理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

高齢者

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/06/02(金) 18:18:31.33 ID:CAP_USER9
厚生労働省は2日、80歳で自分の歯が20本以上ある人の割合が推計で51.2%に上り、初めて2人に1人以上になったとする2016年歯科疾患実態調査の結果を公表した。
40.2%だった11年の前回調査から10ポイント以上増えた。

担当者は「歯を強くする成分を配合した歯磨き粉が増えたほか・・・

続きはソースで

配信 2017/6/2 18:11
共同通信
https://this.kiji.is/243301053835624450
ダウンロード (2)


引用元: 【8020運動】歯「80歳20本」初の5割超 厚労省「意識高まった」 [無断転載禁止]©2ch.net

【8020運動】歯「80歳20本」初の5割超 厚労省「意識高まった」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/04/07(金) 00:54:22.27 ID:CAP_USER
頭の回転速い高齢者「スーパーエイジャー」脳の萎縮少ない 研究
2017年04月06日 17:07 発信地:マイアミ/米国

【4月6日 AFP】人間の脳は加齢に伴い萎縮していくが、中には他の高齢者よりも脳の量が減らず、おそらくそれが理由で頭の切れが衰えない「スーパーエイジャー」と呼ばれる人々が存在するとの研究論文が4日、発表された。

米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された論文によれば、80歳以上の高齢者の中でもスーパーエイジャーは一般的な高齢者と比べ、大脳皮質が厚かった。
 
脳の最も大きな部分を占める大脳皮質は、しわが刻まれた表層部で、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の4つの部分に分かれ、思考から発話、音声処理、視覚や味覚などの知覚情報までのすべてをつかさどっている。
 
論文の主著者で米ノースウエスタン大学(Northwestern University)の臨床神経心理学の博士課程生であるアマンダ・クック(Amanda Cook)氏は、「スーパーエイジャーの存在は、加齢によって必ずしも認知機能が低下するわけではないことを示唆している」と主張する。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年04月06日 17:07
http://www.afpbb.com/articles/-/3124174
ダウンロード


引用元: 【脳科学】頭の回転速い高齢者「スーパーエイジャー」 脳の萎縮少ない/米ノースウエスタン大©2ch.net

頭の回転速い高齢者「スーパーエイジャー」 脳の萎縮少ない/米ノースウエスタン大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/15(金) 03:31:07.87 ID:CAP_USER9
◆がん患者、初の100万人超=16年予測、死亡は37万人―がんセンター

国立がん研究センターは15日、今年新たにがんと診断される患者は101万200人で、死亡する患者は37万4000人に上るとの予測を発表した。

発症は昨年より約2万8000人増え、初めて100万人を超える見通し。
高齢者人口の増加が主な要因で、死亡も約3000人増加する。
同センターが過去の患者数や推計人口を基に予測した。

発症は男性が57万6100人で、女性が43万4100人。
部位別では大腸がんが14万7200人と最も多く、胃がんと肺がんが13万人台で続く。
前立腺がん、乳がんもそれぞれ9万人を超えるとみられる。

死亡では肺がんが7万7300人と最多。
男性が約7割を占め、喫煙者の割合が多い団塊の世代の高齢化が影響しているとみられる。
次いで大腸がん、胃がん、膵臓(すいぞう)がん、肝臓がんが多くなりそうという。

片野田耕太がん登録センター室長は「がん検診の受診率が上がれば、一次的に患者数は増えるが死亡者は減らせる。
積極的に受診してほしい」と話している。 

ダウンロード


時事通信 2016年7月15日(金)0時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000001-jij-soci

引用元: 【医療】がん患者、初の100万人超…2016年予測、死亡は37万人=国立がん研究センター予測 [無断転載禁止]©2ch.net

がん患者、初の100万人超…2016年予測、死亡は37万人=国立がん研究センター予測の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/06/29(水) 06:33:38.91 ID:CAP_USER9
 歯が少なく、入れ歯を使わない高齢者ほど引きこもり状態になるリスクが高いとの調査結果を東北大などの研究チームが28日発表した。歯の健康状態が悪いと、人との会話や食事をためらいがちになり、外出機会が減ってしまう可能性があるという。

 愛知県内に住む65歳以上の4390人を、自分の歯が20本以上残っている人、19本以下で入れ歯を使っている人、19本以下で使っていない人の3グループごとに4年間追跡した。週1回も外出しない引きこもり状態になった割合は、歯が20本以上の人では4・4%だったのに対し、19本以下の入れ歯使用では8・8%、入れ歯を使わないと9・7%だった。

続きはソースで

ダウンロード (3)


http://www.asahi.com/articles/ASJ6X5F5PJ6XULBJ00G.html

引用元: 【社会】歯が少ないと、引きこもりリスク上昇 東北大など調査 [無断転載禁止]©2ch.net

歯が少ないと、引きこもりリスク上昇 東北大など調査の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/07/02(土) 10:01:20.16 ID:CAP_USER
認知症予防、「体動かすこと」が「筋肉量」より重要 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00050017-yomidr-sctch


 老化による体の衰えは認知症のリスクを高めるとされるが、認知症の予防には、筋肉の量よりも、体をよく動かせるかどうかが重要だとする研究結果を、東京都健康長寿医療センター研究所の谷口優研究員らのグループがまとめた。

 研究グループは2008年から12年まで、群馬県の65歳以上の649人を追跡調査。身体機能(歩行速度と握力で評価)と骨格筋量が、将来の認知機能の低下とどう関連するか調べた。

 その結果、身体機能も骨格筋量も正常な人に比べて、両方が低下している人は、認知機能の低下リスクが約1・6倍高く、身体機能だけが低下している人も2・1倍高かった。一方、骨格筋量が少なくても身体機能が正常な人は、低下リスクにほとんど差がなかった。

 谷口研究員は「筋肉が多くても、脳の指令通りに体をよく動かせないと、将来の認知症のリスクが高まる。高齢者の運動は、筋肉を増やすだけではなく、体の機能の維持や向上を目的とすべきだ」と話している。

ダウンロード (1)
 

引用元: 【統計/医学】認知症予防、「体動かすこと」が「筋肉量」より重要 [無断転載禁止]©2ch.net

認知症予防、「体動かすこと」が「筋肉量」より重要の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/20(金) 16:07:53.63 ID:CAP_USER*
65歳以上が4割に 衝撃的な“超高齢化社会”を予測

2060年には日本の人口の2.5人に1人が65歳以上で、女性の平均寿命は90歳を超えるという予測を盛り込んだ「高齢社会白書」が閣議決定されました。

白書によりますと、65歳以上の高齢者は去年10月1日の時点で約3400万人、人口に占める割合は26.7%で過去最高を更新しました。
2005年以降、世界で最も高い水準が続いています。

続きはソースで

ダウンロード (3)


テレ朝NEWS 2016/05/20 11:55
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000075212.html

引用元: 【未来予測】65歳以上が4割に 高齢者の5人に1人が認知症 衝撃的な“超高齢化社会”を予測 [無断転載禁止]©2ch.net

65歳以上が4割に 高齢者の5人に1人が認知症 衝撃的な“超高齢化社会”を予測の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ