理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 一般人φ ★ 2013/09/29(日) 23:42:10.46 ID:???

“世界最古の顔”が発見された。顔の持ち主は魚だ。最新研究によると、この4億1900万年前の魚の化石は、人類を含む脊椎動物がいつ、どのようにして“顔”を獲得したかを知る手がかりであり、脊椎動物が繁栄する上で重要な特性となった顔のルーツは、従来考えられていたよりはるかに古いことを示唆しているという。


「エンテログナトゥス・プリモルディアリス(Entelognathus primordialis)は、現生の硬骨魚類、および人類などの陸生脊椎動物と同じ顎骨をもつ、最も初期の、そして確実に最も原始的な化石魚類の1種だ」と、研究共著者で北京にある中国科学院のミン・チュー(Min Zhu)氏は述べる。「ヒトの顎は、この魚の顎とほぼ直接繋がっており、その点で非常に興味深い魚だ」。

 この魚の頬と顎の骨は、人類を含む現生の脊椎動物の骨と基本的に同じに見え、したがって、これまで知られた中で、我々が顔と認識するものをもつ最古の生物である可能性が考えられるとチュー氏は述べる。

◆進化の重要なステップ

 今回の研究によると、顎と顔の発達は、脊椎動物の進化における重要なステップであり、おそらく魚がより大きく素早い獲物をとらえるのに役立ったという。しかし、それらがどのようにして発達したのかについては、多くの謎が残っている。

 今回の研究には参加していないが、「Nature」誌に掲載された研究論文の付随論評を書いたオックスフォード大学の純古生物学者マット・フリードマン(Matt Friedman)氏は、エンテログナトゥス・プリモルディアリスは絶滅した原始的な甲冑魚である板皮類(ばんぴるい)に属するが、化石の顎と顔の構造は、他の板皮類の魚とは全く異なると指摘する。現生の硬骨魚類や人類の顎と頬は、小さな骨が複雑に寄り集まった構造をしているのに対し、板皮類の顎と頬は、2、3の大きな骨でできた単純なものだったとフリードマン氏は述べる。

(本文>>2以降に続く)

▽画像
これが“世界最古の顔”? 4億1900万年前に生きた魚エンテログナトゥス・プリモルディアリス(Entelognathus primordialis)が現在の中国にあたるシルル紀の海を泳いでいる想像図。
ba23eaaa.jpg

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/ancient-fish-could-be-first-jaw-face_71964_600x450.jpg

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(September 26, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130926002

▽Nature
「A Silurian placoderm with osteichthyan-like marginal jaw bones」
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12617.html



【古生物】“最古の顔”をもつ魚を発見、軟骨魚類よりも古い系統で現生と同じ顎骨が発達か?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/04(木) 23:55:33.79 ID:???

岡山理大で希少アリ見つかる 黄褐色の「セダカウロコアリ」


岡山理科大(岡山市北区理大町)の敷地内で見つかったアリ3匹が3日までに、全国でも発見例の少ない「セダカウロコアリ」と確認された。
体長はいずれも1・8ミリで、鋭いアゴと黄褐色の体表全体に広がる小さな突起が特徴。
倉敷市立自然史博物館(同市中央)によると、岡山県内での確認は初という。

地中生物の生態を調べる小林秀司同大准教授(動物系統分類学)の講義の実習中、理学部動物学科2年の酒井理沙さん(20)が発見。
6月18日午後4時ごろ、キャンパス北の半田山で土を深さ約25センチ掘って持ち帰り、土中の虫をザルで分類した際に見つけた。

「長く動物を研究しているが、発見時は判別できなかった」と小林准教授。
図鑑で調べたり、同僚研究者の意見を聞き、希少種と判明した。
酒井さんは「自分が岡山で第一発見者になるなんて。生態を詳しく調べたい」と話している。
(2013/7/3 21:10)
______________

▽記事引用元 山陽新聞 WebNews 2013/7/3 21:10配信記事
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013070321105367/

岡山県内で初めて見つかったセダカウロコアリ(岡山理科大提供)
6

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/images/2013/07/03/2013070321105367-1.jpg



【生物】岡山理大で希少アリ見つかる 全国でも発見例の少ない黄褐色の「セダカウロコアリ」 岡山県内での確認は初の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 1/2@白夜φ ★ 2013/07/05(金) 01:40:01.92 ID:???

サーベルタイガー、アゴの力は弱かった
Christine Dell'Amore
for National Geographic News
July 4, 2013

古代の肉食獣の中でも、上あごから伸びる長い犬歯が特徴的なサーベルタイガー(剣歯虎=けんしこ)は特に有名だ。
3族に分類されるサーベルタイガーは、専門家のみならず多くの人々の興味を誘ってきた。
特に獲物の倒し方については、ことさら高い関心が集まるようだが最近、バイオメカニクスに基づく新たなコンピューターモデルを駆使した研究結果が発表された。

研究グループのメンバーであるアメリカ、オハイオ大学の古生物学者ローレンス・ウィットマー氏は、長い牙による獲物の捕獲方法や外敵への攻撃方法が、生物進化の過程でどのように発達してきたのかを解明するきっかけになるのではと期待している。今回は最新の成果について解説してもらった。

◆サーベルタイガーにはいろいろな種類がいたようですが?

はい。スミロドンなどがよく知られていますが、そのほかにもさまざまな種が存在しました。
ティラコスミルス(Thylacosmilus atrox)と呼ぶ肉食獣も似ていますが、ネコ科のサーベルタイガーとは全く異なる種で、むしろ有袋類に近かったと考えられています。

◆サーベルのような牙を持った動物はいろいろいたんですね。生息年代は?

ティラコスミルスは、およそ700万年前に現在のアルゼンチン一帯に生息していました。
一方、ネコ科のスミロドンは、ティラコスミルスより500万年後に現在の北アメリカ一帯に進出します。

サーベルタイガーのような動物はもはや存在しませんが、生物進化の歴史の中で眺めるとこれはむしろ特殊な状況です。
捕獲や攻撃手段として長い牙を持つ動物はこれまで、哺乳類の進化史の中で繰り返し出現しました。
いわゆる“反復進化”と呼ぶ現象です。この先500万年後、1000万年後、あるいは1500万年後に再び出現する可能性は十分にあります。
>>2以降に続く)
_____________

▽記事引用元 National Geographic July 4, 2013配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130704002&expand

サーベル状の牙が特徴的な古生物、スミロドン(Smiloson fatalis)の全身骨格。
アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスのラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)で発見された化石から復元された。
09f3948d.jpg

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/69027_0_600x450.jpg

▽関連
PLOS ONE
Comparative Biomechanical Modeling of Metatherian and Placental Saber-Tooths: A Different Kind of Bite for an Extreme Pouched Predator
http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0066888



【古生物】サーベルタイガー、アゴの力は弱かったの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ