理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

騒音

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2018/04/09(月) 14:56:44.17 ID:CAP_USER
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は5日までに、騒音を抑えた超音速機の実験機「Xプレーン」の開発計画を進めると発表した。
米航空宇宙大手ロッキード・マーチンと2億4750万ドル(約260億円)規模の製造委託契約を結んだという。

コンコルドなど以前の超音速機はソニックブームと呼ばれる衝撃音を発生させていた。
騒音の低減により、陸地上空の商用航路で運航できる可能性も出てくる。

NASAはロッキード社に対し、実験機の設計や製造、試験を委託。
2021年末までにNASAのアームストロング飛行研究センターに納入するよう求めている。

続きはソースで

関連ソース画像
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/04/05/10ba99cab0982e499f84fa5c2ec63e3a/quesst-medres-beauty-arial-nasa.jpg

CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35117256.html
images (1)


引用元: 【航空】NASA、騒音抑えた超音速機を開発へ ロッキードに製造委託[04/05]

NASA、騒音抑えた超音速機を開発へ ロッキードに製造委託の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/10/14(金) 23:05:43.50 ID:CAP_USER9
風切り音を減らす装置を取り付け、飛行実験を行う「飛翔」
http://c01.newswitch.jp/index/ver2/?url=http%3A%2F%2Fnewswitch.jp%2Fimg%2Fupload%2FphpV5cj8Y_57da645172ea4.jpg

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、新しい騒音抑制装置を搭載した実験用航空機「飛翔」の飛行実験を、石川県輪島市の能登空港で始めた。
装置は2019年以降、初の国産小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)に搭載して実験し、将来の実用化を目指す。

装置はJAXAと川崎重工業、住友精密工業が共同開発した。主翼の可動翼「フラップ」や主脚の車輪の間に取り付け、空気抵抗を下げて着陸時などの風切り音を小さくする。

続きはソースで

http://newswitch.jp/p/6113
ダウンロード


引用元: 【能登】JAXA、航空機の「風切り音」を抑制 [無断転載禁止]©2ch.net

【能登】JAXA、航空機の「風切り音」を抑制の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2016/03/08(火) 21:33:26.70 ID:CAP_USER.net
深海1万メートルは“騒音”だらけ マリアナ海溝最深部で調査 (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000088-zdn_n-sci


 水深1万メートルの深海というと、地球で最も静かな場所に思われそうだが、実際は騒音に満ちた世界だった――米海洋大気局(NOAA)とオレゴン州立大学、アメリカ沿岸警備隊が、太平洋のマリアナ海溝で行った録音調査の結果を発表している。

 昨年7月に、マリアナ海溝の最深部とされる水深1万920メートルのチャレンジャー海淵で調査を実施。チタン製のケースに収めた水中聴音機を沈め、23日間にわたって録音した。

 聴音機には、地震の時の地鳴り、クジラのうめき声のほか、コンテナ船のスクリュー音、偶然発生したハリケーンのどよめく音など、静まり返った深海のイメージに反して、「ほとんど絶え間なく騒音が記録されていた」という。

 こうした結果は、人間が生みだす騒音が増大すると、クジラやイルカなどが仲間と行うエコロケーション(反響定位)にどのような影響を与えるか――といった研究につながるという。
次回は2017年をめどに、カメラも取り付け、より長期的な調査を行う予定だ。

ダウンロード
 

引用元: 【海洋学】深海1万メートルは“騒音”だらけ マリアナ海溝最深部で調査

深海1万メートルは“騒音”だらけ マリアナ海溝最深部で調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2015/09/16(水) 17:52:26.06 ID:???.net
騒音がスズメの寿命を縮める?実験結果 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3060464

画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/3/500x400/img_533028bc198e8b154d02f8d124fb5421130224.jpg


【9月16日 AFP】通りを走り抜ける車のクラクションやエンジン音など、喧騒の中で育ったスズメは寿命が短くなる可能性を、フランス国立科学研究センター(National Centre for ScientificResearch、CNRS)のチームが15日、明らかにした。

 研究チームによると、都市交通の騒音の中で生まれ育ったスズメのひなは、より静かな環境で育ったひなよりも染色体の末端部が短かった。しばしば靴紐の先に例えられるこの末端部分は「テロメア」と呼ばれ、染色体を保護する役目を担っているが、テロメアの長さから細胞の老化を予測することが可能で、テロメアが長いほど寿命が長いという関連性が多くの研究で示されている。

 英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載された論文の実験で研究チームは、複数のスズメのつがいとそれらのひな21羽に対し、あらかじめ録音した交通騒音を1日6時間、1週間にわたり浴びせた。一方、別のひな16羽は、フランスの田舎の比較的静かな環境でふ化させ、育てた。

続きはソースで

ダウンロード

(c)AFP

引用元: 【細胞遺伝学】騒音がスズメの寿命(テロメア)を縮める? 実験結果

騒音がスズメの寿命(テロメア)を縮める? 実験結果の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/12/27(土) 11:30:39.23 ID:???.net
北國・富山新聞ホームページ - 石川のニュース
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20141226105.htm


 元金沢工大教授の久保村健二さん(68)=金沢市横川2丁目=は、回転ずしのレーンの要領で水平に回る新しい風力発電機を開発した。風車のような通常の風力発電に比べて発電効率が約1・5倍と高く、落雷による故障や低周波による騒音の問題もクリアできる。来年3月から河北潟で運用試験を開始し、新たなクリーンエネルギーの実用化を目指す。

 1周約16メートルのレーン上に、高さ1・2メートル、幅20センチの羽32本が設置され、風を受けた羽がレール上を回る仕組みとなっている。
風速10メートルで民家2軒分の使用電力に相当する4キロワットを発電できる。発電機には、軽くて丈夫なアルミや炭素繊維を使った。

 久保村さんによると、現行の風力発電は正面のみで風を受けるのに対し、この風力発電機は、レーン両側の羽が風を受けて二重に動力を生み出すため、発電効率が高くなる。棒状ではないため雷が落ちにくく、羽を上下で固定するため騒音の元となる低周波を発生させないという。
回転速度が遅いため、鳥が衝突する危険性も少ないという。

続きはソースで

引用元: 【エネルギー技術】回転ずし式、新風力発電 久保村さん開発、効率1.5倍

回転ずし式、新風力発電 久保村さん開発、効率1.5倍の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ