理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

飛散

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/12/04(木) 08:40:00.77 ID:???.net
落ちこぼれ救う遺伝子を大豆で発見
掲載日:2014年12月3日

大豆にとって収穫期に莢(さや)がはじけて落ちこぼれることは大問題だ。
この大豆の落ちこぼれによる収穫ロスを抑える遺伝子を、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)北海道農業研究センターの船附秀行(ふなつき ひでゆき)主任研究員(現・近畿中国四国農業研究センター)と北海道大学大学院農学研究院の藤野介延(ふじの かいえん)准教授らが見いだした。
莢のねじれを抑えることではじけて畑に落下するのを防ぐ遺伝子で、この発見から栽培大豆の起源や歴史も透けて見えてくる。
農業生物資源研究所と香川大学との共同研究で、12月2日付の米科学アカデミー紀要のオンライン版に発表した。

野生植物は、より広い範囲に拡大して子孫を残すため、種子を散布させる仕掛けが必要になる。
マメ科植物は成熟すると、莢が勢いよくはじけて種子を遠くまで飛散させる。
こうした性質は、野生植物にとって有用だが、作物の場合、収穫する前に生産物を損失することになる。
このため、野生植物が作物となっていく過程では、種子を飛散させない個体が選ばれ、栽培品種となってきた。

-----------引用ここまで 全文は記事引用元で------------

▽記事引用元
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141203_01.html
SciencePortal(http://scienceportal.jst.go.jp/)掲載日:2014年12月3日

▽関連リンク
農研機構
大豆の落ちこぼれを救う遺伝子 - 機械収穫に対応した品種開発に弾み -
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/054957.html
PNAS
Molecular basis of a shattering resistance boosting global dissemination of soybean
http://www.pnas.org/content/early/2014/11/26/1417282111.abstract

引用元: 【農学/遺伝子】落ちこぼれ救う遺伝子を大豆で発見/農研機構など

落ちこぼれ救う遺伝子を大豆で発見/農研機構などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/11(火) 23:40:49.17 ID:???.net
土壌のセシウム、黒雲母に吸着 東大など解明
2014/11/10 22:41

東京大学は10日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で飛散した放射性セシウムは、土壌中の「黒雲母」という鉱物に吸着しているとの研究結果を発表した。
セシウムが土壌に長くとどまっている様子がわかったのは今回が初めてという。
汚染土壌の選別やセシウムの除去方法の開発に役立てる考えだ。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG10H2R_Q4A111C1TJM000/
日経電子版(http://www.nikkei.com/)2014/11/10 22:41配信記事

▽関連リンク
東京大学大学院 理学系研究科・理学部
2014/11/10(配信日11/6)
福島放射能汚染における土壌中の放射性微粒子の特定と微粒子中の放射能分布の解明
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2014/50.html

引用元: 【地球科学】飛散した放射性セシウム 土壌中の「黒雲母」という鉱物に吸着/東京大など

飛散した放射性セシウム 土壌中の「黒雲母」という鉱物に吸着/東京大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/08(水) 21:27:13.88 ID:???0.net BE:277283116-2BP(3000)
来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想

 気象情報会社のウェザーニューズは8日、来春のスギとヒノキの花粉飛散量について予想を発表した。全国平均は平年(2008~14年平均)の1割増。今春との比較では全国平均で5割増しとなり、東北から近畿、山陰までの広い範囲で2~3倍に上る地域もありそうだ。

 一方、四国や九州などは、今夏の天候不順の影響を受けて平年より少なくなる見込みで、14年の半分程度となる地域もあるとみられる。

 同社は「例年と同様、来年2月以降は徐々に花粉が増えるので、早めに事前の対策を」と呼びかけている。北海道はシラカバ花粉で調べ、沖縄県は対象外だった。

 同社によると、スギやヒノキ花粉の発生源となる雄花の成長は夏の天候に関係するとされる。今年の夏は北日本から東日本にかけては高気圧の影響で晴れて暑い日が多く、雄花の生育に適していた一方、夏らしい日が少なかった西日本は育ちにくかった。

 北海道から近畿までは全ての都道府県で平年比、今春比が同じか多い予想。東京都が今春の約3倍、神奈川県や茨城県が約2.9倍などで、関東甲信や東海では特に飛散量が増えるとみている。

 四国や九州では、佐賀県と大分県が今春の55%、長崎県と宮崎県が60%などと予想。香川県を除き、いずれも平年比、今春比が同じか少なくなる見込みという。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG0802O_Y4A001C1CR8000/

引用元: 【社会】来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想

来春は花粉どっさり 平均で今春の5割増し、民間予想の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/31(金) 19:16:07.41 ID:???0

★スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測
2014年1月31日

環境省は31日、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量や飛散時期の予測の第2報を発表した。
昨年、大量に雄花がついて飛散したことから、今年は雄花が少ないため昨年に比べて量は少ないが、多く飛散する期間が長くピーク時期は昨年より早まると予測した。飛び始めは東北、北陸では、過去10年間の平均に比べて遅めになる。

ピークは九州、四国、近畿、東海、関東などで2月下旬から3月上旬、北陸は3月中旬、東北は3月下旬から4月上旬の見込み。2月3日から環境省花粉情報サイト(http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/)で日々の観測データが公開される。

039a73e2.jpg

http://apital.asahi.com/article/news/2014013100002.html



スギ・ヒノキの花粉、飛散量は少なめ 環境省予測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: リキラリアット(東京都) 2014/01/29(水) 15:13:01.83 ID:qQWfky4NP BE:2609844858-PLT(12012) ポイント特典

関東全域がスギ花粉のシーズンに突入したとウェザーニューズが伝えている。

 1月26日に一定の花粉飛散が観測されており、昨年と比べると約1週間~10日早い。今後徐々に飛散量が増えていく見込みだ。

 同社は全国1000カ所に、花粉観測機「ポールンロボ」の設置を進めており、1月24日頃から東京都内の3割以上の観測点において、26日には約9割の観測地点において、花粉の飛散が一定の量に達したことを確認している。

 強い寒気が流れ込んでいたが、1月下旬には気温が上がる日も増えている。さらに、関東地方を中心に風が強まったことにより、飛散が早まったとみられている。今後、2月上旬には再び寒さが戻る見通しだが、2月中旬には再び気温が上がる予想になっており、このタイミングで西日本でも飛散開始となりそうだ。

a8a54c23.jpg

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/29/news075.html

http://i.imgur.com/SnvIJVx.jpg



関東がスギ花粉シーズン突入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/01/15(水) 22:42:16.87 ID:???0 BE:857303055-PLT(12557)

日本気象協会(東京)は15日、今春のスギ花粉の飛散開始はおおむね例年並みか遅く、九州と東海では2月上旬から花粉シーズンに突入するとの予測を公表した。スギとヒノキの花粉飛散量は2013年と比べ全国的に少ない見込み。

例年と比べると近畿や四国でやや多く、東海から東北で少ない傾向とした。

dd8f0926.jpg

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1503S_V10C14A1CR8000/



花粉の飛散は2月から、13年より少なめ…気象協会予測の続きを読む

このページのトップヘ