理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

鳥羽市

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/12/17(土) 17:08:22.57 ID:CAP_USER
鳥羽水族館 飼育員が新種発見 寄生生物、学名「モリタキ」

【鳥羽】鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館は十五日、ダイオウグソクムシなどと同じ等脚類・ウオノエの仲間で、魚の口内に住みつく新種の寄生生物を発見したと発表した。
深海魚「トリカジカ」のエラに寄生しているのを飼育員の森滝丈也さん(47)が発見。
「トリカジカエラモグリ」と命名された。学名には発見者の名前にちなみ「エルツーサ モリタキ」と名付けられた。

同館によると、トリカジカエラモグリは、昨年十一月に海水魚ショップから同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに五匹寄生していた。
体長は八・二―三〇・七ミリで体色は白色。

続きはソースで

▽引用元:伊勢新聞 2016年12月16日(金)
http://www.isenp.co.jp/news/20161216/news01.htm

▽関連
鳥羽水族館
新種が発見されました 2016年12月15日(木)
http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=485
http://www.aquarium.co.jp/img_cms/info/info_head_image_1481789944.jpg
ダウンロード


引用元: 【生物】鳥羽水族館飼育員が新種の寄生生物発見 学名「エルツーサ モリタキ」 同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに寄生©2ch.net

鳥羽水族館飼育員が新種の寄生生物発見 学名「エルツーサ モリタキ」 同館に搬入されたトリカジカのエラや下あごに寄生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/05/04(水) 23:50:31.81 ID:CAP_USER
三重県鳥羽市の鳥羽水族館は4日、日本近海で初確認となる珍しいウニが同県の浜島沖で見つかったと発表した。

 主にフィリピン周辺の深海に生息するミクロピガ属で、移動などに使う管足の一部が傘状に変形する特徴を持つ。

続きはソースで

ダウンロード


http://www.jiji.com/sp/article?k=2016050400447&g=soc&utm_expid=105781272-0.H2AsW134RzeVQ8OlLTRRfg.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

http://www.jiji.com/sp/article?g=soc&k=2016050400447&p=0160504at78&rel=pv

引用元: 【生物】珍種ウニ、日本初確認=鳥羽水族館 [無断転載禁止]©2ch.net

珍種ウニ、日本初確認=鳥羽水族館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2016/04/01(金) 20:38:01.57 ID:CAP_USER.net
2016.4.1 18:37
鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は1日、同館で飼育され、長期間絶食しても生きられるなど謎の多い深海生物「ダイオウグソクムシ」の「No.5」が死んだと発表した。「No.5」は今年2月、国内で初めて脱皮が確認された個体で、話題になった。

ダウンロード (1)


 「No.5」はオスで、体長30センチ、体重1265グラム。メキシコ湾の深海で採集され、平成24年7月から同館で飼育されていた。

続きはソースで

http://www.sankei.com/west/news/160401/wst1604010060-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/160401/wst1604010060-p1.jpg
体の半分が脱皮した状態が続いていたダイオウグソクムシ「No.5」(手前)。1日に死んだことが確認された=3月4日、鳥羽水族館(同館提供)


引用元: 【生物】ダイオウグソクムシNo5が死ぬ 国内初の脱皮事例の謎の深海生物 鳥羽水族館[4/1]

ダイオウグソクムシNo5が死ぬ 国内初の脱皮事例の謎の深海生物 鳥羽水族館の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/09/25(木) 20:14:00.81 ID:???0.net
体が雌雄半々に分かれたとみられるイセエビが、三重県鳥羽市の離島・答志島で見つかった。
イセエビの人工生産に世界で初めて成功した同県水産研究所によると、「雌雄モザイク」と呼ばれる珍しい現象で、受精卵の遺伝子情報が交錯して伝達されたらしい。

見つけたのは答志島で旅館を経営する中村泰久さん(36)。島でイセエビ漁が解禁された16日から20日にかけ500匹を仕入れ、24日夜に水槽内で裏返っていた1匹を取り出したところ、左が赤褐色、右が黒色に体色が分かれていた。すでに死んでおり、冷凍保存している。
足の大半と尾は「共食いされなくなっていた」という。

23年間イセエビの増殖技術の開発に取り組んでいる同県水産研究所の松田浩一・主幹研究員(51)は「大変珍しく、イセエビで目撃するのは2回目」。
原因について「受精卵が2分割する段階で雌雄や体色を決める遺伝子情報がいびつな形で伝わったからだ」とし、「かなり高い確率で雌雄モザイクと推定される」と話している。

松田主幹研究員によると、大西洋北部に生息するオマールエビでは100万匹に1匹の確率で出現するという。
【林一茂】

http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20140926k0000m040043000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20140926k0000m040039000c.html

引用元: 【生物】体の左右半分ずつがオスとメスに分かれているイセエビが見つかる 三重県鳥羽市の離島(画像あり)

体の左右半分ずつがオスとメスに分かれているイセエビが見つかる 三重県鳥羽市の離島(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/01/02(木) 22:22:02.07 ID:???0 BE:548674728-PLT(12557)

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で2日、絶食中の深海生物「ダイオウグソクムシ」への餌やりがあったが、今回も食事を拒んだ。餌を最後に食べてから丸5年。
飼育担当者は「大変心配だ」と話している。

絶食6年目に突入したのは、2007年9月に入館した「No.1」(体長29センチ)。
飼育員の森滝丈也さん(44)がこの日、マグロの血合いやブリの頭など5種類の餌を用意。
8匹が飼育されている水槽に入れると、うち1匹がマグロなどを食べたが、No.1はほとんど身動きしないまま。餌やりは1時間余で終わり、絶食が続くことになった。 

c568df19.jpg

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/select/news/20140103k0000m040082000c.html



ダイオウグソクムシ、餌に見向きもせず…絶食6年目に突入の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/01(水) 18:41:25.76 ID:???0

★ダイオウグソクムシ 5年ぶりに食べるか? 鳥羽水族館、2日に餌やり

6

【鳥羽】鳥羽市の鳥羽水族館は一月二日午後六時、平成二十一年一月二日にアジ五十グラムを食べてから五年間絶食を続けているダイオウグソクムシ「No.1」に餌やりをする。
五年ぶりに餌を食べるのか、このまま絶食が六年目に突入するのか、飼育担当の森滝丈也さん(44)は「新しい年を迎えるので餌を食べて安心させてほしい」と期待する。

給餌の試みは今年九月一日が最後で、その時は食べる気配はなかった。

給餌はインターネット動画「ニコニコ生放送」で放送する。三月に初放送したところ、約七十五万人の視聴者があった。サイトを運営するドワンゴ(東京都)では、今月三十一日午前九時―午後十一時と来年一月一日午前九時―三日午後五時を中継する。二日の餌やりは閉館後だが、同サイトで確認できる。

ダイオウグソクムシはダンゴムシの仲間で、メキシコ湾やインド洋の深海二百―一千メートルの海底に生息し、魚などの死骸を食べるため、「深海の掃除屋」と呼ばれる。

http://www.isenp.co.jp/news/20131231/news04.htm

【画像】
【餌を近づけても食べようとしない絶食が続くダイオウグソクムシの「No.1」(今年3月5日撮影)】
http://www.isenp.co.jp/news/20131231/news04.jpg



ダイオウグソクムシ 5年ぶりに餌食べるか? 鳥羽水族館、2日に餌やりの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ