理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

頭髪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/29(水) 18:02:48.77 ID:CAP_USER9
「チビ」「ハゲ」「デブ」といえば、男の3大コンプレックスである。
どれ1つとっても、ないにこしたことがないと願う男性は多いだろう。
ところが、背が低い男性は若くして薄毛になりやすいという、実もふたもない研究が発表された。髪(神)も仏もないのだろうか。

イラスト:パリッとキメて堂々とすれば、こんなにモテモテ
http://www.j-cast.com/healthcare/assets_c/2017/03/health_20170327151340-thumb-645x380-108659.jpg

■白人男性の多い「30代から薄毛」になる人を調べると

背が低くて薄毛の有名男性といえば、ソフトバンクグループの創業者・孫正義さん、俳優の竹中直人さん・小日向文世さん、米俳優・監督のダニー・デビートさんらがいる。
皆さん、屈託など感じさせずに元気に活躍中だ。

研究をまとめたのは、ドイツ・ボン大学のシュテファニー・ハイルマン・ハインバッハ教授らのチームだ。
英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)の2017年3月8日号に発表した。

ハインバッハ教授らは、最初から男性の薄毛と背の高さの関係を調べたわけではない。
若いうちから薄毛になる「若年性男性型脱毛症」(MPB)の原因となる遺伝子を調べているうちに、いくつかの遺伝子が、身長が低くなる遺伝子と密接に関係していることを「発見」したのだった。

同誌の論文によると、「若年性男性型脱毛症」は欧州系の白人に多くみられる。
30代前半から脱毛が始まる病気だ。

アジア系男性の場合は、40代頃から始まり、頻度も白人よりはるかに低い。
研究チームは、若年性男性型脱毛症の白人男性1万846人の遺伝子を、脱毛症ではない1万1672人の遺伝子と比較した。

そして脱毛症を発症させることに関連がある遺伝子を63個突きとめた。
それまで知られていたのは40個だから、新たに23個発見したわけだ。

続きはソースで

http://www.j-cast.com/healthcare/2017/03/28294038.html
http://www.j-cast.com/healthcare/2017/03/28294038.html?p=2
ダウンロード (4)


引用元: 【話題】身長の不自由な人は“髪の毛の不自由な人”になりやすいって本当? [無断転載禁止]©2ch.net

身長の不自由な人は“髪の毛の不自由な人”になりやすいって本当?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/18(土) 11:40:02.73 ID:CAP_USER9
[ちちんぷいぷい - 毎日放送]

2017年3月8日放送の「Today's VOICE ニュースな人」のコーナーでは、京都府立大学大学院 生命環境科学研究科の塚本康浩教授の取り組みについて取り上げられました。

ダチョウを愛する塚本教授は「ダチョウが持つ免疫力」に注目し、ダチョウの卵から取れる抗体を使って今までに「インフルエンザ」「花粉症」に効果があるマスクや、「ニキビ」を治療する薬を開発してきました。

ダチョウの免疫力は非常に強い?

そもそもなぜダチョウなのか...長く飼っている中で、ダチョウには他の動物にない"特徴"があることに気がついたとのこと。

ダチョウはケガをしてもすぐに治るし、寿命が60年くらいある中でもともと不潔な鳥であるのに感染症にもかからないことから、非常に「免疫力が強い、いい抗体」がとれるのではないかと研究を始めました。

続きはソースで
Jタウンネット3月18日(土)7時34分
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0318/jtn_170318_5556770141.html
ダウンロード


引用元: 【研究】ダチョウ、薄毛改善に役立つ? =ダチョウを愛する大学教授、ダチョウが持つ免疫力に注目 [無断転載禁止]©2ch.net

ダチョウ、薄毛改善に役立つ? =ダチョウを愛する大学教授、ダチョウが持つ免疫力に注目の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/03/12(日) 01:35:28.51 ID:CAP_USER
背の低い白人男性は薄毛になりやすい、欧州研究
2017年03月10日 12:35 

【3月10日 AFP】背の低い欧州系の男性は、早期脱毛症になるリスクが高いとする新たな研究結果が8日、発表された。

同論文の主執筆者で、独ボン大学(University of Bonn)のシュテファニー・ハイルマン・ハインバッハ(Stefanie Heilmann-Heimbach)教授は、AFPの取材に「相対的に低身長の男性ほど、頭髪を失う可能性が高くなるようだ。毛髪脱毛症に関与する遺伝子の一部は、概して低身長に関連していることを、今回の研究データは示している」と語った。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年03月10日 18:47
http://www.afpbb.com/articles/-/3120893

▽関連
Nature Communications 8, Article?number:?14694 (2017)
doi:10.1038/ncomms14694
Meta-analysis identifies novel risk loci and yields systematic insights into the biology of male-pattern baldness
http://www.nature.com/articles/ncomms14694
ダウンロード (1)


引用元: 【生物学】背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定/独ボン大学©2ch.net

背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定/独ボン大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/21(火) 17:34:12.30 ID:CAP_USER9
■薄毛の原因とは

薄毛になる要素は、複合的なため原因を1つに断定することは出来ません。
しかし、薄毛に?がる原因として考えられているものには「遺伝」「脱毛症」「老化」「栄養不足」「頭皮環境悪化」「自律神経の乱れ」などが挙げられます。
薄毛になる場合には、これらの原因が複数重なり合っていることも多く、原因が複数見られると更に薄毛が進行しやすくなります。

■よく怒る人は薄毛になりやすいの?

よく怒る人が薄毛になりやすいとされる理由は、薄毛の原因の1つである「自律神経の乱れ」です。
これは、よく怒ることによって引き起こされる可能性があるからです。
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つあり、身体や精神面のバランスを保つためには非常に重要な神経となっています。

そして、自律神経は髪への栄養補給に深く関わっているため、自律神経が乱れると髪が栄養不足になります。
そのため、自律神経が乱れることが薄毛に?がると考えられています。

自律神経は、精神面に大きく影響されてしまいます。
特に、よく怒ることは自律神経を乱す大きな原因になります。

続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/12702007/
ダウンロード (8)


引用元: 【医療】よく怒る人が薄毛になりやすい理由 [無断転載禁止]©2ch.net

よく怒る人が薄毛になりやすい理由の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/02/15(水) 20:09:52.32 ID:CAP_USER9
5万2000人分の生体データを用いた調査で、著しい抜け毛・脱毛につながる遺伝子座(遺伝子の位置)を識別することに成功したことが報告されています。
まだ個人の「はげ」をどうこうする段階ではありませんが、「なぜはげるのか」という遺伝的な原因の解明が進むことが期待されています。

http://i.gzn.jp/img/2017/02/15/genetic-prediction-baldness/snap2282.png
http://i.gzn.jp/img/2017/02/15/genetic-prediction-baldness/snap2283.png

これはエディンバラ大学認識老化・認識疫学センターのSaskia Hagenaars氏と同センターの統計遺伝学者ウィリアム・デイヴィッド・ヒル氏らによって行われた研究で、学術誌・PLOS Geneticsに2月14日に掲載されました。
Hagenaars氏らは、「はげ」に関するゲノム全体の共同研究を行っているイギリスの生体バンクと協力して、40歳から69歳の男性5万2000人のゲノムと健康データを調べました。

その結果、著しい脱毛・抜け毛と結びついた、287の遺伝子座を正確に示すことができました。
また、共通の遺伝的変異に基づいて「脱毛がない」「著しく脱毛する」を識別する予測アルゴリズムも開発したとのこと。

続きはソースで


           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`) また髪の話してる・・・
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \


http://gigazine.net/news/20170215-genetic-prediction-baldness/
ダウンロード (4)


引用元: 【医療】「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩 [無断転載禁止]©2ch.net

「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2017/01/24(火) 12:37:53.85 ID:CAP_USER9
カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、なぜ髪の毛は強く、切れにくいのかをナノレベルで解明した。研究を通して、高強度材料の開発などに役立つ知見が得られるとしている。論文は材料科学専門誌「Materials Science and Engineering: C」に掲載された。

髪の毛の引っ張り強度は150~270MPaと高く、重量比強度(密度あたりの引っ張り強度)で比較すれば鋼鉄に匹敵する強さを持っている。また、引っ張りによって破断するまでに、元の長さの1.5倍以上も伸びる性質があり、相当切れにくい材料であるといえる。

研究チームは、髪の毛が引っ張られて伸びるときに何が起こっているのかをナノレベルで調べた。その結果、これまで知られていなかった髪の毛の性質がいろいろとわかってきたという。

続きはソースで

http://news.mynavi.jp/news/2017/01/24/189/
http://n.mynv.jp/news/2017/01/24/189/images/001l.jpg
ダウンロード


引用元: 【科学】髪の毛はなぜ細くても強いのか? ナノレベルで解明 ©2ch.net

髪の毛はなぜ細くても強いのか? ナノレベルで解明の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ