理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

飲料

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/07(金) 14:44:56.23 ID:CAP_USER9
「ノンカロリー」「カロリーゼロ」「カロリーオフ」の飲料水や食品が売れている。カロリーを減らしてダイエットにつながる、血糖値を抑えられる、などと人気なのだが、なんと薄毛に繋がると警鐘が鳴らされているのだ。

 糖分の摂りすぎは肥満、低血糖症、糖尿病のもとになると、砂糖不使用のノンカロリー製品が1980年代に登場した。
その後、WHO(世界保健機関)が、糖分摂取量は一日のエネルギー摂取量の5%未満で、標準体型の成人が約25グラム、すなわち小さじ6杯分を推奨するようになり、現在のような「カロリーゼロ」等のネーミングの商品が溢れだした。

 日本人の肥満の割合は、男性が27.8%(厚生労働省調べ)で年々増えており、それに伴って売れ行きも右肩上がりなのだが、このノンカロリー食品が実はダイエットに役立たないという意見のほかに、薄毛の原因にもなるとの説が出てきたのだ。
その根拠がノンカロリー商品の「正体」にあるという。管理栄養士の中川貴子氏が明かす。

「厚生労働省の栄養成分表示のルールでは、100ミリリットル(グラム)あたりの糖質が0.5グラム未満の食品は「ゼロ」「フリー」「レス」「ノン」などの表現が許されています。しかし、ゼロカロリーの清涼飲料水500ミリリットルには24キロカロリー程度が含まれていると思えばいい。ガブ飲みしていると、多量のカロリーを摂取することになります」

続きはソースで

(谷川渓)

ソース アサ芸
http://www.asagei.com/excerpt/78653
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】薄毛予備軍にショック!「カロリーゼロ」食品で毛が抜けるって!?©2ch.net

薄毛予備軍にショック!「カロリーゼロ」食品で毛が抜けるって!?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/10/12(水) 12:00:34.81 ID:CAP_USER9
糖分多い飲料に20%以上課税を 肥満など減らすため



WHO=世界保健機関は11日、糖分が多い清涼飲料水に20%以上の課税をすれば、肥満や糖尿病を減らせるとする報告書を発表しました。

この報告書は、生活習慣病などの病気と、その予防のための政策について、WHOの研究グループがまとめたもので、11日、スイスのジュネーブにある国連ヨーロッパ本部で発表されました。

報告書の中で、研究グループは、糖分が多い清涼飲料水の過剰な摂取が肥満と糖尿病が増える要因の1つだとしたうえで、20%以上の課税をすれば、人々の摂取量を大きく減らせるとしています。

続きはソースで

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161012/k10010726451000.html
ダウンロード


引用元: 【健康】WHO「糖分多い飲料に20%以上課税を」肥満など減らすため [無断転載禁止]©2ch.net

WHO「糖分多い飲料に20%以上課税を」肥満など減らすための続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/03/26(土) 11:40:35.26 ID:CAP_USER*.net
 乳酸菌入り飲料のラベルに書かれた「乳製品乳酸菌飲料(◯菌)」の文字がネット上で話題になっています。ペットボトル入りや紙パック入り、あの「カルピス」にもこうした表示がありますが、体に良いとされる乳酸菌を◯菌しても問題ないのでしょうか? 乳酸菌飲料やヨーグルトなどをつくっている大手3社に話を聞きました。
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160325-00000007-withnews-000-view.jpg
●乳酸菌とは
 「健康に良い」というイメージが定着している乳酸菌。糖を分解して乳酸を作る菌の総称で、数多くの種類が存在します。
腸の表面にとどまって増殖しやすく、大腸菌などいわゆる悪玉菌の働きを抑えたり、便を送り出す腸の運動を活発にしたり、といった働きがあるそうです。

■ヤクルトに聞く
 生きた乳酸菌にこだわっているのが「ヤクルト」。ヤクルトやジョア、ミルミルなど乳製品の全てに生きた乳酸菌・ビフィズス菌が入っています。
ヤクルトやジョアなどに含まれているが「乳酸菌 シロタ株」。ヤクルトの創始者である代田稔氏が、自然界に存在する微生物の中から選び出し、胃液や胆汁にも負けずに生きて腸までとどくよう強化培養に成功しました。
生きて腸に届くことのメリットについて、担当者はこう説明します。

 「生きて腸に到達することで、『乳酸菌 シロタ株』は乳酸を、『ビフィズス菌BY株』は乳酸と酢酸をつくります。その乳酸や酢酸が、腸の運動を高めて便性を改善し、悪い菌の増殖を防ぎます。
悪い菌が抑えられることで、腸の中の有害物質が減り、腸内腐敗を防止できます。これらの働きは生きた菌であるからこそ得られるものです」

■カルピス製造元に聞く
 内モンゴルの発酵乳をヒントに生まれた「カルピス」。ラベルを見ると「乳製品乳酸菌飲料(◯菌)」と書かれています。
◯菌されていても役に立つのでしょうか? ホームページにはこう書かれています。
内モンゴルの発酵乳をヒントに生まれた「カルピス」。ラベルを見ると「乳製品乳酸菌飲料(◯菌)」と書かれています。
◯菌されていても役に立つのでしょうか? ホームページにはこう書かれています。
「カルピスは、できたてのおいしさを保つために、最後に加熱◯菌をし、密封しています。乳酸菌自体は◯菌されておりますが、発酵によって体によい成分が作られたり、
また牛乳の成分がより消化吸収しやすくなっていたりするという特性があります」

 どうやら、◯菌されていてもメリットがあるようです。販売元であるアサヒ飲料によると、カルピス全品で乳酸菌は◯菌されています。
なぜ◯菌するのかを聞いたところ、「できたてのおいしさを保つことに加えて、生菌の場合はチルド配送になりますが、◯菌することで常温での流通が可能になるためです」とのことでした。

■明治に聞く
 「明治ブルガリアヨーグルト」で知られる明治によると、乳酸菌は0℃以下で不活性化、50℃以上で死滅します。
LG21乳酸菌などは、生きた状態では胃の中でピロリ菌の活動を抑制する作用などを発揮し、死んだ菌は善玉菌の餌となって腸内環境をよくすることがわかっているそうです。
また、死んだ菌が腸内の免疫細胞を刺激して、低下している防御力を増強させる『免疫賦活』という効果があります。「インフルエンザの感染予防に効果的」とテレビなどで紹介されたR-1乳酸菌などは、
つくりだす多糖体が免疫賦活効果を発揮するため、生き死にはそれほど関係ないそうです。
 
 明治の担当者は「それぞれの菌の特性にもよりますが、菌の生き死にに関しては、あまり重要視していません。
それよりも、体内に入った乳酸菌は、体を通過することで作用を発揮し、数日で消化されてしまうので、継続して食べていただくことが大事です」と話します。

 乳酸菌の生き死によりも、継続して摂取することが大切とのことでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000007-withnews-sci
withnews 3月26日(土)9時0分配信

ダウンロード (1)
 

引用元: 【食】「乳酸菌飲料(殺菌)」って意味あるの? 実は死んでも効果…ヤクルト・カルピス・明治の主張

「乳酸菌飲料(殺菌)」って意味あるの? 実は死んでも効果…ヤクルト・カルピス・明治の主張の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/10/05(月) 09:51:48.47 ID:???*.net
◆甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り?!食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」

ダウンロード (3)


◇超特大1ガロン(3.78リットル)をがぶ飲み

私は買い物カゴ・ウオッチャー。
カゴの中身を覗けば、その人の食生活や健康状態がおおよそ推測でき、食生活の改善ポイントが見えてきます。

8月、滞在先のアメリカ東海岸のスーパーで、買い物カゴ・ウオッチングした。
アメリカにはお相撲さんが顔負けするほどの太った人が結構います。
「何を食べるとこんなに太るのかしら?」と、“お相撲さん級”の娘さんの買い物カゴを覗くと、ペットボトル入りジュース2本が入っていました。

このペットボトルの大きさが超特大。
日本では見かけない1ガロン(3.78リットル)サイズです。
飲み物売り場を観察すると、いろいろな種類・サイズの商品がズラーっと並んでいます。青い色のジュースもありました。
試しにいくつか買って飲んでみたら、すべてが甘く、ラベルを見ると日本の商品より糖分が多く入っています。

緑茶飲料までもが甘いのです。
離乳食売り場にも甘い飲み物が並んでいます。
「水分補給のため」とはいえ、小さい頃から甘い飲み物で糖分を摂り続けていれば、“お相撲さん級”の娘さんのように太くなるのも当然です。

画像:アメリカのスーパーで目撃
「お相撲さん級」娘さんが買っていたのが、このスーパージュース。
ジュース売り場ではなく、野菜売り場に行く手前に置いてあり、「野菜代わりにジュースを」と思わせる陳列。
1ガロン入りジュースが2本で4ドル。安すぎます。
http://www.sankeibiz.jp/images/news/151004/ecb1510041710001-p1.jpg

日本に帰ってから、スーパーで1.5リットルのペットボトル入りの甘い炭酸飲料を買い物カゴにいれた若い娘さんを見かけました。
もしも1ガロンの商品が売られていたなら、この娘さんはそれを選ぶのかしら? 
と、彼女の糖分の摂り過ぎが気になってきました。

◇炭酸のシュワシュワは甘さを感じさせにくいから、糖分増量

さて、私たちがエネルギー源として利用できるのは
(1)炭水化物(お米、パン、いも、など)、
(2)脂質(なたね油、ごま油ほか液体の油や、バターなど)、
(3)たんぱく質(肉、卵など)の3つです。

砂糖、ブドウ糖、果糖などの甘い「糖」は(1)の炭水化物の一種で、口に入れた後は小腸で速やかに吸収され、体内でエネルギーに変わります。
エネルギーに変わるまでの速さという点では「糖」の右に出るものはありません。

「糖分が入っている」と聞いて気にする人もいますが、健康な人が適量の糖分を摂る分には全く問題はありません。
むしろ、エネルギーに変わるまでの速さを上手に利用すれば、エネルギー不足で頭が働かない時や体が疲れた時の疲労回復に役立ちます。
また、食事前に糖分を少し摂れば空腹感が軽減されるので、食べ過ぎ防止にもつながります。

糖分が問題になるのは、取り過ぎた場合です。
エネルギーとして消費されなかった糖分は中性脂肪に変わるので、取り過ぎは、肥満や心臓病、糖尿病の発症リスクを高めます。
また、糖分を摂り過ぎると、尿で排泄されるカルシウムが通常よりも多くなるので、骨粗鬆症や尿結石の原因にもなります。

◇甘いジュースなどの飲料を大量に飲み続けた時には

「ペットボトル症候群」と呼ばれる「急性の糖尿病」を引き起こすこともあります。
糖分は“諸刃の剣”と心得て、“甘い誘惑”に負けないよう、取り過ぎに気をつけたいものです。

◇ウォッチ(1)甘い飲み物に含まれる、目に見えない糖分

コーヒーはブラックにしているのに、甘いジュースを好む人をしばしば見かけます。
心当たりのある人は、コーヒーに入れる砂糖を気にする前に、ジュースなどに含まれる“目に見えない糖分”に目を向けましょう。

スーパーやコンビニ、自動販売機などで販売される
「アルコール分1%未満の飲料」を、一般に「清涼飲料水」と呼んでいます(食品衛生法の定義)。
各商品に含まれる糖分の量は、ラベルに表示されている栄養成分を見るとわかります。
清涼飲料水の場合、「糖質」あるいは「炭水化物」の項目に記載されている数値が、基本的に“目に見えない糖分”の量です。

でも、その考えは甘いようです。いろいろな疫学研究で、人工甘味料の肥満予防・改善の効果は、短期間では認められるものの、長期間になるとあまり期待できないことが報告されています。

長期間で効果が期待できない理由は「人工甘味料はカロリーが無いので、他の食べ物をたくさん食べても大丈夫」という、妙な安心感が、結果的に食べ過ぎを招くためのようです。

甘い飲み物や菓子類は食生活の楽しみでもあります。
でも、楽しみとして許されるエネルギー量の目安は1日200kcal以下(厚生労働省「食事バランスガイド」)。
もし、菓子類を全く食べずに甘いジュースだけ飲むのなら、
糖分の量はスティックシュガー16.6本分(50g)以下です。

甘い清涼飲料水を飲む時には、目に見えない糖分をしっかり見て、食事全体の中でのバランスを考えて、飲む量に気を付けながら楽しみましょう。

続きはソースで

産経Biz 2015年10月4日17:10 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n1.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n2.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n3.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n4.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n5.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n6.htm 
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151004/ecb1510041710001-n7.htm  

引用元: 【話題】甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り!? 食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」

甘い炭酸飲料1本に砂糖50本入り!? 食べ過ぎ招く「人工甘味料は太らない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/07/01(水) 21:32:48.80 ID:???.net
砂糖入り飲料の摂取と関連か、年間死者数18万人以上 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3053273


【7月1日 AFP】炭酸飲料などの糖入り甘味飲料を原因とする死者数は、世界で年間最大18万4000人に上るとの研究結果が、6月29日の米医学誌「サーキュレーション(Circulation)」に掲載された。

 糖分の多い飲み物の摂取に関連する、糖尿病、循環器系疾患、がんによる世界の死亡リスクを分析した初めての研究になるという。

 研究チームの試算によると、論文中で「糖入り甘味飲料」と呼ばれているものの摂取に起因する糖尿病での世界の死者数は約13万3000人に上るという。また、循環器系疾患では同約4万5000人、がんでは同6450人と試算された。

 論文執筆者の米タフツ大学(Tufts University)のダリウシュ・モザファリアン(Dariush Mozaffarian)氏は「世界の多くの国では、単一の食事要因によって多くの死者が出ている。
その要因とは糖入り甘味飲料だ」と述べ、「食事から糖入り甘味飲料を大幅に削減または排除することを、世界規模の優先事項にするべきだ」と指摘する。

続きはソースで

images

(c)AFP

引用元: 【統計】炭酸飲料などの砂糖入り甘味飲料を原因とする死者数、世界で年間最大18万人以上 米タフツ大学

炭酸飲料などの砂糖入り甘味飲料を原因とする死者数、世界で年間最大18万人以上 米タフツ大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/06/14(日) 12:58:54.41 ID:???.net
野菜ジュースの継続摂取で抑うつ状態が改善 - 伊藤園と筑波大学の共同研究 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/09/278/
野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 | ニュースリリース | 伊藤園
https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24403

画像
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/001l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/002l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2015/06/09/278/images/003l.jpg
(左から)BDIスコア、STAI-1、STAI-2スコアの推移。各スコアとも、数値が低下し改善していた。


伊藤園は6月9日、野菜汁100%飲料およびビタミン強化型の野菜・果実ミックスジュースの継続的な摂取による抗抑うつ・抗不安効果を確認したと発表した。

同成果は筑波大学との共同研究によるもので、「Journal of Family Medicine and Community Health」に掲載されたほか、6月4日に開催された「WPA Regional Congress 2015」で発表された。

これまでの研究で、うつ病を発症している人は発症していない人に比べて野菜の摂取量が少ないことが報告されている。これは野菜に含まれるカロテノイドやビタミンなどの成分を十分に摂取することで、うつ病の発症リスクが低減されるためと考えられている。

今回の研究では、毎日の食事に加え、野菜汁100%飲料またはビタミン強化型の野菜・果実ミックスジュースで野菜の栄養を補うことで、抑うつ状態・不安状態を改善できるかどうか検証するため、臨床試験を実施した。

試験は、抑うつぎみ(抑うつの程度を測るBDIスコアが11点以上)、状態-特性不安尺度(状態不安と特性不安の尺度であるSTAIスコアレベル3以上)の健常な25~60歳の男女60名を対称に実施。
被験者を野菜汁100%飲料を1日1本摂取する群(野菜汁100%飲料群)と、野菜・果実ミックスジュースを1日1本摂取する群(野菜・果実ミックスジュース群)、飲料を摂取しない群(コントロール群)の各20名に分け、4、8、12週間摂取後のBDIスコアおよびSTAIスコアを比較した。

その結果、抑うつの程度を示すBDIスコアでは、摂取前と比較して野菜汁100%飲料群と野菜・果実ミックスジュース群で12週間後に有意な改善が確認された。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【統計】野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 伊藤園、筑波大学

野菜飲料摂取による、抗抑うつ・抗不安効果を確認 伊藤園、筑波大学の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ