、40すぎで症状 「霊長類共通の現象」京大チーム

大型類人猿のボノボにも老眼があり、人間と同じように40歳を過ぎたころから症状が現れることが分かったと、京都大霊長類研究所のチームが7日付の米科学誌カレントバイオロジー電子版に発表した。
 
人の老眼の原因は、読み書きなど人間特有の作業だとされていたが、「こうした作業とは関係なく、同じ祖先から受け継いだ霊長類共通の現象とみられる」としている。

続きはソースで
 
▽引用元:共同通信 2016/11/8 01:00
http://this.kiji.is/168389833160900611

▽関連
Heungjin Ryu, Kirsty E. Graham, Tetsuya Sakamaki, Takeshi Furuichi
Current Biology, Vol. 26, Issue 21, R1131?R1132
Published in issue: November 07, 2016
Long-sightedness in old wild bonobos during grooming
http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(16)31068-5
ダウンロード


引用元: 【霊長類】大型類人猿ボノボも老眼に、40すぎで症状 同じ祖先から受け継いだ霊長類共通の現象/京都大霊長類研究所©2ch.net

大型類人猿ボノボも老眼に、40すぎで症状 同じ祖先から受け継いだ霊長類共通の現象/京都大霊長類研究所の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/29(土) 23:57:54.09 ID:CAP_USER
覚醒時のマーモセット大脳皮質の神経活動の長期観察に成功
~霊長類の神経活動を細胞レベルで観察する技術を確立~

ポイント
〇ヒトに近い高次脳機能を持つマーモセットの大脳皮質体性感覚野の覚醒状態の神経活動をマルチスケールで長期間観察する技術を確立した。
〇麻酔下では覚醒下に比べ、神経応答が著しく低下していることが明らかになり、麻酔下で観察されてきた過去の霊長類脳活動の再解釈が必要であると示唆された。
〇マーモセットの高次脳機能の解明やヒトの精神?神経疾患の治療法の創出に役立つ基礎的な知見が得られるものと期待できる。

実験動物中央研究所(実中研) 実験動物研究部、理化学研究所(理研) 脳科学総合研究センター 発生神経生物研究チームの御子柴 克彦 チームリーダー、山田 義之 客員研究員(ジュネーブ大学 研究員)、松本 圭史 研究員らの研究グループは、覚醒状態のマーモセットの大脳皮質体性感覚野注1)の神経活動をマルチスケールで長期間観察することに成功しました。

ヒトの脳機能の解明や精神?神経疾患の治療法の創出のためには、ヒトに近い高次脳機能を持つ霊長類で研究を行う必要があります。
マーモセットは、小型で扱いやすいことや、霊長類で初めて遺伝子改変技術が確立されていること、多数の疾患モデルが既に樹立されつつあることなどから、近年、世界的に注目されています。
マーモセットの高次脳機能を明らかにし、ヒトの精神?神経疾患の治療法への応用を目指すためには、長期間にわたり神経活動を観察するための技術が必要です。
これまで、麻酔状態のマーモセットで多数の神経細胞を観察する技術は報告されていますが、麻酔自体が神経細胞の活動パターンや活動量に大きな影響を与えうることから、覚醒状態で神経活動を観察する技術の確立が望まれていました。

続きはソースで

▽引用元:科学技術振興機構(実験動物中央研究所)
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20161027/index.html

公益財団法人実験動物中央研究所
https://www.ciea.or.jp/
PRESS RELEASE
https://www.ciea.or.jp/pdf/20161027press2.pdf
ダウンロード


引用元: 【脳機能】覚醒時のマーモセット大脳皮質の神経活動の長期観察に成功 霊長類の神経活動を細胞レベルで観察する技術を確立©2ch.net

覚醒時のマーモセット大脳皮質の神経活動の長期観察に成功 霊長類の神経活動を細胞レベルで観察する技術を確立の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/11(火) 00:43:45.83 ID:CAP_USER
iPSでサルの心臓回復 信州大、心筋細胞を移植

サルの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を、心筋梗塞のサルに移植し、心臓の働きを回復させることに成功したと信州大などのチームが10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
人に近い霊長類のサル同士で、iPS細胞により心臓の機能を再生させたのは初めて。
人の再生医療への応用に向け大きな一歩になりそうだ。

続きはソースで

▽引用元:共同通信47NEWS 2016/10/11 00:00
http://this.kiji.is/158227862220310010

▽関連
Nature (2016) doi:10.1038/nature19815
Received 07 October 2015 Accepted 31 August 2016 Published online 10 October 2016
Allogeneic transplantation of iPS cell-derived cardiomyocytes regenerates primate hearts
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature19815.html
ダウンロード (2)


引用元: 【再生医療】iPS細胞から作った心臓の細胞を心筋梗塞のサルに移植 心臓の働きを回復させることに成功/信州大など©2ch.net

iPS細胞から作った心臓の細胞を心筋梗塞のサルに移植 心臓の働きを回復させることに成功/信州大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/08(土) 12:55:35.73 ID:CAP_USER
【プレスリリース】類人猿も他者の思考を推し量る ―アイ・トラッキングを用いた心の理解の研究― | 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/50987
Movie S1 Exp1 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qUkk0hSrT2Q


MovieS2 exp2 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kgYNSin3Sfc




概要

 他者の「心」を理解する能力は社会生活の基本です。この能力は、ヒト以外の動物にも存在することが知られています。しかし、ヒト以外の動物が、「他者が現実とは異なる状況を信じていること」を理解することを示した研究はこれまでなく、ヒト特有の高度な認知能力であると考えられてきました。例えば、ある人物 A が引き出しにペンをしまい外出し、不在中に他人がペンを筆入れに移したとします。帰宅した A がペンをとろうとまず探すのは引き出しでしょうか、それとも筆入れでしょうか。ペンが筆入れにあるにも関わらず、A が引き出しを探すと類推できるのは、他者が現実とは異なる状況を信じていると理解しているからです。引き出しに向かう A の思考を「誤信念」と呼びます。つまり、他者の頭の中にのみ存在する仮想現実です。

それを理解する能力があるということは、他者の心的状態を本当に理解しているという強い証拠になります。京都大学霊長類研究所 狩野文浩特定助教とデューク大学 クリストファー・クルペネ博士らは、アイ・トラッキングという視線を記録する装置を使って、類人猿がヒトと同様に他者の「誤信念」に基づき予測的な注視をすることを明らかにしました。類人猿にも、この種の高度な認知能力があることを示唆した初めての研究で、ヒトと類人猿との進化的なつながりがまた一つ明らかになりました。高い学術的なインパクトが期待されます。今回の研究は、狩野特定助教とクルペンイェ博士を筆頭著者として、京都大学熊本サンクチュアリおよび独マックス・プランク研究所で行われた国際共同研究です。論文は 10 月 7 日、Science に掲載されます。

続きはソースで

 
ダウンロード

引用元: 【動物行動学】類人猿も他者の思考を推し量る アイ・トラッキングを用いた心の理解の研究 [無断転載禁止]©2ch.net

類人猿も他者の思考を推し量る アイ・トラッキングを用いた心の理解の研究の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ